ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

アキバ総研 | 2017年10月28日 12:00
ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

現在でこそ、アマチュアが趣味として制作するガレージキットから大手メーカーの生産する完成品やプラモデルまで、数え切れないぐらい沢山のフィギュア製品が販売されている。市場は十分に確立されているし、フィギュア業界で働いている人たちも大勢いる。
ところが30数年前、1980年代初頭のホビー業界では、美少女キャラを自作したモデラーの投稿が模型雑誌に載る程度だったのである。吹けば飛ぶようなフィギュア趣味を、「仕事」として定着させようとたったひとりで奮闘した男がいた。「ホビージャパン」や「模型情報」で作品を発表していた、秋山徹郎さんである。現在は株式会社MICの常務取締役をつとめる秋山さんを訪ね、80年代から現在にいたるフィギュア文化の舞台裏をお聞きした。


出版社にいきなり電話して、個人で商品化権を取得!


── いま秋山さんが所属している株式会社MICは、どういう会社なのですか?

秋山 当社の仕事のほとんどは、バンダイさんの製品原型です。「S.H.Figuarts」をはじめ、様々な原型を作らせていただいています。あとはバンプレストさんや他のメーカーさんですね。一部、OEM(他社ブランドの委託生産)も請け負っています。

── どういう経緯で、MICに入ることになったのでしょう?

秋山 10年ぐらい前、まだフリーランスで原型師をやっている頃、かつて仕事でお世話になった知り合いが原型会社を経営していると聞いたんです。それがMICでした。最初は「仕事をください」とお願いしに行ったのですが、「お前もいい歳なんだから、自分で原型を作るのではなくプロデュースする側に回らないか」と相談されました。それも面白いと感じて、入社させてもらいました。最初の4~5年は、社内の原型師とお客さんとの間に入って仕事を進める営業の仕事をしていました。今は経営側に回っていますが、社内だけでなくMICの仕事を手伝ってくれるフリーの原型師もたくさんいます。そういう人たちが年をとってもフィギュアで食べていける状況をつくりたくて、動いているところです。


── フィギュアブームは沈静化したように見えて、けっこう仕事はあるようですね。

秋山 ええ、商品点数は90年代後半~00年代前半のブームの頃とそれほど変わっていないか、ジャンルによっては増えています。たとえば、ゲームセンターや家電量販店にガシャポンマシンがたくさん並んでいますよね。それだけ需要があるということです。

── 秋山さんは、タミヤ主催の「人形改造コンテスト」(1/35の市販のミリタリーフィギュアを実在の人物やキャラクターに改造して応募するコンテスト。1973年から毎年開催されている)から、フィギュア制作をスタートしたそうですが?

秋山 最初に応募したのは中学校のころで、入選できずに落ちまくっていましたね。高校に進学してから、吾妻ひでおさんの漫画をきっかけに、本格的にオタク趣味に足を踏み入れました。ファンクラブに入ったのですが、当時は新宿の喫茶店などで、月に一度の定例会がありました。そこへ自作の吾妻キャラのフィギュアを持っていったら、仲間にとてもよろこばれたんです。その頃、ちょうどガンプラ制作で有名なモデラー、小田雅弘さんが複製技術を雑誌に書いていたので、シリコンゴムとレジンキャストで自作フィギュアの複製を作り、最初はファンクラブの仲間に売っていました。そのうち、コミケにも卓を出して売るようになり、「ひょっとして、フィギュア制作は仕事になるのではないか?」と思いはじめました。高校から大学にかけての頃ですね。


── 雑誌に作品が載りはじめたのも、同じ時期でしょうか。

秋山 確か、「魔法のプリンセス ミンキーモモ」のフィギュアを自作して「ファンロード」(ラポート刊)の編集部に持っていったんです。それを、「模型情報」(バンダイ刊)の編集者だった加藤智さんが見てくれて、フィギュア制作を依頼されるようになりました。僕の販売していた「ウイングマン」のガレージキットの版権は、模型情報が取ってくれたんです。


── 「アウトランダーズ」のヒロイン、カームも正式に版権を取得して販売したガレージキットでしたね。

秋山 「アウトランダーズ」は、自分で版権を取ったんです。漫画を連載していた白泉社に電話して、「ガレージキットという、プラモデルみたいな商品を売りたいんです」と口頭で説明しました。「何個ぐらい売りたいの?」「500個ぐらいです」といった会話をして、なんだか熱心な変なファンが電話してきて、ちゃんとルートを通して商売しようとしているみたいだから、版権シールを発行してやろうか……程度の、軽いノリで許可してくれたと思うんです。

画像一覧

  • ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

  • ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

  • ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

  • ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

  • ホビー業界インサイド第28回:フィギュア原型師という「職業」と「市場」を切り拓いた男、秋山徹郎の過去と現在

関連作品

ななこSOS

ななこSOS

放送日: 1983年4月2日~1983年12月24日
(C) 国際映画社

魔法のプリンセス ミンキーモモ

魔法のプリンセス ミンキーモモ

放送日: 1982年3月18日~1983年5月26日   制作会社: PRODUCTION REED
キャスト: 小山茉美、田の中勇、木藤玲子、三田ゆう子、千葉繁、増岡弘、塚田恵美子、納谷六朗、土井美加
(C) PRODUCTION REED CO.,LTD.

うる星やつら

うる星やつら

放送日: 1981年10月14日~1986年3月19日   制作会社: スタジオディーン/ぴえろ
キャスト: 平野文、古川登志夫、島津冴子、杉山佳寿子、永井一郎、鷲尾真知子、神谷明、小宮和枝
(C) 高橋留美子/小学館・キティフィルム・フジテレビ

聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

放送日: 1983年2月5日~1984年1月21日
キャスト: 中原茂、川村万梨阿、土井美加、安宅誠、高田由美、田中正彦、速水奨、逢坂秀実、西城美希、立木文彦、大塚智子、横尾まり、高橋美紀、色川京子、佐々木るん、火野捷子、曽我部和恭、大木正司、若本規夫
(C) 創通・サンライズ

戦闘メカ ザブングル

戦闘メカ ザブングル

放送日: 1982年2月6日~1983年1月29日   制作会社: サンライズ
キャスト: 大滝進矢、横尾まり、島津冴子、古川登志夫、山下啓介、TARAKO、二又一成、銀河万丈、塩沢兼人
(C) 創通・サンライズ

関連シリーズ

関連ニュース

関連リンク

アキバ総研15周年大感謝祭 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第2回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • アキバ総研15周年大感謝祭
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ