アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

アキバ総研 | 2017年08月28日 21:39
アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

2017年8月25日~27日、世界最大のアニメソングの祭典「Animelo Summer Live(アニメロサマーライブ:通称「アニサマ」) 2017 -THE CARD-」がさいたまスーパーアリーナにて開催された。今回は2日目後半戦から、個人的な注目ポイントにフォーカスしながらレポートしていく。
⇒1日目前半の様子はこちらの記事でご覧になれます。
⇒1日目後半の様子はこちらの記事でご覧になれます。
⇒2日目前半の様子はこちらの記事でご覧になれます。



前半戦は女性声優アーティストや、アニソンを歌う女性ユニットがズラリと並んだ印象の2日目。後半はといえば、近いジャンルがひとつとしてなく、それでいてそれぞれが「切り札」にも思えるほどの強烈なラインアップが並ぶ。特筆すべきはやはり、サプライズゲストの氷川きよしさんだろう。氷川さんは現在放送中の「ドラゴンボール超」OPテーマ「限界突破×サバイバー」と、「ドラゴンボール」つながりで「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のカバーを披露。氷川さんは普段の演歌歌手ではなく、まるでロックスターのような出で立ちで登場し、観客を驚かせた。
MCでは、元々はポップスばかり聴いていたのが、ボーカル教室講師の老人の懇願にほだされて演歌を歌い始めたエピソードをウィットに富んだ口調で披露。また氷川さんが自身の代表曲「きよしのズンドコ節」の一節を披露すると、観客席からは大きな「きよし」コールの合いの手を入れるという一幕も。アニサマ会場のあまりの暖かさに驚きを隠せない氷川さんだった。

後半戦オープニングの「キラキラ プリキュアアラモード」タイムは、駒形友梨さんがOPテーマ「SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード」、宮本佳那子さんが後期EDテーマ「シュビドゥビ☆スイーツタイム」を披露。ステージを世界一大きいプリキュアソングステージに変える。駒形さんの安定した甘く伸びやかな歌声が、後の「アイドルマスター ミリオンライブ!」のステージの時とは違う「プリキュア歌手」モードなのが面白い。
前期EDテーマ「レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」は、キラキラ☆プリキュアアラモードサマーセッションとして、声優陣と駒形、宮本が揃ってステージへ! 「まいんちゃん」でおなじみの福原遥さんや元宝塚歌劇団の森なな子さん、水瀬いのりさんや藤田咲さんといった人気声優などバラエティ豊かな顔ぶれがプリキュアの衣裳に身を包んでステージで歌い踊る光景はまさに夢の世界だった。


プリキュアワールドに続けて登場した鈴村健一さんは「プリキュアの次は、おじさんです!」のひと言が生む笑いで会場の注目と空気を自分に向けると、「HIDE-AND-SEEK」でさわやかな笑顔と深い表現力でみるみる観客の心をつかんでいく。鈴村さんがライブで磨き上げてきたアンセム「SHIPS」で、客席がひとつになって叫ぶ頃には単独ライブ会場のような空気があたりを包み込んでいた。
鈴村さんは歌の中で見せる仕草や表情のひとつひとつが魅力的。希望に満ちた船出の喜びを表情で、全身で伝えるさまは表現者として、人間としての厚みが違う!と感じさせてくれた。


羽多野渉さんと鈴村さんのコラボで披露された「英雄」は「ウルトラマンネクサス」のOPテーマであり、鈴村さんが大好きな特撮ソングだ。共演者の羽多野さんが驚くほど楽しそうに、瞳を輝かせながら歌う鈴村さんの姿からは、特撮が、歌が大好きでたまらないことが伝わってきた。


前のステージがどんなに強烈でも、蒼井翔太さんの世界はゆるがない。「キミに捧げる鎮魂歌」と「DDD」という彼にとっての切り札を切った蒼井。その空気感は唯一無二! 
「キミに捧げる鎮魂歌」でドキっとするほどのキュートさと、クールな低音のサビを自在にコントロールし、最後は声優としての技を込めた「かにのみそしる」で全てを持っていく。「これぞ蒼井翔太!」というステージだった。


そんな強烈な世界を、今度はfhánaのスーパーハイトーンボイスがあっという間に別の色に塗り替えていくのが今日のアニサマ。このステージで特にエンターテインメント性が強かったのが「青空のラプソディ」だ。この曲ではfhánaの結成の場がメイド喫茶だったこと、そして同曲がOPテーマである「小林さんちのメイドラゴン」にちなんでtowanaさんがメイド姿に変身。ステージにカフェが出現すると、多数のメイドダンサーたちとメンバーが入り乱れてのお祭り騒ぎを繰り広げたのだった。

後半戦は、コラボも特に印象深い。茅原実里さんと三森すずこさんは「Minorin×Mimorin」として「Don't say"lazy”」を披露。2人は単なるコラボに留まらず、茅原さんが青の衣装、三森さんが赤の衣装に実を包み、まるで新たな声優ユニットのよう。
2人が向かいあってテンションを高めあう様子は、温度が違う炎が吹き上がるようだ。茅原さんは時に妖艶に、三森さんはよりソリッドでかっこよく、それぞれのソロステージとは違った色を見せてくれたのが、演者と楽曲がぴたりかみあったコラボの妙味だった。


そしてスフィアとi☆Risによる、通称“アイリスフィア”のコラボは、アニサマ、声優ユニットの歴史において特別な出来事として記憶されるのではないだろうか。メンバーをシャッフルして、2つのゴンドラに分かれて「おジャ魔女カーニバル!!」を歌ったアイリスフィア。そのパフォーマンスは明るくハッピーのひと言なのだが、幾度もアニサマのステージを踏み、磨き上げられてきたユニットたちだけが持つメジャー感と華やかさ。スフィアがツアー終了後に充電期間に入ることもあり、まさに一期一会と思える夢のコラボだった。


個性のるつぼのようなライブ会場、アニサマという世界最大級のアニソンステージを、自分たちのシアターに変えてしまったのが「アイドルマスター ミリオンライブ!」より登場した「ミリオンスターズ」の15名だ。
山崎はるかさん、田所あずささん、Machicoさん、愛美さん、麻倉ももさん、雨宮天さん、伊藤美来さん、上田麗奈さん、木戸衣吹さん、駒形友梨さん、諏訪彩花さん、高橋未奈美さん、夏川椎菜さん、村川梨衣さん、渡部優衣さんという顔ぶれを見ると、アニサマ出演アーティストとしての顔を持つメンバー、アニサマの観客になじみ深いメンバーが多い。アーティストとしての彼女たちとはまた違う「アイドル」としての輝き、新たな一面を見せてくれているのを感じる。


メドレー構成主体のセットリストは、「ミリオンライブ!」をまだ知らないファンを魅了する意志で満たされた、本作のライブのとびっきりおいしいところだけを集めたようなアニサマスペシャル仕様だ。諏訪彩花さんの「カーニヴァル・ジャパネスク」や村川梨衣さんの「Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!」の途方もないエネルギーとテンション感は予備知識を必要としないし、高橋未奈美さんが馬場このみとして歌う「dear…」はキャラクター性と異次元の歌唱力を併せ持った芸術品だ。
ユニット曲も、「Shooting Stars」に田所さん、雨宮さん、駒形さんというボーカル特化チームに麻倉ももさんを混ぜてくるのが心にくい。ふわふわかわいいイメージの強い麻倉さんが、クールなかっこいい系の曲ではソリッドで凛とした姿を見せることは「ミリオンライブ!」のライブで見つける新鮮な驚きのひとつだからだ。


愛美さんは、「ミリオンライブ!」の大場所、勝負どころのライブにしばしば起用されるまさに切り札的な存在だ。頬に星を宿した愛美さんがギターをひとつかきならした瞬間、世界は彼女のものになる。そして愛美ソロの「プラリネ」から「アイル」という流れは、ミリオンの長い歴史の中でただ一度だけ披露されたまさに切り札だ。
この2つの曲に特別な意味を与えたのは、ゲッサンコミック版「アイドルマスター ミリオンライブ!」で描かれた3人の少女たちの物語だ。その物語は観客の多くには共有されていないだろうが、それでも、瞳いっぱいに涙を溜めながら、魂を込めたボーカルを叩きつけるMachicoさんの姿。そしてそれをギターでサポートしながら、見たこともないほどやさしくて深い、魅力的な表情を浮かべる愛美さんの姿。そこから彼女たちが大切にしている「何か」が多くの観客に伝わったと信じたい。


初めて見る人にも魅力がダイレクトに伝わる、魅力を凝縮したセットリスト。人も、曲も、まさに切り札だが、彼女たちの背後に降り注ぐ黄金の星々の映像は、36人と1人のアイドルがステージに集結した3月の日本武道館で使われていたものだ。彼女たちはアイドル全員の想いを背負ってそこにいた。
ラストの曲は、「ミリオンライブ!」という作品の新たな幕を開くゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」のテーマソング。「ミリオンライブ!」を、夢の続きを見たいのならば劇場に来てほしい。そんなメッセージを感じる一夜限りのシアターがそこにあった。


多様性と混沌に満たされたライブを締めくくったのは、オープニングに引き続き登場したfripSideだ。2009年に南條愛乃さんが加入し、2010年のアニサマに初出演したfripSideは、アニサマと共に成長してきたユニットと言ってもいい。
「black bullet」では、「天誅ガールズ」としてバックダンサーを務めたLuce Twinkle Wink☆に、アニサマのトリを務めるアーティストの背中を見せ、「The end of escape」でangelaとコラボして、アニサマの歴史を担う本物同士が歌声と魂をぶつけあうすごみを我々に見せつけたfripSide。彼らがラストソングに選んだのは「only my railgun」。2010年のアニサマでfripSideが最初に歌った、始まりを告げる弾丸だった。


この曲が主題歌に使われた「とある科学の超電磁砲」の最初の放送からはや8年。だが本当の力を持った楽曲とアーティストの存在は、決して色あせることはない。fripSideという存在を世界に知らしめた伝説の楽曲は、熱狂に燃え上がるさいたまスーパーアリーナを一直線に撃ち抜いた。


【取材・文:中里キリ】

●「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」
2017.08.26.2日目後半セットリスト
M22:SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード/駒形友梨
M23:シュビドゥビ☆スイーツタイム/宮本佳那子
M24:レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム/キラキラ☆プリキュアアラモード サマーセッション
M25:HIDE-AND-SEEK/鈴村健一
M26:SHIPS/鈴村健一
M27:英雄/鈴村健一×羽多野 渉
M28:Don't say "lazy”/Minorin Mimorin (茅原実里×三森すずこ)
M29:キミに捧げる鎮魂歌/蒼井翔太
M30:DDD/蒼井翔太
M31:ムーンリバー/fhána
M32:Hello!My World!!/fhána
M33:青空のラプソディ/fhána
M34:おジャ魔女カーニバル!!/スフィア×i☆Ris(アイリスフィア)
M35:限界突破×サバイバー/氷川きよし
M36:CHA-LA HEAD-CHA-LA/氷川きよし
M37:Dreaming!/アイドルマスター ミリオンスターズ
M38:PRETTY DREAMER(山崎、夏川、渡部優衣)~カーニヴァル・ジャパネスク(諏訪)~Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!(村川)~Eternal Harmony(上田、木戸、伊藤)/アイドルマスター ミリオンスターズ
M39:dear…(高橋)~プラリネ(愛美)~アイル(Machico、愛美)~Shooting Stars(田所、雨宮、駒形、麻倉)/アイドルマスター ミリオンスターズ
M40:Brand New Theater!/アイドルマスター ミリオンスターズ
M41:black bullet/fripSide(ダンサー出演:Luce Twinkle Wink☆)
M42:The end of escape/fripSide×angela
M43:clockwork planet/fripSide
M44:only my railgun/fripSide
M45:Playing The World/アニサマ2017出演アーティスト

(C)Animelo Summer Live 2017/MAGES.
※画像の無断転載禁止

画像一覧

  • アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

  • アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

  • アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

  • アニサマを貫いた始まりの弾丸! 「アニサマ2017」2日目後半戦レポート

アニメニュースの新着ニュース

「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン 夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン 2018 冬アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン
  • 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ