「クラスの隅っこにいる人」のために、アニメを創る──「鬼平」監督、宮繁之の語る“創作の動機” 【アニメ業界ウォッチング第43回】

2018年03月31日 12:000
「クラスの隅っこにいる人」のために、アニメを創る──「鬼平」監督、宮繁之の語る“創作の動機” 【アニメ業界ウォッチング第43回】

いちばん大事なことをセリフにしない「鬼平」の作劇


── 「鬼平」(2017年)は非常に手堅いつくりのアニメでしたが、どんな気持ちで監督されたのでしょう?

 池波正太郎さんの原作小説は、アニメ向けに書かれているわけではありませんよね。アニメ的な落としこみではなく、世の中の縮図として喜怒哀楽を描いている、そこがすごくいいと思ったんです。僕が日々思っていること、たとえば「本当はこうありたいけど、なかなか難しいよな」「いま言いたいことがあるけど、いま言ったらダメなんだろうな」「裏切られたら、次からその人には声をかけづらいな」「手を差し伸べたいけど、勇気が出なかった」といった瑣末な感情って、僕らの日常に普通にあるじゃないですか。そういう日々の喜怒哀楽を描かずに、「こういうアニメが売れているから」なんて理由で作品を作るのでは、少々寂しい。アニメマニア出身でもない自分には、「アニメである」というだけではなかなか夢中になれないのです。
中学生のころ、「ロボコップ」(1987年)を見て感銘を受けました。「ロボコップ」という映画はポール・ヴァ―ホーベンのもつニヒリズムと、グロ、ナンセンスギャグなどで徹底的に観客を突き放すような演出をしていると思うんです。だけど、いい人ばかりしか出てこないような作品より、ずっと誠実で素晴らしいと思います。最後のマーフィーの笑顔が、「人生に何が起こっても」「身が引き裂かれるような絶望の淵に立っても」、それを乗り越えて行くんだと、いまだに自分の背を押してくれているように感じています。
この映画は、まさに僕らの日常にも根ざしています。人間のひどい部分をひどく描きつつも、「だけど、あなたのやりようによっては希望があるかもしれないよ」と伝えられる作品なら、多くの人を巻き込んでつくる意味がある。そう考えています。

── 「鬼平」は、声優さんの演技もとてもよかったです。

 声だけ聞くと、時代劇に聞こえないでしょうね。時代劇だと、つい抑揚の激しいデフォルメされた演技をイメージしがちですけど、不器用な人たちの不器用なドラマなので、ささやくぐらいの話し方でちょうどいいと思いました。抑揚のある話し方だと、余裕がある人たちに見えてしまう。いちばん大事なことをセリフで言わないドラマですから、声優さんには「演技しないでください」とお願いしました。すると、鬼平(堀内賢雄)は泰然自若とした、何もかもわかっている成熟した人物に見えてくる。半面、木村忠吾(岡本信彦)や彦十(飯塚昭三)は少しオーバーに演技してもらって、コントラストをつけています。

── 宮さんは「更一灯」というペンネームで総監督やスーパーバイザーも担当なさっていますが、なぜペンネームにしたのですか?

 幸いなことに10年以上も監督をやらせてもらえて、それなりにキャリアを積むことができました。いつの頃からか、後進を育てるというか、若手の作品を手伝ってもらえないかという話もいただくようになりました。だけど、宮という名前が手伝った作品に出るのもおこがましい。その作品のために徹夜して頑張っている人たちの名前が出ればいい。それで、ペンネームを使わせてもらっています。僕が何をやりたいかより、作品をちゃんと楽しんでもらえないと話にならないので、そこはプロとしてちゃんと期待に応えたい。ただ、それだけで終わってしまっていいのかという疑問がずっとあります。「ウソをつきたくない」「自分が生きることにはどういう意味があるのか」と問いつづけている僕のようなヤツは面倒くさいだろうし、なかなか難しい部分がある(笑)。
クラスの真ん中にいた人は、その後の人生もうまく行くだろうと思うんです。クラスの端っこで勉強や運動ができなかったヤツが淘汰されてしまうのは、あまりにつまらない。それでは、夢も希望もないじゃないですか。僕もかつてはクラスの端っこにいたし、端っこに追いやられている人たちの背中を押すのが、僕の仕事だろうと思うんです。たとえ端っこにいたヤツでも仲間と一緒に頑張れば、なんとか面白いこともできる。苦しい思いをしている人たちに向かって、「ここであきらめるなよ」と励ますような作品をつくっていきたいんです。



(取材・文/廣田恵介)

画像一覧

  • 「クラスの隅っこにいる人」のために、アニメを創る──「鬼平」監督、宮繁之の語る“創作の動機” 【アニメ業界ウォッチング第43回】

  • 「クラスの隅っこにいる人」のために、アニメを創る──「鬼平」監督、宮繁之の語る“創作の動機” 【アニメ業界ウォッチング第43回】

関連作品

鬼平 ONIHEI

鬼平 ONIHEI

放送日: 2017年1月9日~2017年4月3日   制作会社: スタジオM2
キャスト: 堀内賢雄、朴璐美、浪川大輔、岩男潤子、千本木彩花、岡本信彦、水内清光、浜田賢二、木内秀信、飯塚昭三、細谷佳正、田中秀幸
(C) オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会

京極夏彦 巷説百物語

京極夏彦 巷説百物語

放送日: 2003年10月3日~2003年12月26日   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 中尾隆聖、小林沙苗、若本規夫、関俊彦
(C) 京極夏彦/TMS・東宝・CBC・RKB・RCC

ルパン三世 SP 天使の策略 ~夢のカケラは殺しの香り~

ルパン三世 SP 天使の策略 ~夢のカケラは殺しの香り~

放送日: 2005年~2005年
キャスト: 栗田貫一、小林清志、井上真樹夫、増山江威子、納谷悟朗、松井菜桜子、能登麻美子、新井里美、浅野まゆみ、田中敦子、永井一郎、穂積隆信
原作: モンキー・パンチ (C) TMS (C) モンキー・パンチ/TMS・NTV

ルパン三世 GREEN VS RED

ルパン三世 GREEN VS RED

発売日: 2008年4月2日   制作会社: 東京ムービー
キャスト: 栗田貫一、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗、片桐仁、平野綾
原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV・VAP

BUZZER BEATER

BUZZER BEATER

放送日: 2007年7月3日~2007年9月25日   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 瀧本富士子、小林沙苗、うえだゆうじ、石森達幸、勝生真沙子、中田譲治、小杉十郎太、中尾隆聖、藤田大助、稲田徹、浅川悠、飯塚雅弓、伊藤実華、子安武人、陶山章央、高木渉、真殿光昭、千葉紗子、宇垣秀成
(C) I.T.Planning/BUZZER BEATER PRJECT

SUPERNATURAL THE ANIMATION ファースト・シーズン

SUPERNATURAL THE ANIMATION ファースト・シーズン

放送日: 2011年10月~2011年12月   制作会社: マッドハウス
キャスト: 内田夕夜、東地宏樹、土師孝也、安藤麻吹、谷口節、田村聖子、園崎未恵、浪川大輔、水樹奈々、日髙のり子、榊原良子、能登麻美子、朴璐美、GACKT
(C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連記事