【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

アキバ総研 | 2016年06月02日 20:05
【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

【アキバこぼれ話】は、取材時にアキバ総研スタッフが見つけた、ちょっと気になるPCパーツやデジタルガジェットなどをご紹介する不定期連載コーナーです。




温度のログデータをスマートフォンで確認できる、Bluetooth対応のステンレスプローブ温度計ロガー「CT-621BT」が、東映無線ラジオデパート店にて販売中です。

「CT-621BT」は、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続することで測定データをグラフ表示したり、CSV形式でメール送信することができるというもの。センサー部分は-40℃~+300℃までの測定に対応した耐熱・防水仕様のため、各種製造過程の温度記録から、絶妙な温度管理が必要な料理など、幅広い用途に対応できます。

主な仕様は、センサータイプがサーミスタ・ステンレスプローブ。測定範囲は温度:-40~+300℃で、分解能が0.1℃。記録間隔は2秒~15分(2秒単位で設定可)で、本体記録可能ポイントは最大14,000ポイント(最短の2秒間隔の場合で7.8時間弱に相当)。通信距離が見通し最長10m(Bluetooth 4.0)。電源は単3形乾電池×2本で、電池寿命が約6か月。対応OSはiOS:7.1以上、Android:4.3以上。

サイズは、本体:約75×75×22 mm、プローブ:約φ4×90mm、コード:約83cm。重量が約122g (プローブ・電池含む)。

基本的には「お仕事向け」っぽい製品ですが、センサー部分が耐熱・防水仕様のため、植物栽培で土壌の温度記録を保存したり、揚げ物や低温調理時の温度管理に活用したりと、工夫次第でいろいろ楽しめそう。ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

価格は、9,720円(税込)です。

画像一覧

  • 【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

  • 【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

  • 【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

  • 【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

  • 【アキバこぼれ話】スマホでリアルタイムに温度が確認できるBluetooth対応データロガーが販売中

関連リンク