アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

アキバ総研 | 2017年07月07日 19:20
アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

2017年6月30日(金)と7月1日(土)、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」が開催された。オフィシャルレポートが到着したので紹介する。



【オフィシャルレポート】

<Anisong World Matsuri 2017 ~Japan Kawaii Live~>
日本のカワイイアニソンアイドルが国境と次元を越えてLAで満員ライブ



2017年6月30日(金)、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで“Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Kawaii Live~”が開催された。

このイベントは北米最大級のアニメコンベンション<ANIME EXPO 2017>内で開催され、世界中のアニソンファンに日本での公演と変わらないハイクオリティなライブステージを楽しんでもらうため、日本を代表するエンタテインメント企業がタッグを組みプロデュースした。Aqours、JUNNA & Minori Suzuki from Walkure、アイドルマスター シンデレラガールズ、Wake Up, Girls!の4組のアニソンアーティストが出演。ソールドアウトした公演は7,000人の観客を前に迫力あるパフォーマンスを繰り広げ、日本のアニソンを中心としたステージで現地ファンを熱狂させた。

開演前から会場の外にあるグッズ販売コーナーではイベントのTシャツや出演者のCD・グッズなどが販売され、場内では日本と変わらない熱気でアニメグッズやTシャツを着用する外国人ファンがほとんどだった。

トップバッターはアイドルマスター シンデレラガールズ。飯田友子(速水奏役)、五十嵐裕美(双葉杏役)、黒沢ともよ(赤城みりあ役)、髙野麻美(宮本フレデリカ役)、松嵜麗(諸星きらり役)、佳村はるか(城ケ崎美嘉役)6名がアイドルマスターとして初めて、ステップを踏みながら北米のステージに立った。スタートは全員による「Star!!」、続いて「GOIN'!!」。自己紹介やアニメの振り返りを行ったショートMCの後に「夢色ハーモニー」「Yes! Party Time!!」、TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』の主題歌からPS VR「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」の主題歌まで、観客の気分が一気に高まった。最後にシンデレラガールズの代表曲ともいえる「お願い!シンデレラ」が歌われて、パートは終了した。

続いてステージに姿を現したのはWake Up, Girls!の7人。「タチアガレ!」と「少女交響曲」2曲続けての披露の後、観客へ今日のために英語で覚えた挨拶を挟んだ。MCの声が聞こえないほどの大歓声のなかで続いては「恋?で愛?で暴君です!」「Beyond the Bottom」「7 Girls War」と人気楽曲をキュートに歌い上げ。激しくも息の合ったダンスで観客を魅了しつつ、ラストの「極上スマイル」まで、息もつかせぬ魅惑のステージを繰り広げた。コミカルなダンスはミュージカルを思わせるような豊かなパフォーマンスであった。

次に登場したのはワルキューレを代表するJUNNAと鈴木みのりの2人。自らの誕生のきっかけとなった『マクロスΔ』の曲「恋!ハレイション THE WAR」を歌うと場内のサイリウムで会場が覆われる。続けてキラーチューン「いけないボーダーライン」を歌った後2人は自己紹介。グループ初となる海外ライブを背負って、2人は精一杯の英語を披露した。会場は声援の声が鳴り響いていたあとに続くのは「いけないボーダーライン」と「僕らの戦場」、「一度だけの恋なら」。2人は堂々と歌声を響かせる。ラストを飾るのは「ルンがピカッと光ったら」、会場もコールで参加し大盛り上がりで2人は自らのパートを終えた。

そして「Japan Kawaii Live」のトリを飾るAqoursのステージへ。キャスト9人がステージに上がると、客席からの歓声がひときわ大きく響く。「青空Jumping Heart」を披露したところでステージ中央の巨大スクリーンにはTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』映像が映し出され、場内の興奮度はMAXに達し、これまでで最も大きな雄叫びが鳴り響いていた。メンバーによる自己紹介とMCは、逢田梨香子と諏訪ななかが中心となって一生懸命英語で進行し、その姿は海外のファンに健気に映っていた。MCでメンバーの自己紹介を披露し、盛り上がりつつ、「君のこころは輝いてるかい?」「恋になりたいAQUARIUM」を熱唱。スクリーンに映し出されるアニメPVとのリンクが、さらに会場を盛り上げていき、TVアニメ第13話の挿入歌「MIRAI TICKET」と、「ユメ語るよりユメ歌おう」でステージを締めくくった。

出演者がステージから降りた後、ファンからは大きくアンコールが始まった。ここで再び本日の出演者が全員ステージに登場。最後は全員で「サンキュー!」と来場者に感謝。Anisong World Matsuriの初めてのMicrosoft Theater初日公演が幕を閉じた。

 

翌日は、アニソンアーティストが生バンドでパフォーマンスする「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Super Live」が同じくMicrosoft Theaterで行われた。

Anisong World Matsuriは更に、7月22日には中国上海のメルセデス・ベンツ・アリーナ―の公演を控えて、こちらはすでにソールドアウト。
そして夏の最後の公演はワシントンにて、8月11日と12日に、FLOW、T.M.Revolution、妖精帝國とJAM Projectが出演するAnisong World Matsuri at Otakon 2017!が開催予定となっている。

【セットリスト】

<アイドルマスターシンデレラガールズ>
Star!!
GOIN'!!
夢色ハーモニー
Yes! Party Time!!
お願い!シンデレラ

<Wake Up, Girls!>
タチアガレ!
少女交響曲
恋?で愛?で暴君です!
Beyond the Bottom
7 Girls War
極上スマイル

<JUNNA & 鈴木みのり from ワルキューレ>
恋!ハレイション THE WAR
いけないボーダーライン
僕らの戦場
一度だけの恋なら
ルンがピカッと光ったら

<Aqours>
青空Jumping Heart
君のこころは輝いてるかい?
恋になりたいAQUARIUM
MIRAI TICKET
ユメ語るよりユメ歌おう
Information

画像一覧

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

  • アニソンは国境を越える! 「Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017」オフィシャルレポート

関連作品

アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ

放送日: 2015年1月9日~2015年4月10日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、黒沢ともよ、上坂すみれ、大空直美、内田真礼、山本希望、青木瑠璃子、洲崎綾、五十嵐裕美、高森奈津美、大坪由佳、松嵜麗、武内駿輔
(C) BNGI/PROJECT CINDERELLA

Wake Up,Girls!

Wake Up,Girls!

放送日: 2014年1月10日~2014年3月28日   制作会社: Ordet/タツノコプロ
キャスト: 吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑、大坪由佳、加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃、浅沼晋太郎、日髙のり子、戸松遥、花澤香菜
(C) Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会

マクロスΔ(デルタ)

マクロスΔ(デルタ)

放送日: 2016年4月3日~2016年9月25日   制作会社: サテライト
キャスト: 内田雄馬、鈴木みのり、瀬戸麻沙美、小清水亜美、安野希世乃、東山奈央、西田望見、森川智之、内山昂輝、川田紳司、石塚運昇、石川界人、木村良平、KENN、遠藤大智、拝真之介、峰岸佳、てらそままさき、寺崎裕香
(C) 2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブ!サンシャイン!!

放送日: 2016年7月2日~2016年9月24日   制作会社: サンライズ
キャスト: 伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗、斉藤朱夏、小林愛香、高槻かなこ、鈴木愛奈、降幡愛
(C) 2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

放送日: 2006年4月2日~2006年7月2日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

蒼穹のファフナー

蒼穹のファフナー

放送日: 2004年7月4日~2004年12月26日   制作会社: ジーベック
キャスト: 石井真、松本まりか、喜安浩平、松来未祐、入野自由、新井里美、斎賀みつき、白石稔、仲西環、小林沙苗、堀秀行、田中正彦、中田譲治、葛城七穂、河相智哉、小山力也、石川静、高瀬右光、玉川砂記子、ゆかな、篠原恵美、沢海陽子
(C) XEBEC・竜宮島役場

シドニアの騎士

シドニアの騎士

放送日: 2014年4月11日~2014年6月27日   制作会社: ポリゴン・ピクチュアズ
キャスト: 逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、櫻井孝宏、金元寿子、喜多村英梨、大原さやか、坪井智浩、子安武人、新井里美、田中敦子、森なな子、本田貴子、鳥海浩輔、佐倉綾音、阪脩、小山力也
(C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

関連リンク

2018 冬アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 「捏造トラップ-NTR-」キャストサイン入り台本プレゼント
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」キャストサイン入り台本プレゼント
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ