喜多村英梨のニューシングル「妄想帝国蓄音機」は、やっと巡り会えた“理想の1曲”

アキバ総研 | 2018年01月22日 12:00
喜多村英梨のニューシングル「妄想帝国蓄音機」は、やっと巡り会えた“理想の1曲”

「キタエリ」こと喜多村英梨が、ニューシングル「妄想帝国蓄音機」をリリースする。TVアニメ「gdメン(ぐだメン)」のオープニングテーマで、コミカルで毒のある作品に合わせた、“奇天烈”な楽曲。作詞をキタエリ自身が、作曲を、ラウドロックバンド「おはようございます」のベーシストであり、ボカロPとしても活躍する鬱Pが担当し、独特の世界観を放つ曲となった。「こういう曲をずっと歌ってみたかった」という、キタエリにとっての“理想の1曲”。熱い思いを、たっぷり語っていただいた。


「妄想帝国蓄音機」で、動悸、息切れ、眩暈を感じていただけたら本望です(笑)


── またまたパワフルなシングルができあがりましたね。

喜多村 はい、今回はタイトル曲の「妄想帝国蓄音機」をはじめ、全曲の作詞をやらせていただいたので、「聴いてのお楽しみ!」と、アピールしたいです。

── 今回のシングルでやってみたかったことはなんでしょうか?

喜多村 新年1発目の喜多村楽曲であり、30歳を迎えたということで、玄人の巧み感を出したいなと(笑)。喜多村がここまで走り続けてきて蓄積してきたスキルがあるからこそ、歌いこなせているんだという難易度の高い楽曲をやりたいなと思いました。

── たしかに「妄想帝国蓄音機」は、難易度が高そうです。

喜多村 TVアニメ「gdメン」という、シュールでコミカルな世界観、さらにダーティーでエグみのある作品のオープニング曲を歌わせていただくという機会に巡り会えたことで、奇天烈トリッキーに尖った楽曲を歌える素敵なチャンスがやってきました。私は声優アーティストとしては、エグい部類に入ると思うんですけど、「今回は、行くところまで行っちゃえ!」と。そういう楽曲を喜多村が澄んだ顔で朗々と歌い上げて、「この世界観、ワケがわからないけど、かっこいいかも!」と思わせたいと、制作当初から考えていました。

── おっしゃる通りの曲になったと思います。

喜多村 動悸、息切れ、眩暈(めまい)を感じていただけたら、本望です(笑)。

── 作曲・編曲は、鬱Pさんです。曲の第一印象はいかがでしたか?

喜多村 正直、こういう曲をずっと歌ってみたかったんです。今までもチャンスをうかがっていたんですが、なかなか実現できなくて。今回、楽曲をいただいた時、「これを歌っていいの?」といううれしさがありました。

── こういう曲、というのを言葉で説明すると、どうなりますか?

喜多村 ただ速いだけじゃなくて、メロディアスな聴かせる部分がある楽曲であり、私をリードしてくれる強さのある楽曲ということです。それに加えて、楽器をやらない私が聴いても「ここのギター、かっこいいな」と思えたり、アニソンをたくさん聴いてきた者として「日本人のソウルを引き立てる、このメロディラインのセンス、最高!」とか、「サビの追いかけのフレーズとか、欲しいメロディが欲しいところにあるな」とかうれしくなったり。全体のテンポ感も、最後が「ダン!」って強く終わることも大好きで、とにかく何もかもが、私の理想を超えた曲という感じです。

── 1回聴いて、惚れ込んでしまったと。

喜多村 ライブでみんなと一緒に楽しめる仕掛けもたくさんあって、ステージで歌っている光景が見えたんですよね。みんなが「うぉい!」って飛んでたり、拳を上げている光景が。

── リズムは速くて強いんですけど、メロディは意外とやさしいんですよね。

喜多村 そうなんです。聴いている人を置いていかないメロディラインというか。すごく整理されていて、まさにこれだなと思いました。

画像一覧

  • 喜多村英梨のニューシングル「妄想帝国蓄音機」は、やっと巡り会えた“理想の1曲”

関連作品

gdメン gdgd men's party

gdメン gdgd men's party

放送日: 2018年1月8日~   制作会社: SMP/ファンカンパニー
キャスト: 松岡禎丞、山本和臣、小林裕介、原奈津子
(C) 2018 「gdメン」製作委員会

「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」プレゼントキャンペーン 2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」プレゼントキャンペーン
  • 2018 夏アニメ
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ