常時稼働する防犯用録画機器向けの3.5インチHDD「SkyHawk」がSeagateから! 10TBで実売5.4万円

アキバ総研 | 2016年08月27日 16:00
常時稼働する防犯用録画機器向けの3.5インチHDD「SkyHawk」がSeagateから! 10TBで実売5.4万円

Seagateから、監視カメラなどの常時録画機器向けの3.5インチHDD「SkyHawk」が登場。10TBモデル「ST10000VX0004」が発売された。



「SkyHawk」は、Seagateの内蔵HDDの新シリーズとして発表された「Guardian Series(ガーディアンシリーズ)」のラインアップの1つで、監視カメラなどの常時録画機器向けのSATA 6Gbps接続の3.5インチHDD。ImagePerfectファームウェアを搭載したことにより、多数のカメラからの映像を効率よく録画できるのが特徴。対応できるカメラの台数は最大64台。

Guardian Seriesではほかに、デスクトップユーザー向けの「BarraCuda」と、RAIDやNASシステム向けの「IronWolf」がラインアップされている。SkyHawkは、デスクトップドライブの3倍のワークロード年間180TBに耐えるうえ、8台以上のマルチドライブ構成もサポートしている(IronWolfは8台まで)。

主な仕様は、インターフェイスがSATA 6Gbps。キャッシュが256MB。内部転送速度は最大210MB/s。消費電力がアイドル時 4.42W/動作時平均6.8W。

価格は、以下のとおり。

Seagate「ST10000VX0004」
53,800円(税込):パソコンショップアーク

画像一覧

  • 常時稼働する防犯用録画機器向けの3.5インチHDD「SkyHawk」がSeagateから! 10TBで実売5.4万円

  • 常時稼働する防犯用録画機器向けの3.5インチHDD「SkyHawk」がSeagateから! 10TBで実売5.4万円

関連リンク