「私は歌になりたい」歌を愛し、歌に生きるアーティスト・凛、10年間の集大成にして初のフルアルバム「凛イズム」インタビュー!

2018年01月30日 18:520
「私は歌になりたい」歌を愛し、歌に生きるアーティスト・凛、10年間の集大成にして初のフルアルバム「凛イズム」インタビュー!

病気も、全て表現するうえでプラスになる


──改めて今回、念願のフルアルバムを完成させたお気持ちは?

 

 いろんなものを乗り越えて、10年かかったひとつの大仕事が終わったという安堵感ですね。なんか道路工事みたいですけど(笑)。

 

島崎プロデューサー 関わっているエンジニアとかミュージシャンの顔ぶれも変わることなく作れたのも大きいかなと思います。

 

 それもすごくありがたくて、気心も知れてるし、私の歌い方や島崎氏の音の感じとか、そういうのを全部汲み取って形にしてくれるというのがありがたいし、やりやすいですね。

 

──だから、凛さんのソロの集大成であると同時に、プロジェクトの集大成でもあると。

 

 そうなんです。だからメンバーみんなも喜んでくれてる。これから打ち上げもする予定です(笑)。凛は私ひとりですけど、その後ろにはいろんな人の思いが詰まっていると思います。

 

──今回「Dear DESTINY」と「人生ゲーム」という曲があって、人生と運命を歌う歌が並んでいるのがいいなと思っているんですが、凛さんにとって「運命」「人生」ってどういうものだと思いますか?

 

 ひと言で言うと「縁」ですよね。つながっている縁は大切にしたいです。「運命」ってあるのかなあ、いいことだけ信じたいですけど(笑)。

 

──たとえば体調を崩された後に歌った曲もあったりしますが、そういう苦難を経験したことについてはどう思われますか?

 

 表現者としてはプラスですね。振り返ってみると、たとえば私が会社員だったとして病気を患ったとしてもうまく仕事に還元できないんじゃないか、ただ休んじゃうだけになるように思うんです。でも表現者ならば、それを乗り越えたことで歌に還元される。歌手ってそういうことができる職業なんだなというのはすごく感じています。全て経験になると思います。

 

──凛さんを見ていると、アーティストって本当にこういう人のことを言うんだなと思うんですよね。必ずしも順風満帆ではないかと思うんですが、その生き様も含めて作品の一部というか。

 

 基本的に破綻してますからね。

 

──そこまでは言ってないですけど(笑)。

 

 だって日常生活がうまくないんです。普通の人ができることが基本的にできない。電車もちゃんと時間とか調べているのに、目の前のドアが開いたら乗っちゃったり。現在もプロモーションのため、ウィークリーマンションに滞在しているんですが、初日からお風呂に入る際に、ブレーカーを落として素っ裸で暗闇をさまようっていう(笑)。普通の人だったらできるでしょっていうレベルのことがうまくできないんですが、もしかしたらそういう部分は全部歌にいっちゃってるのかなって(笑)。

 

──そういう経験が歌に反映されているかはどうかわかりませんが(笑)、歌っている時だけは。

 

凛 そう、別人になれる。

 

──そういう歌にステータスを全振りしているような方を見ていると、この人はこれからどんな歌を歌っていくんだろうと興味がわきます。

 

 それは嬉しいですね。

 

──たとえば10年後はどういう歌を歌っていたいですか?

 

 10年後ですか……。私、明日生きているかどうかもわからないので、あまり先のことを考えたことはないんです。電車とかに乗ってても、「今、電車が脱線したら私死んじゃうかも」とか思っているので、レコーディングの帰りとかも今歌ったのが最後になるかもしれないという思いがいつもあるというか。だから毎回100%で歌っているんだと思います。……だから今回、酸欠にもなったんでしょうね。

 

──そんな凛さんの次の目標は何でしょうか。

 

 やっぱり今の基盤を大事にしながら冒険していきたいですし、音楽にときめいたり楽しみを見出していたいです。作る側としても表現する側としても、そして楽器としても面白いことをしていきたい。だから、あまり固定概念にとらわれなくてもいいんじゃないかと思っています。音楽ってオケがあって、メロがあって、ハモがあって日本語で歌って、ということを普通だと信じてやっていると思うんですが、きっとそういうことじゃない。絵でも音楽でも、芸術って全部正解がないじゃないですか。ある人は0点をつけるかもしれない、でもある人にとっては100点かもしれない。そのくらい自由なものだと思っているので、私も予想の斜め上を行くような解き放ち方をした作品を作っていけたらと思いますね。

 

【CD情報】

■凛イズム/凛

・発売日:2018年1月31日

・価格: 2,778円(税別)

・発売元:MUSiC GARDEN

・販売元:Platinum DISC(ダイキサウンド)

 

<収録曲>

01. 夢×現

02. 華燈-HANABI- (Version.2017)

03. FREEDOM (Version.2017)

04. 情熱イズム(TVアニメ『カードファイト!!ヴァンガード アジアサーキット編』エンディング主題歌)

05. イカロス

06. 片翼-ツバサ-の行方(TVアニメ『クロスファイト ビーダマン』エンディング主題歌)

07. 孤独なマニフェスト

08. 浸食アルゴリズム

09. LiLiA

10. ULTIMATE SOUL-幾千の岐路- (Version.2017)

11. LOOP  (Version.2017)

12. Xana-シャナ-(ゲーム『車なごコレクション』主題歌)

13. SPIDER GIRL (Version.2017)

14. Dear DESTINY

15. 人生ゲーム (Version.2017)

16. TRUTH(TVアニメ『クロスファイト ビーダマン』オープニング主題歌)

画像一覧

  • 「私は歌になりたい」歌を愛し、歌に生きるアーティスト・凛、10年間の集大成にして初のフルアルバム「凛イズム」インタビュー!

  • 「私は歌になりたい」歌を愛し、歌に生きるアーティスト・凛、10年間の集大成にして初のフルアルバム「凛イズム」インタビュー!

  • 「私は歌になりたい」歌を愛し、歌に生きるアーティスト・凛、10年間の集大成にして初のフルアルバム「凛イズム」インタビュー!

関連作品

カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編

カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編

放送日: 2012年4月8日~2013年1月2日   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 代永翼、佐藤拓也、橘田いずみ、石川静、杉山紀彰、森嶋秀太、森久保祥太郎
(C)ヴァンガードプロジェクト/テレビ東京

クロスファイト ビーダマン

クロスファイト ビーダマン

放送日: 2011年10月2日~2012年9月30日   制作会社: Synergy SP
キャスト: 大原桃子、伊藤健太郎、國立幸、竹内良太、岡本寛志、高橋めぐる、相沢舞、陶山章央、箭内仁
(C) TOMY,d-rights,WBMA,TV TOKYO

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連リンク