ホビー業界インサイド第30回:株式会社WAVE・阿部嘉久社長が振り返る、1983年・吉祥寺周辺のホビーシーン

2017年12月23日 12:000
ホビー業界インサイド第30回:株式会社WAVE・阿部嘉久社長が振り返る、1983年・吉祥寺周辺のホビーシーン

今後は、海外の模型市場に注目すべし!


── 現在のWAVEさんはプラモデルの開発ペースも軌道に乗っていて、阿部社長は趣味の軍艦模型も再開されて、現在の模型業界はどう見えていますか?

阿部 たとえば、完成品フィギュアは若いお客さんが新たに入ってきて、ファン層がどんどん入れ替わっている感じがします。それに比べて、弊社の「ボトムズ」や「マシーネンクリーガー」のプラモデルは、30年前のお客さんがいまだに買ってくださっている(笑)。国内のプラモデルファンは、どんどん高齢化しているんじゃないでしょうか。僕も、ルーペなしには模型を作れませんし、プラモデルの小さなパーツはしょっちゅうなくしてしまいます。模型を作る人口は減っているけど、何千円もする高い工具が売れたりして、どんどん深くなってきている気がします。
もうひとつ、僕が気になっているのは、経済的にゆとりの出てきた東南アジア諸国です。ガンプラにしても、国内向けより海外向けの生産量が上回っていると聞きました 。

── 中国や韓国だけでなく、シンガポールやマレーシア、インドネシアなどでガンプラ人口が増えていて、おまけに上手いんですよね。

阿部 そうそう、台湾もすごいです。塗装や工作のレベルが、すごく高い。日本だって、30~40年ぐらい前は模型に対するエネルギーがすごかったわけで、その時期のエネルギーが今はアジアのほかの国へ移っている気がします。日本は縮小気味だけど、海外は拡大傾向にあります。中国を嫌いな人は多いでしょうけど、市場として大きいことは認めざるを得ないと思います。もともと人口の多い国に模型文化が普及していくと、今後は大きな市場に育っていくでしょう。ヨーロッパはスケールモデルが盛んですし、これからは海外へどう売っていくかが大事でしょうね。



(取材・文/廣田恵介)

画像一覧

  • ホビー業界インサイド第30回:株式会社WAVE・阿部嘉久社長が振り返る、1983年・吉祥寺周辺のホビーシーン

  • ホビー業界インサイド第30回:株式会社WAVE・阿部嘉久社長が振り返る、1983年・吉祥寺周辺のホビーシーン

関連作品

装甲騎兵ボトムズ

装甲騎兵ボトムズ

放送日: 1983年4月1日~1984年3月23日   制作会社: サンライズ
キャスト: 郷田ほづみ、富田耕生、千葉繁、川浪葉子、銀河万丈、戸谷公次、玄田哲章、広瀬正志、郷里大輔、速水奨、政宗一成、麦人、上恭ノ介、緒方賢一
(C) サンライズ

聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

放送日: 1983年2月5日~1984年1月21日
キャスト: 中原茂、川村万梨阿、土井美加、安宅誠、高田由美、田中正彦、速水奨、逢坂秀実、西城美希、立木文彦、大塚智子、横尾まり、高橋美紀、色川京子、佐々木るん、火野捷子、曽我部和恭、大木正司、若本規夫
(C) 創通・サンライズ

メガゾーン23

メガゾーン23

発売日: 1985年3月9日
キャスト: 久保田雅人、川村万梨阿、荘真由美、冨永みーな、塩沢兼人、宮里久美、高木均、三ツ矢雄二、山寺宏一、鳥海勝美、曽我部和恭、郷里大輔、沢木郁也、板野一郎、小林清志
(C) AIC

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連記事

2019 春アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ