5年間の曲がミルフィーユのように重なった、竹達彩奈のベストアルバム「apple feuille」

アキバ総研 | 2017年11月29日 11:29
5年間の曲がミルフィーユのように重なった、竹達彩奈のベストアルバム「apple feuille」

ソロアーティストとしてデビュー5周年を迎えた竹達彩奈が、初のベストアルバム「apple feuille」をリリースする。ファン投票によって収録曲が決められ、第14位の「♪の国のアリス」から、第1位の「ライスとぅミートゅー」まで、順位通りに並べられ、唯一の新曲として、ファンクラブ「あやな公国」の国歌「apple*colorful*princess」も収録した、まさにファンと一緒に作り上げたベスト盤だ。
本インタビューでは、アーティストとして走り続けてきた5年を振り返るとともに、新曲や来年2月のライブへの抱負も語ってもらった!


ハイカロリーな曲が並ぶ、派手なアルバムになりました


── ベストアルバムのリリースはアーティストデビュー5周年を意識してのことでしょうか?

竹達 はい、区切りがよかったんです。曲もベストアルバムを作れるくらいたくさんできたので、ここらでまとめておいたほうがいいかなって思いました(笑)。

── ファンのみなさんのためにも?

竹達 そうなっていたらいいですね。

── でも、ベストアルバムの収録曲はファン投票で決めたんですよね?

竹達 そうですね。ベストを作る時が来たら、みんなで決めたいなってずっと思っていたので、願いがかなってよかったです。

── 結果発表はニコニコ生放送で行われたんですよね。盛り上がってました。

竹達 お客さんを前にしてのニコ生というのは初めてだったので、楽しかったです。いつもよりアドレナリンが出ていました。やっぱりお客さんがいるとスイッチが入りますね。みんなが私に会いにきてくれているので、背筋がピンとしました。

── 1位から14位の曲が、晴れてベストアルバムに収録されることになったんですけど、最終順位に関しては、どう思いましたか?

竹達 ちゃんとシングルの曲が選ばれたなと思いました。私としては、もうちょっとマニアックなベストになってもいいかなと思っていたんですけどね(笑)。それだけ、シングル曲がみんなの中にしっかり存在していたんだなと感じられて、うれしかったです。

── これがランクインしたのは意外だった、という曲はありましたか?

竹達 9位に入った「らっきーちゅーん♪」は、けっこう意外でした。シングルのカップリング曲で、そこまで主役感がないので…。もちろんライブでは盛り上がるんですけど、こんなにみんなの中で大きな存在になっていたんだと実感しました。

── とても元気な曲ですよね。

竹達 そうですね。CDでも元気なんですけど、ライブでバンドさんと演奏すると、さらに派手な曲になるので、みんなよろこんでくれているのかなと思いました。

── 見事1位に輝いたのは、「ライスとぅミートゅー」でした。

竹達 ライブでは必ず大事なところで歌う曲ですし、私も「ライスとぅミートゅー」が1位になると思っていたので安心しました。投票途中に、この曲を作曲してくれた小林俊太郎さんと、「これがランクインしなかったらどうしよう?」「俺たち、人気曲だと思って、ずっとやってたのにね」と話し合ったことがあって…(笑)。無事に1位になってよかったです。

── 小林さんはライブのバンマスでもある方で、長いお付き合いですよね。

竹達 はい、デビュー曲「Sinfonia! Sinfonia!!!」からで、すごく信頼させていただいています。私は音楽は素人なのでわからないことがいっぱいあるんですけど、わからないなりに、こうしたいと思ったことを、俊太郎さんがいつも形にしてくれて、願いをかなえてくれるんです。

── 竹達さんの音楽を、ずっと支え続けてきた方ですね。

竹達 音楽に詳しくて、やさしくて、気のいいおじさんです。実は今日これから、俊太郎さん達とアルバム完成のお祝い会をするんです。みんなで肉を喰らいます(笑)。

── やはりお祝いは肉なんですね(笑)。アルバムの発売日も、いい肉の日(11月29日)と、非常にわかりやすいです。

竹達 11月に発売したいというのは早くから話し合っていて、だったら、いい肉の日しかないよねと、ポニーキャニオンさんが調整してくださって実現しました。

── ベストアルバムは、1曲目が14位の「♪の国のアリス」で、そこから1位の「ライスとぅミートゅー」まで、ランキング順に曲が並んでいるんですよね。なのに、すごくいい流れになっていると感じました。

竹達 ありがとうございます。「ライスとぅミートゅー」を1曲目にしようという案もあったんですけど、やっぱり最後に持っていたほうがいいと思いました。

── 竹達さん自身は、この曲順で全曲を通して聴いて、どう思いましたか?

竹達 「忙しい!」って思いました(笑)。ハイカロリーな曲が多いので、みんな聴いていて疲れないとうれしいです。

── たしかに最初から派手な曲が並んでいます。5曲目の「ユメイロソレイユ」でいったんホッとできますよね。

竹達 そうですね。かわいい、ふんわりとした曲ですよね。でも、その後に来るのが「らっきーちゅーん♪」ですから…(笑)。「齧りかけの林檎」でまた落ち着いていただいて、「Little*Lion*Heart」で盛り上がって下さい。中盤はアップダウンが多いですね。

── 11曲目の「Sinfonia! Sinfonia!!!」と12曲目の「HIKARI」のあたりも、落ち着けるパートかなと。

竹達 「HIKARI」はアルバム唯一のバラードで、全体の流れを締めてくれていると思います。その後は「肉を食え!」という感じです(笑)。

── 13曲目が「Hey!カロリーQueen」、14曲目が「ライスとぅミートゅー」ですから(笑)。

竹達 お腹が満たされる2曲ですね。

画像一覧

  • 5年間の曲がミルフィーユのように重なった、竹達彩奈のベストアルバム「apple feuille」

関連作品

デンキ街の本屋さん

デンキ街の本屋さん

放送日: 2014年10月2日~2014年12月18日   制作会社: シンエイ動画
キャスト: 高森奈津美、津田美波、竹達彩奈、相沢舞、佐藤聡美、小林ゆう、逢坂良太、松岡禎丞、富田貴洋
(C) 2014 水あさと/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/コミックうまのほね

ランス・アンド・マスクス

ランス・アンド・マスクス

放送日: 2015年10月1日~2015年12月17日   制作会社: Studio五組
キャスト: 山下大輝、小澤亜李、沼倉愛美、三森すずこ、諏訪彩花、M・A・O、花守ゆみり、田中あいみ、Lynn、竹達彩奈、内山夕実、小山茉美、石田彰
(C) 子安秀明/ポニーキャニオン・ProjectLNM

だがしかし

だがしかし

放送日: 2016年1月7日~2016年3月31日   制作会社: feel.
キャスト: 竹達彩奈、阿部敦、沼倉愛美、鈴木達央、藤原啓治
(C) 2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

アニメニュースの新着ニュース

秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第3回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「ネト充のススメ」特集
  • ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた!
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ