福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

2017年12月28日 18:230
福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

2017年12月17日、同年7月クールに放送されたテレビアニメ「異世界はスマートフォンとともに。」(通称:イセスマ)のスペシャルイベント「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」昼・夜の部が、科学技術館サイエンスホールで開催された。


今回はイセスマファン待望のスペシャルイベント・夜の部の様子をレポートしていこう。

 

女性陣のツッコミに福原かつみタジタジ!?


スペシャルイベントでは、主人公・冬夜を演じる福原かつみさん、リンゼ・シルエスカ役の福緒唯さん、九重八重役の赤﨑千夏さん、スゥシィ・エルネア・オルトリンデ役の山下七海さんといった婚約者勢に加え、裏の顔を持つメイド・ラピス役の茜屋日海夏さん、また司会進行として、喫茶店のオーナーを務めるアエル役の吉岡茉祐さんが登壇。男性声優1人、女性声優5人というアニメ本編さながらの華やかな絵面でステージは開幕した。

 

昼の部でも存分に盛り上がったという面々。会場となる科学技術館サイエンスホールの控室にはゲーム機が置いてあるとのことで、一同は昼の部と夜の部の待ち時間を和気あいあいとゲームをして過ごしていたそうだ。

 

冒頭から仲のよさを伺わせる出演陣だが、最初のトークテーマは「アニメの振り返りトーク」。ここでは、アフレコ期間中に誕生日の声優さんが多く、アフレコ時には毎週お祝いのケーキが出されていたことや、エルゼ・シルエスカ役を務めた内田真礼さんのセリフ「ズキュン!」への絶賛コメント、神様役を演じた立木文彦さんがED曲「純情エモーショナル」を歌ったエピソードなど、ファン垂涎の逸話が数多く語られていた。

 

続けて、壇上の面々への質問が会場アンケートから展開される。唯一の男性声優である福原さんに対して、「女性キャストにいじられてタジタジの福原さんですが、逆に女性陣に物申したいことはありますか?」という質問には、早速女性陣が「何か物申したいことがあるんですか~?」と、福原さんをいじり倒していく。「ないです……変にやさしくならないでください」と答えるのが精一杯な福原さん。それに対し、「日和ってるぞ!」(山下さん)、「意外に(いじられるのが)オイシイなって思ってるってこと?」(赤﨑さん)と鋭いツッコミが入る。

 

ほかにも、Blu-rayのオマケとして収録された「異世界クッキング」収録時のエピソードや吉岡茉祐さんの5話でのアドリブガヤについてなど、こちらも貴重な話が満載。「福原さんは結局、どのキャラクターが一番好きなんですか?」という質問に、福原さんがヒロインのひとり・リーン(CV:上坂すみれ)のぬいぐるみであるポーラをあげると、これにもまた山下さんから「日和ってんじゃねーよ!」とツッコまれ、会場からは大きな笑いが起こるのだった。

 

その後、イベントは「チート使用者を探せ!!」というコーナーに突入。この企画は「実際に重い箱を持ち上げている人を探せ!」といったお題に対し、ひとりだけ本当に重い箱を持ち上げている女性出演者をチート級の能力者である冬夜よろしく福原さんがズバリ当てるというもの。全問正解できないと罰ゲームが待っているという過酷な状況で福原さんが果敢に挑戦するも、女性陣の演技力の高さも相まってあえなく失敗に終わったのだった(全4問中、消去法で1問だけ正解という結果)。罰ゲームは、「物販グッズを持ったパリピ衣装の自撮り写真を全世界に公開!」ということで、こちらはTwitterで現在も公開されている(https://twitter.com/isesumaofficial/status/942334084683935744)。

 

「福原かつみ VS 赤﨑千夏」の中二病勝負勃発!


企画が盛りだくさんのスペシャルイベントは、まだまだ終わらない。続いて、イベント限定の書き下ろし脚本による朗読劇「海、そしてアクティビティ」がスタート。その内容は“水着回”でもあるアニメ10話のサブエピソードとして、アエルとラピスも登場して、女性陣がビーチフラッグ対決を繰り広げるというものだ。アエル対ラピス戦では、ラピスの水着が焼失してしまうというサービスシーンやキャラ同士の軽妙なやり取りに、ファンたちは大きな笑いと共に喝采を送っていた。

 


続いてのコーナーは、「理想の嫁をプロデュース!」。福原さんが「嫌な予感しかしないんだけど……」と呟いたこの企画では、さまざまなシチュエーションに対する女性陣の対応で、誰が一番よかったか?を福原さんがジャッジすることに。この企画を制した者には、ブリュンヒルデ公国の銀貨1枚相当(1万円分)のiT●nesカードが贈呈されるとあって、ジャッジされる女性陣もより一層気合が入る。

 

リンゼとして役になりきって対応する福緒さんや「日和ってんじゃねーよ!」を完全に自分の持ちギャグとして駆使する山下さん、アニメ映画「君の名は。」のシーンを即興で福原さんと再現した茜屋さんなど、それぞれが個性あふれるショートコントを繰り広げる中、特に大きな拍手が巻き起こったのは「我が子(福原さん)が厨二病をこじらせたとき」というお題での赤﨑さんだった。

 

福原さんが厨二病をこじらせていると、母親役の赤﨑さんが登場。「まさか、私と厨二病で勝負しようというの? 私のほうが厨二病歴はガチで上!」と大見得を切る赤﨑さん。というのも、「中二病でも恋がしたい!」の“モリサマー”こと丹生谷森夏役は、赤﨑さんの代表的なキャラのひとり。そんな赤﨑さんの演技には、会場からも一層大きな拍手と歓声が上がっていた。

 

ただし、結果的には今回のスペシャルイベントで司会進行を務め、「理想の嫁をプロデュース!」内の演技でも大いなる嫁力を魅せた吉岡さんが優勝。「なんか……すいません!」と謙遜をしながら、めでたくiTu●esカード1万円分を勝ち取ったのだった。

 

その後、出演者6人全員のサインのプレゼント抽選会が行われ、ここでも終始福原さんが女性陣からイジられつつ、いよいよスペシャルイベントも終盤に突入。エンディングトーク中に福原さんはひと節歌を歌うと、2018年1月27日に開催される「『異世界はスマートフォンとともに。』スペシャルイベント~まるでライブだな~」の告知も忘れない。こうして、出演陣の仲のよさとファンからの愛されっぷりが十二分に発揮された「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」は、万雷の拍手と共に幕を閉じたのだった。


なお、2018年1月27日(土)には『「異世界はスマートフォンとともに。」スペシャルイベント~まるでライブだな~』の開催が予定されている。12月28日よりチケットの先行販売がスタートしているので、そちらもお見逃しなく!
 

(取材・文/須賀原みち)


【イベント情報】
■TVアニメ「異世界はスマートフォンとともに。」スペシャルイベント~まるでライブだな~
・日程:2018年1月27日(土) 
・時間:昼の部 開場14:30/開演15:00、夜の部 開場18:00/開演18:30
・会場:北とぴあ さくらホール

・出演者:福原かつみ、内田真礼、福緒唯、赤﨑千夏、高野麻里佳、山下七海 A応P 

・チケット料金:5400円(税込)

・主催、企画、制作:ブリュンヒルド公国

【チケット販売情報】

・きゃにめ先行:2017年12月28日(木)19:00~2018年1月3日(水)23:59

・受付ページ:http://special.canime.jp/isesuma/ticket2/

 ※先着での発売です。

画像一覧

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

  • 福原かつみ、女性声優陣からいじり倒される! アニメのノリそのままの「異世界はスマートフォンとともに。 スペシャルイベント~17日です!おいおい!~」レポート

関連作品

異世界はスマートフォンとともに。

異世界はスマートフォンとともに。

放送日: 2017年7月11日~2017年9月26日   制作会社: PRODUCTION REED
キャスト: 福原かつみ、内田真礼、福緒唯、赤﨑千夏、高野麻里佳、山下七海、上坂すみれ、甲斐田ゆき
(C) 冬原パトラ・ホビージャパン/ブリュンヒルド公国

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

[PR企画] プロゲーミングチーム「父ノ背中」に聞いた、勝つためのゲーミングPCの条件とは? 2019 春アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ