【AnimeJapan2017】小野大輔ら登壇、アフレコ現場の会話も披露! 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー」イベントレポート

アキバ総研 | 2017年04月10日 18:28
【AnimeJapan2017】小野大輔ら登壇、アフレコ現場の会話も披露! 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー」イベントレポート

劇場用アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のトークイベントが、2017年3月26日(日)、「AnimeJapan2017」オープンステージで行われた。本作はSFアニメの金字塔をリメイクしてヒットした「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編にあたり、全7章のうち第1章「嚆矢篇」が2週間限定で上映&大好評となった注目作だ。登壇したのは主人公・古代進役の小野大輔さん、監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さん。MCのアニメライター・小林治さんの進行により、舞台裏エピソードも交えた軽妙なトークを繰り広げられた。
【随時更新中!】「AnimeJapan 2017」特集!



まずおさらいのため上映されたのが、公式配信中のPV「内田彩の4分でわかる宇宙戦艦ヤマト2199【完全版】~road to 2202~」。メインキャラの1人である岬百合亜役・内田彩さんのハイテンションかつ早送り気味なナレーションで、前シリーズのストーリーを手短に紹介する内容だが、敵・ガミラスとの艦隊戦に敗れ地球が危機に瀕するシーンを見ながら小野さんが「ポップだなぁ、随分! ナレーションとこの感じが合ってない」「……で、でもわかりやすい!」とつぶやくと、観客席からも笑いが起きた。

 

続いて、第1章の冒頭12分を上映しながら生オーディオコメンタリーが行われた。それに先立ち、福井さんはかつてないほどの観客の女子率に驚きつつ、「今まで宇宙戦艦ヤマトのヤの字も知らない人は、どのくらいいらっしゃいますか?」と確認。想定より少なかったが、実は初心者にもわかりやすいように「専門用語は封印してコメントしよう」と打ち合わせしていたそうで、「前提を崩されてちょっと動揺しているけれど、もうこのまま進めます」と敢行することに……。

 

福井さんと羽原監督は本作の敵・ガトランティスを「悪いヤツ」、「2199」で敵だったガミラスを「前の悪いヤツ」などと表現。すると小野さんも古代のことを「地球のいいヤツ」と言い出した。さすがにキャラ名は出してOKだったのだが、なぜかその後も恋人である森雪を「メインヒロイン」と表現するなど、あえて回りくどい言い回しにこだわった。ほかにも「ワープは一般用語なので大丈夫?」「拡散するすごいビーム」などなど、なんともふんわりしたコメントが続いたため、終了後には羽原監督も「今のでよかったんですかね?」と苦笑気味だったが、初心者はもちろん、すでに知っているファンにも楽しい解説になった。

 

続くキャラクター紹介で小野さんは、「2199」では兄や恋人のことで悩む場面が多かった古代のことを「うじうじクソ野郎ですから」とやや辛辣に評しつつも、前作での旅を終えてから艦長としての覚悟ができたと感じているそうで、「もっと好きになりました。男としてかっこいい」と愛着をのぞかせた。森雪については、作中で3年が経過、婚約もしているためラブラブなシーンもあるという。羽原監督が「雪との関係もだんだんと紡いできているでしょうから」と話すと、小野さんはアフレコ時にキャスト仲間たちと「2人が婚約したのは吊り橋効果だったんじゃないの?」という話をしていたと爆弾エピソードも披露。それに対する福井さんの、吊り橋じゃないというのを確認するための3年間だったという解釈には、一同「なるほど」とうなずいていた。

 

さらにサブタイトルにちなんだ3つのキーワードをテーマにトークが続く。1つ目は「愛のスタッフたち」。羽原監督は「僕らの年代が揃っていますから、どんだけヤマトが好きか、自慢しながら作画してる感じです」と、スタッフ陣の熱量をアピール。キャラクターへの愛により、その演技を見せたいということから、前作よりカメラがキャラに寄った構図が多くなったという演出面の意図も解説。2つ目は「愛のキャストたち」。小野さんは、相棒の島大介役・鈴村健一さんが「俺にも恋人ができないかな」と話すなど、収録現場でも「自分のキャラは誰とくっつくんだろう?」と話題になっていることを明かした。ベテランから若手まで、前作を前提にどうこうではなく今のヤマトを好きでいてくれるからこそ、そんなことも本気で言えるのだと、キャスト陣のヤマト愛について熱弁した。3つ目は「愛のファンたち」。第1章は全国15館での2週間限定上映にも関わらず、動員数8万人、興行収入1億円という異例の大ヒットだったという。羽原監督、小野さん、福井さんが、あらためてファンへの感謝を述べると、会場からは温かい拍手が送られたのだった。

 

最後に登壇者から、本当にヤマト愛に満ちたスタッフ全員で作っているので応援をしてほしいと挨拶があり、小野さんが「みんな、ヤマトに乗れ!」と、沖田艦長の名台詞を借りてイベントを締めくくった。

 

 

画像一覧

  • 【AnimeJapan2017】小野大輔ら登壇、アフレコ現場の会話も披露! 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー」イベントレポート

関連作品

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199

放送日: 2013年4月7日~2013年9月29日   制作会社: AIC/ジーベック
キャスト: 菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、伊勢文秀、高城元気、山寺宏一、秋元羊介、島香裕、宮本充、江原正士、玄田哲章、石塚運昇、小川真司、井上喜久子
(C) 2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

劇場版 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

劇場版 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

上映開始日: 2014年12月6日   制作会社: ジーベック
キャスト: 菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、千葉繁、藤原啓治、久川綾、田中理恵、佐藤利奈、内田彩、細谷佳正、平川大輔、土田大、チョー、伊勢文秀、関俊彦、高城元気、はらさわ晃綺、遊佐浩二、森谷里美、木島隆一、宮本充、石塚運昇、小川真司、玄田哲章、江原正士、井上喜久子、山寺宏一、秋元羊介、大塚明夫、若本規夫、堀勝之祐、伊藤静、青山穣、中村浩太郎、森田順平、茅原実里、広瀬正志、中田譲治、佐藤せつじ、辻親八、諏訪部順一、里卓哉、吉開清人、柿原徹也、たかはし智秋、三浦綾乃、島香裕、江川大輔、優希比呂、大川透、小野塚貴志、岡村明美、岡本信彦
(C) 西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

上映開始日: 2014年10月11日   制作会社: ジーベック
キャスト: 菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、千葉繁、藤原啓治、久川綾、田中理恵、佐藤利奈、内田彩、細谷佳正、平川大輔、土田大、チョー、伊勢文秀、関俊彦、高城元気、はらさわ晃綺、遊佐浩二、森谷里美、木島隆一、宮本充、石塚運昇、小川真司、玄田哲章、江原正士、井上喜久子、山寺宏一、秋元羊介、大塚明夫、若本規夫、堀勝之祐、伊藤静、青山穣、中村浩太郎、森田順平、茅原実里、広瀬正志、中田譲治、佐藤せつじ、辻親八、諏訪部順一、里卓哉、吉開清人、柿原徹也、たかはし智秋、三浦綾乃、島香裕、江川大輔、優希比呂、大川透、小野塚貴志、岡村明美、岡本信彦
(C) 2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

上映開始日: 2017年2月25日
キャスト: 小野大輔、桑島法子、大塚芳忠、麦人、赤羽根健治、國分和人、津田健次郎、てらそままさき、神谷浩史、手塚秀彰、神田沙也加
(C) 西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

2017 春アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 「BLAME!」プレゼントキャンペーン 「月がきれい」プレゼントキャンペーン
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「月がきれい」プレゼントキャンペーン
  • 「BLAME!」プレゼントキャンペーン
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2017 冬アニメ