ネットギアの10GBASE-T対応スイッチ「XS708E」のマイナーチェンジ版が販売中! 「XS708E-100AJS」の後継機種

アキバ総研 | 2016年08月25日 20:01
ネットギアの10GBASE-T対応スイッチ「XS708E」のマイナーチェンジ版が販売中! 「XS708E-100AJS」の後継機種

NETGEARの10GBASE-T対応8ポートスイッチ「XS708E-200AJS」がオリオスペックにて販売中だ。



「XS708E-200AJS」は、2013年に発売された「XS708E-100AJS」の後継機種。

前モデルに比べて、レイテンシーが7μ秒未満→3μ秒未満(10GBASE-T)に強化されているほか、VLANが64→128に、QoSキュー数も4→8に倍増している。そのほか、ポートごとにブロードキャストストームの抑制(512kbps~512Mbpsの11段階)やレートリミット(512Kbps~512Mbpsの11段階)も可能だ。

主な仕様は、パケットバッファメモリ:2MB、スイッチングファブリック:160Gbps、パケットフォワーディング:119.0Mpps、レイテンシー:3μ秒以下(10G-10G)。

価格は、以下のとおり。

NETGEAR「XS708E-200AJS」
123,800円(税別):オリオスペック

画像一覧

  • ネットギアの10GBASE-T対応スイッチ「XS708E」のマイナーチェンジ版が販売中! 「XS708E-100AJS」の後継機種

  • ネットギアの10GBASE-T対応スイッチ「XS708E」のマイナーチェンジ版が販売中! 「XS708E-100AJS」の後継機種

  • ネットギアの10GBASE-T対応スイッチ「XS708E」のマイナーチェンジ版が販売中! 「XS708E-100AJS」の後継機種