アニメ映画「聲の形」、松岡茉優のアフレコレポートが到着! 主人公の小学生時代を熱演

アキバ総研 | 2016年08月10日 16:00
アニメ映画「聲の形」、松岡茉優のアフレコレポートが到着! 主人公の小学生時代を熱演

9月17日公開のアニメ映画「聲の形」より、松岡茉優さんのアフレコレポートが到着した。



「聲(こえ)の形」は、大今良時さんが週刊少年マガジンで2013年~2014年に連載していたマンガを原作としたアニメ作品。聴覚障害者へのいじめがテーマで、聴覚に障害を持つ少女といじめの中心人物だったことからクラスで孤立していく少年の物語。原作は手塚治虫文化賞新生賞、コミックナタリー大賞、このマンガがすごい!2015オトコ編第1位などを受賞した。監督は「けいおん!」「たまこラブストーリー」の山田尚子さん、脚本は「ガールズ&パンツァー」の吉田玲子さん、キャラクターデザインは「Free!」の西屋太志さん、制作は京都アニメーション。


今回、入野自由さん演じる主人公の小学生時代役を務める女優・松岡茉優さんのアフレコレポートが解禁に。松岡さん、山田監督、原作者・大今良時さんからコメントが寄せられた。



・石田将也(小学生)役 松岡茉優さん
声優のお仕事は3本目になるのですが、一番リアルに近かった作品で、普段実写でやっている役作りをしてみようと思いました。 役として石田将也君を見つめ直してみると、悪気のない純粋な将也君が見えてきました。 自分自身にとっても新しい試みで、はじめは声だけに演技を乗せるのがこんなに大変なのかとすごく悔しかったですが、 徐々に山田監督との信頼関係も築けたと思います。声優と俳優というお仕事に繋がる架け橋の兆しが見えた気がして、 本当に光栄です。将也君は私にとってかけがえのない少年になりました。

・山田尚子監督(京都アニメーション)
松岡さんが演じられていた役でとても大好きな役がありまして、小学生将也のことを考えたときに、その子のことがふあっと浮かびました。きっとこの時に自分の中では松岡さんの将也と握手していたのだな、と思います。彼女の中にあるたくさんの感受性のどんな部分から将也が生まれてくるのか、とても知りたくなってお願いしました。
<アフレコを終えての印象>
テイクを重ねる毎にたくさんの将也を見せてくださいました。松岡さんの中で将也がどんどん呼吸し始めて、動きまわっているのが手に取るように見えきて、本当にわくわくしました。その間、松岡さんはずっと将也と対話されているようでした。
途中、入野さんの将也の生の声を聴かれるタイミングがあったのですが、それからの松岡将也がまたすばらしくて。小学生の将也と高校生の将也がちゃんと同一人物として存在する形にしっくりなじませていかれました。
普段、声だけで芝居をすることはあまりされていないと思うので、いろいろと窮屈だったりしたと思うのですが、そのようなことを全く感じさせないようなものすごい感性とセンスを目の当たりにして、頭がくらくらしてしまいました…。

・大今良時さん(原作者)
<アフレコを終えての印象>
とても自然な演技だと思いました。投げ出すような感じというか、放り投げるような感じというか、本物の小学六年生のような喋り方が、私のイメージする子供時代の将也そのものでした。特に怒鳴った時の声がすごく魅力的でした。

画像一覧

  • アニメ映画「聲の形」、松岡茉優のアフレコレポートが到着! 主人公の小学生時代を熱演

関連作品

聲の形

聲の形

上映開始日: 2016年9月17日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優
(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

関連リンク

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)