LiSA×May'nの“切り札”コラボで幕開け! –「アニサマ2017」3日目前半戦レポート

アキバ総研 | 2017年08月31日 18:00
LiSA×May'nの“切り札”コラボで幕開け! –「アニサマ2017」3日目前半戦レポート

2017年8月25日~27日、世界最大のアニメソングの祭典「Animelo Summer Live(アニメロサマーライブ:通称「アニサマ」)  2017 -THE CARD-」がさいたまスーパーアリーナにて開催された。今回は3日目最終日の前半戦を、注目ポイントにフォーカスしながらレポートしていく。

⇒1日目前半の様子はこちらの記事でご覧になれます。
⇒1日目後半の様子はこちらの記事でご覧になれます。
⇒2日目前半の様子はこちらの記事でご覧になれます。
⇒2日目後半の様子はこちらの記事でご覧になれます。




3日目の出演者にはWake Up, Girls!がいるが、現在放送中の夏アニメ「異世界食堂」ではWake Up, Girls!とMay'nさんのスペシャルコラボユニット「Wake Up, May’n!」がオープニングテーマを担当している。それだけにアニサマ最終日は、May’nさんがサプライズ参戦してくれるのでは?と多くのファンが期待していたのではないだろうか。

 

だが、オープニングで前触れなくLiSAさんとMay’nさんが並び立つインパクトは、そんな期待や予想を軽々と超えていった。2人は「crossing field」、そして「Chase the world」というお互いの持ち歌をデュエット。「ソードアート・オンライン」、そして「アクセル・ワールド」という川原礫さん原作作品の主題歌コラボという意味でもスペシャルな組み合わせだ。「crossing field」で2人が一瞬のタメからサビに突入するテンション感や、「Chase the world」での2人のボーカルがぴったりと重なり噛み合う歌声の相性のよさ、そして歌い終えたLiSAさんの充実した笑顔が印象に残った。

 

上坂すみれさんは、ロシア趣味満載のムービーから「アニサマ、はっじまるよ〜!」とキュートにキメると「Inner Urge」へ。ナースやOL風の衣裳のダンサーたちを従えてのパフォーマンスを披露した。可憐さとつややかさの同居した表現、そして会場全体が一体になった「SOX!」の大コールが会場を独自の空気へと変えていく。 続く「踊れ!きゅーきょく哲学」ではゴンドラに乗って会場を動き回ると、会場の「ウー!ハー!」の大合唱に合わせてキュートな正拳突きを披露。トークでは「まさかのトップバッターをやらされてしまった上坂すみれです」などと韜晦していた上坂さんだったが、ゴンドラ上での彼女の姿からはアニサマというステージにテンションが上がっている様子が伝わってくる。最後は「ダスビダーニャ!(またお会いしましょう!)」とロシア語の鮮烈な挨拶でステージを後にした。

 

「アイドルマスター SideM」からは作品を代表して、DRAMATIC STARS(仲村宗悟さん、内田雄馬さん、八代拓さん)、High×Joker(千葉翔也さん、永塚拓馬さん、渡辺紘さん、白井悠介さん、野上翔さん)、S.E.M(伊東健人さん、榎木淳弥さん、中島ヨシキさん)の3ユニットが参戦。さわやかな一体感にあふれる全員参加の「Beyond The Dream」では、客席から「315!」の大歓声が飛ぶ。女性ファンの大歓声が響くいっぽう、少なからぬ男性のコールも目立つのは、「アイドルマスター」に連なる作品ならではだろうか。MCでは仲村さんが「今日は理由(ワケ)あってアニサマに参りました!」と、さまざまな前職を持つメンバーたちが“理由あって”アイドルになる作品を踏まえた挨拶を披露した。

 

「アイドルマスター SideM」はユニット単位での活動が中心なこともあり、続くコーナーはユニットソングをメドレーで披露。DRAMATIC STARSの「MOON NIGHTのせいにして」は男性アイドルならではのセクシーさを感じる攻めの楽曲で、さわやかなイメージが強い八代さんのセクシーな表情がキメどころでチラリとのぞくのがいい。High×Jokerの「HIGH JUMP NO LIMIT」はまっすぐで躍動感がある彼ららしい楽曲で、夏のフェスにこれほどハマる楽曲はないだろう。アニサマでの会場の反応が一番楽しみだったのがS.E.Mの「Study Equal Magic!」で、面白いのにかっこいい独特のS.E.Mワールドはアニサマでも確かに届いているようだった。個人的には伊東さんが激しいダンスのさなかにも関わらず優雅に、でも神経質そうに眼鏡を上げる仕草が(演じるアイドルの)硲道夫先生そのものに見えたのに驚かされた。ラストは「アイドルマスター SideM」におけるはじまりの歌「DRIVE A LIVE」。まばゆい光の輝きに照らされながら、揃いのSideMポーズでキメたのだった。

 

そしてここからは怒涛の女性ソロアーティストタイムだ。春奈るなさんの登場前には、TVアニメ「冴えない彼女の育て方」ヒロインの加藤恵のメッセージ映像が流された。帽子にあしらった大きな白い羽飾りも印象的な春奈さんは、緑の光の海の中「ステラブリーズ」を熱唱。「せーの!」や「いつかきっと。」といった、間に入れるひと言の響きがとても印象的だ。

 

ステージを全力で疾走しながら歌う「アイヲウタエ」と、甘さと芯の強さが声の中に同居する「君色シグナル」のカラーの違いにも彼女の懐の深さを感じた。

 

表現力にさらなる進化が見えたのが水瀬いのりさんだ。「Starry Wish」の歌声からは、強い祈りと信念のようなものを感じる。落ちサビで会場に次々とウルトラオレンジが点灯する中、天に差し伸べた手を抱きしめ、彼方を見つめる空気感には引き込まれるものがある。

 

アニサマ初出演の感謝の言葉を伝えた水瀬さんは、大きなステージで歌うのは初めてだという「アイマイモコ」を披露。客席に大きく手を振ったあと、はにかむように両手をほほに添えた仕草の表情感とかわいさには驚かされた。明るく愛おしそうな想いを込めた歌声と、最高音に達した時の歌声の強さが印象に残った。

 

他出演者とはひと味違う空気感を見せたのが奥華子さん。「キミの花」を歌う奥さんの歌声には何か物語を感じさせられ、歌声一本で勝負してきたアーティストの地力にいつしか引き込まれていくようだ。さらに彼女が客席の心をつかんだのがMCの時間。キーボードの前に立った奥さんが「奥華子の代表曲を歌います」と前フリをして奏でたのは、なんと「お部屋探しマスト♪」のフレーズが印象的なCMキャッチ。意表をついた選曲で客席がなごんだところで、「時をかける少女」主題歌「ガーネット」に入る緩急自在の構成だった。

 

いつの間にかそこにいたようにステージに出現した小倉唯さんは、まずは「Future Strike」を披露。ステップワークの華麗さには見とれてしまうほどだ。オレンジに燃え上がる客席の中で凛々しく、まっすぐに歌い上げながらも、撃ち抜く仕草とともにウィンクを見せたり、最後の最後でにこっと笑みを見せたりの仕草にドキッとする。

 

アニサマバンドと一緒の歌唱は初めてだという小倉さんは、「ハイタッチ☆メモリー」と「Honey♥Come!!」では持ち味のキュートな一面を爆発させていたのだった。

 

アニサマならではの演出の壮大なスケールを感じたのが黒崎真音さんで、「Magic∞world」で登場した黒崎さんが天にかざした手の先には、映像で強大なエネルギーを感じさせる光球がスパークするような演出が。そして黒崎さんが今日だけのアニサマバージョンと強く強調した「VERMILLION」では、なんとTVアニメ「DRIFTERS」に登場する”漂流者”島津豊久と“廃棄物”土方歳三に扮した役者たちが殺陣を披露。アニサマの広いメインステージの端から端まで駆けて剣戟をかわす宿敵同士と、歌っている黒崎さんがステージ上で交錯するような、他では見ることができないエンターテインメントステージだった。

 

作品ユニット、声優ユニットとして2年ぶり6回目の出演となるミルキィホームズは、「ミルキィ100ワールド」からはじまるカードゲーム曲メドレーを披露。ライブコンセプトの「THE CARD」にかけていると同時に、これは声優ユニット、アーティストとして積み重ねてきたミルキィホームズの歴史そのものでもある。初めて他作品に楽曲を提供した「泣き虫TREASURES」がメドレー中に2回登場したことからも、思い入れの強さがうかがえた。

 

しかし、ファンとしてはやはり作品としての「ミルキィホームズ」楽曲も聴きたいもの。アニメ楽曲から1曲を選ぶならやはりこの曲しかないのが「正解はひとつ!じゃない!!」だ。原点の楽曲ではあるものの、パフォーマンスのクオリティと新衣裳をまとった姿は、最新最強のミルキィホームズ。橘田さんのコーンロウ風の攻めた髪型や、佐々木さんの後ろでゆったり結わえた髪のウェービー感など、個性際立つ装いも印象的だった。

 

予想外の、それも生身のパフォーマンスで会場を圧倒したのがZAQさんだった。ピンと緊張感の漂う会場に流れ始めたのは、口笛の旋律。ZAQさん自身の口笛をマイクに乗せて「Last Proof」に突入したのだが、途中から追随したハードなバンドサウンドに乗って踊り狂いながら口笛を奏で続ける姿は見たことのない新体験だ。同時にこの本番一発勝負で口笛の激しい旋律で客席の心をつかむ度胸と圧倒的な肺活量にも度肝を抜かれた。そして圧倒的な情念とテンション、それを支えるパワーのこもった「Alteration」からは、ZAQさんがアニサマにかける強い想いが伝わってきた。

 

手に汗握るようなヘビー級のステージに熱狂する会場だったが、スクリーンに「中二病でも恋がしたい!」の凸守早苗が登場すると、大歓声が期待の色に染まる。続いて小鳥遊六花が映し出されれば、前半ラストはこのコラボしかない。両キャラクターを演じる内田真礼さんと上坂すみれさんが登場すると、ZAQさんと共に「Sparkling Daydream」を熱唱! 白いエンジェリックな装いの内田さんと黒のゴシックな衣裳の上坂さんの対比も印象的だ。

 

背後のスクリーンにはアニメ「中二病でも恋がしたい!」のオープニング映像が映し出され、六花が指先をくるくるさせる印象的なシーンでは3人揃って指先を回す演出も。六花がカメラにお尻を向けてぴょんぴょんハネる場面では、ZAQさんが誰よりもノリノリに映像再現していたのが印象に残った。

 

「Sparkling Daydream」は歌い手、作り手としてのZAQさんの存在を世に知らしめた楽曲であり、初日から続いた京アニ作品楽曲のスペシャルコラボの流れでもある。最終日前半を締めくくるにふさわしい、ハッピーで夢のようなサプライズだった。

 

(取材・文/中里キリ)

 

●「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」

2017.08.27.3日目前半セットリスト

M01:crossing field〜Chase the world/LiSA×May'n

M02:Inner Urge/上坂すみれ

M03:踊れ!きゅーきょく哲学/上坂すみれ

M04:Beyond The Dream/アイドルマスター SideM

M05:MOON NIGHTのせいにして(DRAMATIC STARS)〜HIGH JUMP NO LIMIT(High×Joker)〜Study Equal Magic!(S.E.M)/アイドルマスター SideM

M06:DRIVE A LIVE/アイドルマスター SideM

M07:ステラブリーズ/春奈るな

M08:アイヲウタエ〜君色シグナル/春奈るな

M09:Starry Wish/水瀬いのり

M10:アイマイモコ/水瀬いのり

M11:キミの花/奥華子

M12:ガーネット/奥華子

M13:Future Strike/小倉唯

M14:ハイタッチ☆メモリー〜Honey♥Come!!/小倉唯

M15:Magic∞world/黒崎真音

M16:VERMILLION/黒崎真音

M17:ミルキィ100ワールド〜泣き虫TREASURES〜カードゲームしよ!〜

Pleasure Stride〜泣き虫TREASURES/ミルキィホームズ

M18:正解はひとつ!じゃない!!/ミルキィホームズ

M19:Last Proof/ZAQ

M20:Alteration/ZAQ

M21:Sparkling Daydream/ZAQ feat.内田真礼&上坂すみれ

 

© Animelo Summer Live 2017/MAGES.

 

画像一覧

  • LiSA×May'nの“切り札”コラボで幕開け! –「アニサマ2017」3日目前半戦レポート

  • LiSA×May'nの“切り札”コラボで幕開け! –「アニサマ2017」3日目前半戦レポート

  • LiSA×May'nの“切り札”コラボで幕開け! –「アニサマ2017」3日目前半戦レポート

関連リンク

アニメニュースの新着ニュース

「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン 夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン 2018 冬アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン
  • 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ