「今あるものはすべて注いだ」渕上舞 ソロデビューアルバム「Fly High Myway!」インタビュー

2018年01月23日 12:000
「今あるものはすべて注いだ」渕上舞 ソロデビューアルバム「Fly High Myway!」インタビュー

亡きチェルシーへ捧げる曲


── アルバムの楽曲はすごくポップなものもあればラテンな感じのものやロックもあってバラエティ豊かな印象です。全体のビジョンについてはどのように考えて作られていきましたか?

渕上 やっぱり最初のアルバムなので、ポップでかわいい曲からコミカルな曲やロックな曲、しっとりとした曲と偏りがないように入れたいという思いがありました。もちろん「渕上舞の歌らしいね」と言われるような曲も。それと、毎週のレコーディングのたびに会議をして、作りながら次を考えていく形で進めていったので、あっという間ではあったのですが、すごく「作っている」感がありました。なかには失礼ながら何度か作り直していただいた曲もありましたが、そういったこともこれまでのキャラクターソングではなかった経験でした。

── これまで歌ったことがなかったり、あまり親しみがなかったジャンルの曲といえばどれになりますか?

渕上 5曲目の「トロピカルガール」ですね。こういう曲は、みんなで歌う曲としてはこれまでも経験がありましたが、演じてきたキャラクターがどちらかというとおとなしい人物だったので、ひとりではここまでハジケた曲は歌ったことがなくて、すごく新鮮でした。

── これを作られたCMJKさんはキャリアも長く、すごくこだわりの強いクリエイターと聞いています。

渕上 そう。すごい方なんですけれど、「何度も『違う』と言ってしまって本当に申し訳ありません」とお話しさせて頂いたんですけど、笑顔で「いやいや、そんなのはどんどん言ったほうがいい」と言ってくださる心の広い素敵な方でした。

── 作詞までなさっていますが、彼にはどんな風にイメージを伝えたんですか?

渕上 私の伝え方が悪いんですけど、「オニオオハシです。南アメリカですと。サンバでトロピカルな感じで」と(笑)。そこからはプロデューサーがうまく伝えてくれているとは思うんですけれど(笑)。私は音楽用語がわからないので、皆さんを困惑させてしまっていたかと思います。「フラミンゴディスコ」も「フラミンゴでピンクのネオンな感じ」といったような、ザックリとしたオーダーしかできなくて(笑)。でも、どの方も最終的にはすごくピッタリなものを仕上げてくださって、プロだなと思いました。

── 鳥の知識については、渕上さんはとても詳しいですけれども、作詞家の方は必ずしもそうではないから、その辺り大変ですよね。

渕上 そうなんです。うれしいことに皆さん鳥のことから調べてくださったんです(笑)。CMJKさんはトロピカルな鳥に詳しくなりましたし、「フラミンゴディスコ」のヤマモトショウさんは「フラミンゴについてすごく調べました」とお話しされていました(笑)。

── 他にも4曲目の「Migratory」(渡り鳥)とか鳥がテーマになっていますね。

渕上 8曲目の「Cute♡Appeal」(キュートアピール)は、歌詞には特に出てきてはいないのですが、ペンギンのイメージです。飛べない鳥ですけれども、それが不幸ではないということをイメージして書きました。やはりデビューアルバムだからこそ自分の好きなものを届けたかったり、自己紹介的なものを余すところなく詰め込めればいいなと思って。歌詞には私の口癖も入れたりしています。

── 個人的な、ということで言うと、9曲目 「ラララ~君へ贈る歌~」は歌詞の内容から察するに、亡くなったチェルシーへの歌?

渕上 そうなんです。私の個人的な思い出なので、それを知らない人が聴いた時にも受け取ってもらえるように両方に取れるような曲にするのがすごく難しくて。

── アルバムの中にチェルシーの歌を入れようと当初から決めていました?

渕上 決めていました。これに関しては自分から「チェルシーに贈る歌を入れたい。そしてその歌詞は私が書きたい」と言わせていただいていました。やっぱり悲しいだけで終わってしまうというのも嫌だし、それに今現在までずっと悲しみが止まずにいるわけでもないので、本当に「贈る歌」なんですよね。悲しかったけれども、今は楽しいし、これからも楽しいことをしていこうという希望の見える作り方にするまで、すごく難しくて悩んで、いろいろ思い出しながらボロボロ泣きながら何度も書き直していました。

── ボーカルトラックはどうでしたか?

渕上 緊張しました。ボーカルとピアノという音数が少ない曲ですので、すごく神経を使いました。気持ちを込めるので悲しい気持ちになるのですが、それ以上にそちらに気を遣った覚えがあります。悲しいというよりも「贈る歌」なのでプラスの気持ちのほうが強くて。収録では意外と爽やかな気持ちで歌うことができましたね。

── 今までキャラクターソングを歌われてきて、今回ご自身としての歌声について考えたり模索するということはありましたでしょうか?

渕上 そこに関しては特に意識をせずにできたし、私の自然なスタイルで歌わせていただいたと思っています。普段はキャラクターに寄せて歌うので、そのときどきで私の声色も変わるし、キャラクターの子のイメージがあるので、語尾の伸ばし方とかにクセが入ると直すことになるのですが、今回は自分の歌なのでそういうことはなく、むしろスムーズだったと思います。技術的なところではいろいろ言っていただいて参考にしたことはありましたが、伸び伸びと歌わせていただきました。

── 声色というところに注目すると3曲目の「A Crow」は、これまで渕上さんからは聞いたことがないような音域だったので驚きました。

渕上 この曲については皆さんにそう言っていただいています(笑)。でもこれに関しても、特に自分の中では敢えてこういう曲だから強い色を出そうという意識をしたことはなくて、歌いたいように歌わせていただいて自然にできたことだったので楽しかったですね。

── 「A Crow」はどういう風にイメージを伝えましたか?

渕上 1曲、カッコイイ曲というか、裏が見える曲が欲しいねというところで作り上げた曲です。Crowはカラスという意味で、なかでも私のイメージにあったのは、朝の新宿・歌舞伎町にいるような、ちょっと荒れたカラス。このイメージを伝えるのが難しかったですね。1曲だけ世界観が違っても気持ちよくないので、アルバム全体としてのなじみのよさも考えつつ作っていただきました。歌詞も最初はそのカラスのイメージで書いていたのですが、書きながら気付いたのは「これは昔の私だな」と。過去のことを思い起こして、若かりし頃を自分で歌にしたような曲になりました。

── そういうことをご自身で言えるようになったんですね。

渕上 いろいろ大変な時もあったけれども、こうやって曲にできると、あの頃を経験しておいてよかったなと(笑)。

── 収録はいかがでしたか?

渕上 最初にツルッと歌って、あとはスタッフの皆さんに聴いていただきながら、「ここはもうちょっと強くしたほうがいい」といったアドバイスを聞きながら歌わせていただきました。その中で私も新しい自分を見つけられたという感じです。アタックもここまで強くしていいんだということは、実際にやってみたら思った以上に強く出しても大丈夫だったことがわかったりして。教えていただきながら歌うということも、これまでの経験では少なかったのでそういう点でも楽しかったですね。

── 1つひとつに新しい経験があるんですね。

渕上 本当に。歌詞の言葉選びについても、他の方が書いてくださった歌詞を読むと、これまで以上に言葉の1つひとつを考える機会になりました。私は濁点があまり好きではないということがわかったので、「A Crow」を書くときは敢えて濁点をたくさん入れて、荒れている感を出すようにしました(笑)。この濁点の好き嫌い感は細かな条件付けがあって、「ドリアン」は果物の女王だから「アリ」だとか、カワイイ濁点の場合は「アリ」だったりして、なかなか理解されないんですけど(笑)。

画像一覧

  • 「今あるものはすべて注いだ」渕上舞 ソロデビューアルバム「Fly High Myway!」インタビュー

関連作品

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

上映開始日: 2017年12月9日   制作会社: アクタス
キャスト: 渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、小松未可子、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、石原舞、金元寿子、喜多村英梨、葉山いくみ、倉田雅世、上坂すみれ、椎名へきる、明坂聡美、高森奈津美、川澄綾子、伊瀬茉莉也、平野綾、早見沙織、大地葉、ジェーニャ、小笠原早紀、佐藤奏美、田中理恵、生天目仁美、瀬戸麻沙美、米澤円、大空直美、七瀬亜深、能登麻美子、下地紫野、石上美帆、竹達彩奈、藤村歩、飯田友子、中原麻衣、原由実、津田美波、安済知佳、佐倉綾音、愛河里花子、冬馬由美、川原慶久
(C) GIRLS und PANZER Finale Projekt

ガールズ&パンツァー 劇場版

ガールズ&パンツァー 劇場版

上映開始日: 2015年11月21日   制作会社: アクタス
キャスト: 渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、小松未可子、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、葉山いくみ、瀬戸麻沙美
(C) GIRLS und PANZER Film Projekt

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編

配信日: 2017年11月11日   制作会社: アクタス
キャスト: 渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、椎名へきる、喜多村英梨、石原舞、川澄綾子、伊瀬茉莉也、平野綾、金元寿子、上坂すみれ、田中理恵、生天目仁美、倉田雅世、愛河里花子、冬馬由美
(C) GIRLS und PANZER Projekt

ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー

放送日: 2012年10月8日~2013年3月25日   制作会社: アクタス
キャスト: 渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、椎名へきる、喜多村英梨、石原舞、川澄綾子、伊瀬茉莉也、平野綾、金元寿子、上坂すみれ、田中理恵、生天目仁美、倉田雅世、愛河里花子、冬馬由美
(C) GIRLS und PANZER Projekt

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

放送日: 2013年10月10日~2013年12月26日   制作会社: サンジゲン
キャスト: 興津和幸、渕上舞、松本忍、宮下栄治、津田美波、東山奈央、沼倉愛美、山村響、内山夕実、ゆかな、MAKO、藤田咲、日高里菜、山本希望、原紗友里
(C) Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

暗殺教室

暗殺教室

放送日: 2015年1月9日~2015年6月19日   制作会社: ラルケ
キャスト: 福山潤、杉田智和、伊藤静、岡本信彦、逢坂良太、内藤玲、田中美海、矢作紗友里、松浦チエ、洲崎綾、佐藤聡美、川辺俊介、金元寿子、渕上舞、宮下栄治、山谷祥生、水島大宙、間島淳司、木村昴、沼倉愛美、斎藤楓子、河原木志穂、日野未歩、植田佳奈、浅沼晋太郎、高橋伸也、はらさわ晃綺、諏訪彩花、下妻由幸、宮野真守、三宅健太
(C) 松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会

アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ

放送日: 2015年1月9日~2015年4月10日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、黒沢ともよ、上坂すみれ、大空直美、内田真礼、山本希望、青木瑠璃子、洲崎綾、五十嵐裕美、高森奈津美、大坪由佳、松嵜麗、武内駿輔
(C) BNGI/PROJECT CINDERELLA

ドキドキ! プリキュア

ドキドキ! プリキュア

放送日: 2013年2月3日~2014年1月26日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 生天目仁美、寿美菜子、渕上舞、宮本佳那子、西原久美子、寺崎裕香、大橋彩香、内山夕実、渡辺久美子
(C) ABC・東映アニメーション

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2019 春アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ