【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

アキバ総研 | 2017年11月26日 12:00
【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

2017年秋アニメも後半戦に突入! 今回は注目の5作品を中間レビュー。放送中にDVDが全巻発売されることでも話題の「ネト充のススメ」、「月刊アフタヌーン」連載の人気コミック原作「宝石の国」、オリジナル青春アニメ「Just Because!」、夫婦のアツアツラブコメディ「お酒は夫婦になってから」、着ぐるみが博物館を駆け巡る「刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩 弐」を紹介します。


ネト充のススメ

脱サラを期に実世界からドロップアウトした盛岡森子が、ネットゲーム「フリドメール」の世界でイケメン男子に変身。充実した日々を過ごす恋愛ストーリーだ。アニメでは原作以上に森子の生活感が強調されており、本当は三十路なのに大学生とウソをついた罪悪感でカーペットクリーナーをコロコロしまくったり、いつの間にかゲーマー仕様の発光キーボードを使っていたりと、日常描写が微笑ましい。真っ暗な部屋でモニターの光を浴びながらゲームに興じる姿も他人事には思えないほど。
ゲームを題材にした作品は数多いが、本作はネット仲間とのコミュニケーションが現実と交錯しているのがポイント。相手がゲーム仲間だと知らないまま夜の街を散歩する第6話では、「フリドメール」と同じように満点の星空が輝き、2人の会話を見守っているのが印象的。原作はまだ完結していないが、アニメではどのようなフィナーレを迎えるのだろうか。




宝石の国

生物が不死の宝石になった遠い未来を舞台に、彼らを装飾品にしようと月から飛来した月人との戦争を描いたアクションファンタジー。性別のない宝石たちは少女のような外見を持ち、フォスフォフィライトは薄荷色、シンシャは洋紅色と、それぞれの名前と同じ鉱物の輝きを放つ。3DCGによって生み出されたキャラクターはどれもきらびやかで、髪の毛は巨大な宝石そのもの。肩に落ちた光の反射まで細やかに描写され、幻想的な世界観を生み出している。
月人とのバトルは腕や首が吹き飛ぶほどの激しさを見せるが、血が流れない代わりに切断面がまばゆいほどの輝きを見せる。傷を負えば負うほど美しくなっていく宝石たちには背徳的な魅力が備わっている。キャストはほぼ全て女性声優陣が務めており、きらきらとした声を聴いていると女子高に迷い込んだかのような気分も味わえる。そんな世界でハーレム状態のまとめ役・金剛先生がうらやましくなってくる一作。



Just Because!

高校3年生の冬にかつて住んでいた街へ戻ることになった泉瑛太が、中学生のクラスメイトたちと再会するオリジナル青春群像劇。学園ドラマでありながら、ストーリーの始まりが卒業まで残り3か月に設定されており、何かをやり残してしまったのではないかという焦燥感が作品全体に流れている。
転校先の高校で友人の相馬陽斗と再会した瑛太は、野球の1打席勝負に付き合わされる。それを見ていた吹奏楽部の森川葉月は応援歌を何気なく奏で、音色は2人がいるグラウンドにまで届く。写真部の小宮恵那が持つカメラは季節外れの転校生をフレームに収め、陽斗に恋心を抱く夏目美緒は勝負の行方を見守る。そして陽斗がホームランを放ったことで物語が動き出す。4月からは別々の道を歩む登場人物たちがひとつの場所に引き寄せられる第1話は、物語の幕開けにふさわしい仕上がりだ。



お酒は夫婦になってから

クールな美人OLとして仕事をバリバリにこなす水沢千里だが、夫の壮良が作ったカクテルを飲むと甘えん坊キャラに一変。夫の壮良に膝枕やお姫様だっこをしてもらう千里がキュートで、見ているこっちが恥ずかしくなってくる。普段はスーツをパリッと着こなしている千里が、家ではゆったりとした服を着ているというギャップ萌えがかわいらしく、プロポーションのよさにもドキリとさせられる。
お酒を飲んだときに漏らす「しふくぅぅぅ」の口癖は、セクシーだったり、ホラー調だったりとバリエーション豊か。今週はどんな感じだろうかと期待してしまう。本編に登場するカクテルはどれもオシャレ。レシピもお手軽なので思わず飲んでみたくなるが、独り身の男が作ったら虚しさに包まれるのは目に見えているので、紙パックの鬼ころしをヤケ飲みするしかない。マスコットキャラのレモ男がバイクで疾走するEDアニメは意味不明だが、イチャイチャを見せつけられたときの走り出したくなる感じをうまく表現している。



刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩 弐

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の名刀を紹介する旅番組。マスコットキャラクター・こんのすけが着ぐるみの「おっきいこんのすけ」になって、刀を所蔵する全国の美術館・博物館を訪れる。浅草で人力車に乗ったり、香川できつねうどんを食べたりと、気ままに散歩をするこんのすけに癒やされるが、刀剣の解説コーナーはかなり本格的。生い立ちや名前の由来、過去の持ち主などの歴史的背景をわかりやすく伝えている。
ナレーションはその回に紹介する刀剣のキャストが当番制で担当。落ち着いたボイスに身を任せながら、刀剣たちが歩んできた悠久の歴史に思いを馳せることができる。刀の鑑賞ポイントをていねいに解説しているのも初心者にとってはうれしいところ。視聴後に刀剣とキャラクターを見比べてみば「刀剣乱舞」の世界観を一層楽しめる。


(文/高橋克則)

(C) 黒曜燐/comico/ススメ!ネト充プロジェクト
(C) 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

(C) 鴨志田一・比村奇石/JB 製作委員会
(C) クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

画像一覧

  • 【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

  • 【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

  • 【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

  • 【アニメコラム】アニメライターによる2017年秋アニメ中間レビュー

関連作品

ネト充のススメ

ネト充のススメ

放送日: 2017年10月9日~   制作会社: Signal-MD
キャスト: 能登麻美子、櫻井孝宏、前野智昭、寺島拓篤、鈴木崚汰、上田麗奈、中村悠一、相坂優歌、寸石和弘、八木隆典
(C) 黒曜燐/comico/ススメ!ネト充プロジェクト

宝石の国

宝石の国

放送日: 2017年10月7日~   制作会社: オレンジ
キャスト: 黒沢ともよ、小松未可子、茅野愛衣、佐倉綾音、田村睦心、早見沙織、内山夕実、高垣彩陽、内田真礼、伊藤かな恵、小澤亜李、種﨑敦美、茜屋日海夏、広橋涼、皆川純子、能登麻美子、釘宮理恵、中田譲治、生天目仁美、桑島法子、原田彩楓、上田麗奈
(C) 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

Just Because!

Just Because!

放送日: 2017年10月5日   制作会社: PINE JAM
キャスト: 市川蒼、磯部花凛、村田太志、芳野由奈、Lynn、櫻庭有紗、貫井柚佳、近藤玲奈、千本木彩花、天﨑滉平、山本祥太、柳田淳一、小林大紀、大川透
(C) 鴨志田一・比村奇石/JB 製作委員会

お酒は夫婦になってから

お酒は夫婦になってから

放送日: 2017年10月3日~   制作会社: Creators in Pack
キャスト: 喜多村英梨、市来光弘、朝井彩加、仲田ありさ
(C) クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

刀剣乱舞-花丸-

刀剣乱舞-花丸-

放送日: 2016年10月2日~2016年12月18日   制作会社: 動画工房
キャスト: 市来光弘、増田俊樹、新垣樽助、山下大輝、入江玲於奈、間島淳司、興津和幸、濱健人、斉藤壮馬、石川界人、泰勇気、山下誠一郎、佐藤拓也、粕谷雄太、前野智昭、逢坂良太、高橋英則
(C) 2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第3回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「ネト充のススメ」特集
  • ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた!
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ