戦隊出演者がオフレコトークを連発!? 「東映特撮ファン感謝祭2017」【第1部:スーパー戦隊回】レポート

アキバ総研 | 2017年10月06日 21:14


スーパー戦隊、昔と比べてどうなった? 今と昔を比較するトークコーナー


続いては、戦隊ものといえば追加戦士の活躍も見逃せないところ、ということで、現在絶賛放映中の「宇宙戦隊キュウレンジャー」から、鳳ツルギ/ホウオウソルジャー役の南圭介さんがステージに登場。

鳳ツルギ/ホウオウソルジャー役の南圭介

「本日は一緒に伝説を作りましょう!」と鳳のセリフを使ったあいさつを披露して会場を沸かせ、スーパー戦隊の今と昔を比較するトークコーナーが行なわれた。



まずは「スーパー戦隊 撮影現場の今昔」について。
2013年8月9日に発売となっている「忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER」や2015年10月7日に発売された「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」、そして先述の「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」などで撮影に参加しているため、それほど久しぶりという感覚はないが、初放送から10年以上が経過し、やはり現場は変わっているとそれぞれのキャストたちは、アクションやアフレコ時の苦労を語っていた。


続く「スーパー戦隊 イケメンキャラ今昔」のお題では南さんがまさにイケメン枠だというトークで盛り上がる中、「素朴なキャラも必要」と菊地さんが告げ、会場に笑いが起こるひと幕となった。

そして「スーパー戦隊 コスチューム今昔」で動きやすくなったなどの衣装の進化について語られ、南さんがまさに当該キャラクターである「スーパー戦隊 追加戦士 今昔」のテーマの際には、追加キャラクターが恒例になったのはいつからかと話題に。これには会場から、ドラゴンレンジャーが初の追加戦士として登場した「恐竜戦隊ジュウレンジャー」と答えてくれる声があり、さすが「TTFC」会員と、キャスト陣から感嘆の声があがっていた。

さらに「スーパー戦隊 僕たちのヒーロー 今昔」では各々が好きだった作品、憧れていた作品があげられていったが、女性人からあがった「(魔法少女)ちゅうかなぱいぱい!」のタイトルに、美少女シリーズについてはよく知らないという南さんが過剰に反応。どの作品に出てみたいかを尋ねられた際に「ちゅうかなぱいぱい!」」と即答し、会場の笑いを誘っていた。

コーナーラストのテーマとなったのは、「スーパー戦隊 変わらないもの」。
このお題には、菊地さんが元気いっぱい挙手し、「スタッフ!!」と解答。長沢さんは「伝えたいもの、メッセージ」とのことで、母親視点で親になって子どもに学んでほしいことが詰まっていると語り、南さんは「チームワーク」、そして伊藤さんは「やさしさ」をあげていた。



そして最後は「東映特撮 ファンインタビュー」と題し、会場で募集したアンケートから、出演者に質問が行われ、それぞれが解答していくことに。
「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」でのウメコとセイちゃんの結婚式でのエピソードについて尋ねられると、伊藤さんと菊地さんからは夜の結婚式もいいものだと語られた。

そして「刮目せよ!」「なんてこった!」「俺は伝説になる!」が口癖の鳳を演じる南さんへの質問は「最近作った伝説を教えてください」という質問が。これにはスイーツが大好きだという南さんが、とあるフォミレスのデザートメニューを全制覇したというエピソードを語り、会場を驚かせていた。

イベントが行なわれた10月1日は日曜日ということもあり、この日の朝に放映されたばかりの第32話「オリオン号よ、永遠に」についての質問も読み上げられた。イベント時間が午前中からであったこと、そしてこのイベント当日から放映時間が9時半に変更となったこともあり、未見の会員が多数いたため、ネタバレを避けてのトークが展開されたほか、南さんより「見てない人は、ぜひ刮目して見てください!」とアピールが行われた。

笑いにあふれた約1時間半のイベントも、いよいよ終了の時刻。
最後にキャスト陣から愛にあふれたコメントが贈られ、イベントは終了となった。

関連ニュース

ホビーの新着ニュース

夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ