投票締め切り迫る!「スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ」

アキバ総研 | 2016年10月20日 16:30
投票締め切り迫る!「スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ」

アキバ総研が運営するアニメポータル「あにぽた」では、現在、公式投票企画「スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ」(https://akiba-souken.com/anime/vote/v_634/)が開催中だ。


投票締め切りが明日10月21日(金)に迫ってきたが、現時点での投票ベスト10を発表しよう。


・スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ
 https://akiba-souken.com/anime/vote/v_634/

1位 「ハイキュー!!」(454票)
2位 「黒子のバスケ」(380票)
3位 「ダイヤのA」(177票)
4位 「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」(176票)
5位 「Free!」(153票)
6位 「Over Drive」(150票)
7位 「弱虫ペダル」(125票)
8位 「テニスの王子様」(91票)
9位 「DAYS」(82票)
10位 「灼熱の卓球娘」(73票)

(2016年10月20日 16:00時点)

 

現状1位なのは、2016秋アニメとしても「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」がスタートしているバレーボールアニメ「ハイキュー!!」だ。高校の運動部らしい、男だらけのクセのあるキャラクター達が、所狭しと暴れ回る様子は、男女それぞれから人気を集めている。「プロダクションI.G.」による高い作画力と、テンポのいい演出も見どころで、運動部系アニメの中でも高い人気となっている。


続く2位は、バスケットボールアニメの「黒子のバスケ」。今さら言うまでもないが、イケメン揃いの登場キャラクターは特に女子からの人気が高く、一種の社会現象になるほどの知名度を確立している。現在2位だが、1位の「ハイキュー!!」をかわしてトップになれるか注目だ。


さらに3位には野球アニメ「ダイヤのA」が、4位の「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」とわずか1票差で競る展開。それ以下の作品もまださほど票数が開いている状況ではないので、あと1日ではあるが、大逆転も十分可能な展開となっている。


投票回数は1人7票まで。皆さんの投票をお待ちしています。


・スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ
 →https://akiba-souken.com/anime/vote/v_634/

画像一覧

  • 投票締め切り迫る!「スポーツの秋!一緒に汗を流したい運動部系部活アニメ」

関連作品

ハイキュー!!

ハイキュー!!

放送日: 2014年4月6日~2014年9月28日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 村瀬歩、石川界人、日野聡、入野自由、林勇、細谷佳正、岡本信彦、内山昂輝、斉藤壮馬、増田俊樹、名塚佳織、神谷浩史、田中一成、浪川大輔、吉野裕行、中村悠一、梶裕貴、立花慎之介
(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会

黒子のバスケ

黒子のバスケ

放送日: 2012年4月10日~2012年9月25日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 小野賢章、小野友樹、木村良平、小野大輔、斎藤千和、細谷佳正、野島裕史、江口拓也、保志総一朗、鈴木達央
(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

ダイヤのA

ダイヤのA

放送日: 2013年10月6日~2015年3月29日   制作会社: プロダクションI.G/マッドハウス
キャスト: 逢坂良太、島﨑信長、花江夏樹、櫻井孝宏、細谷佳正、浅沼晋太郎、小野友樹、浪川大輔、森田成一、岡本信彦、下野紘、羽多野渉、松岡禎丞、檜山修之、内山夕実、東地宏樹、鳥海浩輔、梶裕貴、前野智昭
(C) 寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

放送日: 2016年1月5日~2016年3月22日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 木村良平、岡本信彦、花澤香菜、小野賢章、小野大輔、下野紘、諏訪部順一、置鮎龍太郎、宮野真守、平川大輔、江口拓也、鈴木達央、小野友樹、豊永利行
(C) 2015 FiFS/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/POSA製作委員会

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)