5年間のお待たせ! 実力派バンド la la larksが、待望の1stアルバムをリリース

2017年08月29日 12:000
5年間のお待たせ! 実力派バンド la la larksが、待望の1stアルバムをリリース

la la larksらしさが詰まったリード曲「Massive Passive」


── アルバムタイトルの「Culture Vulture」には、“偽文化人”とか“教養マニア”という意味があるそうですね。

内村 ちょっと斜めを行っている感じが、la la larksらしくていいなと思って、そのタイトルに決めました。

── 1曲目の「Massive Passive」は音感が似ていて、アルバムタイトルを意識して付けたのかなと思いました。

内村 「Massive Passive」はアルバムのトップを飾る曲であり、今回新たに作った曲なので、アルバムタイトルに負けない強い印象がほしくて。実は、両方とも元ネタがあるんですけど、それは内緒にしておきます(笑)。

── 「Massive Passive」は、「ego-izm」、「ハレルヤ」といった2枚のシングルと方向性を同じくする曲だと感じました。

内村 はい。アルバムの顔となる曲を作るにあたって、la la larksのパブリックイメージに沿った、速くて、ダークで、弦が入ったロックにしようと。苦しさ、暗さがある冒頭から、曲が進むにつれて、希望を感じさせるメロディやアレンジになっています。

── 作詞は内村さんですが、どのようなテーマで書いたのでしょうか?

内村 「Massive Passive」は意訳すると、“どっしりと受け止める”みたいな意味で、それがそのまま歌詞のテーマですね。苦しさも辛さも受け止めたうえで、より良く在ろうという内容です。そこに人生の本質があるのかなと思いました。


── サウンド的には、2曲目の「色彩 -Album Ver.-」との繋がりが、すごくいいと思いました。

内村 図らずも、そうなりました(笑)。

── 「色彩」は、もともとla la larksが坂本真綾さんに提供した曲ですね。それを、シングル「ハレルヤ」のカップリング曲としてセルフカバーされて、今回はさらに、アルバムバージョンになりました。

内村 真綾さんがコーラスに参加してくださいました。ボーカルとオケはそのままで、コーラスのみが新録なんです。私たちにとっては、真綾さんが「新たに歌い直します」とおっしゃってくださったのがうれしかったですね。

── 坂本さんのレコーディングはいかがでしたか?

内村 「難しいー」って言いながら、驚異のピッチ感で歌っていました。「全然大丈夫です、ばっちりです」って、私たちは返して。

── シングル「ハレルヤ」のカップリング曲では、もう1曲、「Q And A」も入っていて、こちらもアルバムバージョンになっていますね。

内村 シングルの時は、2曲目の「Q And A」と3曲目の「色彩」が、途切れることなく繋がっているようなアレンジになっていたんです。「Q And A」のアルバムバージョンはアウトロを変えて、曲がしっかり終わっている印象になりました。

画像一覧

  • 5年間のお待たせ! 実力派バンド la la larksが、待望の1stアルバムをリリース

関連作品

空戦魔導士候補生の教官

空戦魔導士候補生の教官

放送日: 2015年7月8日~2015年9月23日   制作会社: ディオメディア
キャスト: 松岡禎丞、山本希望、東山奈央、野水伊織、種田梨沙、山田悠希、藏合紗恵子、柿原徹也
(C) 2014 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

M3 ~ソノ黑キ鋼~

M3 ~ソノ黑キ鋼~

放送日: 2014年4月21日~2014年9月29日   制作会社: サテライト
キャスト: 松岡禎丞、日笠陽子、小岩井ことり、前野智昭、矢作紗友里、柿原徹也、福圓美里、村瀬歩
(C) 佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!