2016年8月28日から9月25日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2016年09月26日 12:450
2016年8月28日から9月25日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

Crucial「CT2050MX300SSD1」
59,700円(税込):テクノハウス東映
59,700円(税込):東映ランド

3D TLC NANDフラッシュを採用した、7mm厚/2.5インチSSD。

自社製(Micron)3D TLC NANDフラッシュと、Crucial カスタムファームウェアを搭載したMarvell「88SS1074」を採用することで、高いパフォーマンスと耐久性を実現。そのほか、システムの過熱を防止する「適応型熱保護テクノロジー」やSSDのパフォーマンスを向上させる「Momentum Cache」、AES 256bit暗号化などをサポートする。

主な仕様は、接続インターフェイスはSATA 6Gbps。シーケンシャル転送速度は、リード:530MB/s、ライト:510MB/s。ランダム転送速度が、リード:92,000IOPS、ライト:83,000IOPS。MTTFは150万時間、TBWが400TB。付属品として、7mm厚→9.5mm厚スペーサー、データ移行用ソフトのアクティベーションキーが同梱される。

【関連記事】
安価な容量2TB SSD Crucial「CT2050MX300SSD1」が販売中

画像一覧

  • 2016年8月28日から9月25日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2016年8月28日から9月25日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ