タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

アキバ総研 | 2016年07月27日 19:55
タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

耐衝撃性や防水性を備えた、Wi-Fi対応のウェアラブルカメラ「DrivePro Body 20」(型番:TS32GDPB20A)が、Transcendから発売中だ。




「DrivePro Body 20」は、フルHD (1,920x1,080ドット)/30fps録画や、Wi-Fi機能を利用したiOS/Androidデバイスでのストリーミング再生に対応したウェアラブルカメラ。

同社によると、警察や警備活動での利用を考慮して開発された製品で、IPX4相当の防水性能や米軍落下試験規格「MIL-STD-810G 516.6-Transit Drop Test」相当の耐衝撃性を実現。さらに、録画中に本体前面のボタンを押すことでスナップショットを撮ることも可能だ。

主な仕様は、本体サイズが88.4×52.2×19.4mmで、重量は88g。動画解像度がフルHD (1,920x1,080) / 30fps。レンズは広角160°。ビデオフォーマットがH.264 (MOV:最大1,920x1,080/30fps)。ストレージ容量は32GB。バッテリー容量は1,530mAhで、録画時間は最大3.5時間となっている。

価格は、下記のとおり。

Transcend「DrivePro Body 20」(型番:TS32GDPB20A)
15,800円(税込):テクノハウス東映
15,800円(税込):東映ランド

画像一覧

  • タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

  • タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

  • タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

  • タフ仕様なWi-Fi対応ウェアラブルカメラ Transcend「DrivePro Body 20」が販売中

関連リンク