アニメやメッセージを自作できるLED付きBluetoothスピーカー Divoom「AuraBox」が販売中

アキバ総研 | 2016年08月08日 16:59
アニメやメッセージを自作できるLED付きBluetoothスピーカー Divoom「AuraBox」が販売中

本体前面に搭載したLEDライトで自作したアニメーションやメッセージが表示できるBluetoothスピーカー「AuraBox」が、Divoomから発売中だ。




「AuraBox」は、本体前面にLEDライト(10×10ドット)を搭載した、ハンズフリー通話機能付きのBluetoothスピーカー。

LEDライトには音楽再生時にイコライザを表示できるほか、SNSの更新通知/時刻/温度表示/タイマーなども表示可能。さらに、専用アプリ(iOS、Android対応)を使用することで、ドット絵やアニメーション(8フレームまで)を製作することができるのが特徴だ。


主な仕様は、本体サイズが110(幅)×110(高さ)×50(奥行)mm。接続インターフェイスがBluetooth 4.0。受信距離は最大10m。スピーカーの出力が5W。再生周波数は60~20,000Hz、SN比が75dB、電源は内蔵バッテリー(2,000mAh)で、再生時間が最長6時間。充電時間は3時間。

価格は、下記のとおり。

Divoom「AuraBox」
7,980円(税込):パソコンショップ アーク


画像一覧

  • アニメやメッセージを自作できるLED付きBluetoothスピーカー Divoom「AuraBox」が販売中

  • アニメやメッセージを自作できるLED付きBluetoothスピーカー Divoom「AuraBox」が販売中

  • アニメやメッセージを自作できるLED付きBluetoothスピーカー Divoom「AuraBox」が販売中

関連リンク