早見沙織、1stアルバム「Live Love Laugh」。全曲解説していただきました!

アキバ総研 | 2016年05月25日 12:00
早見沙織、1stアルバム「Live Love Laugh」。全曲解説していただきました!

個性の強い新曲が並ぶ、アルバムの中盤


──4曲目は新曲の「水槽」です。

早見 ソロでは今まで歌ったことのない曲調で、アップテンポの曲を歌ってみようと思って選びました。

──渡辺翔さんが作詞・作曲ですが、歌詞がひと癖ありますよね。

早見 翔さんの歌詞はいつも独特で、好きなんです。水槽の中の熱帯魚の視線で書かれた詞なんですけど、人間に置き換えることができて。「こういう気持ちってあるよね」と、共感できる詞になっています。水槽は閉ざされた空間なんですけど、ガラス張りなので、完全に閉鎖されていないという感じもあって。

──閉じ込められているけど、満たさせてもいるというような。

早見 抽象性が高い歌詞なので、いろいろ考えながら聴いていただけるとうれしいです。聴く時の状況によって、捉え方が変わってくるのかなと思います。楽曲も、デモ段階ではもう少し毒っ気があって。ポップなんですけど、それだけじゃない部分が多かったんです。それを倉内達矢さんに編曲していただく段階でポップに寄せましょうということになって、最終的にこの感じになりました。

──ずっとシンセが同じフレーズを奏でているのが中毒性があるというか、耳に残るんですよね。

早見 最初から最後まで鳴っていて、軽快なリズムが息つく間もなく続いているので、歌うのは大変でした。終盤にはギターソロも入って、わりとノリノリな感じの楽曲です。

──5曲目の「レンダン」はeyelisの川崎里実さんが作曲です。

早見 これも難しい曲でした。これはアルバム制作のかなり前に、プロデューサーさんから「こういう曲があるんですけど」と聴かせていただいていて。その時は、自分が歌うということを意識せずに「難しそうだけど、かっこいい曲ですね」なんて言っていたんです(笑)。その後、アルバムを作る段になって、「あの曲を入れませんか?」という話になり。デモは完成版に比べると、さらに個性が強い音色だったので、「どうなるんだろう?」というドキドキ感がありました。

──デモは、フラメンコ調だったそうですね。

早見 そうですね。アルバムのどこに入れたらいいんだろうと。でも、今回はアルバム全体のコンセプトを決めずに、いろいろな楽曲にチャレンジしてみようというのが最初の決まり事だったので、こういう曲もためらわずにやってみようということになりました。

──編曲は大久保薫さん。この段階で曲の印象が変わったんですね。

早見 楽器の音を変えて、少し雰囲気を変えていただきました。

──作詞は早見さんですが、ヨーロッパの町並みがイメージされていて、デモの世界観が、実は歌詞に残っているように感じました。

早見 初めてこの曲を聴いた時の印象が強かったので、そこを大事に書きました。編曲の段階で、間奏にアコーディオンの音色が入ったので、歌詞の風景もまたちょっと変わったかもと。

──「泡沫の刹那」とか「頬をなぞる旋律」とか、言葉の選び方に大人の恋の匂いがします。どういう発送から生まれた言葉なのか、気になりました。

早見 私の中からスッと出てきた言葉なので、説明しがたいんですけど、詞が生まれたきっかけはありました。仕事の帰りに、地下鉄の出口付近を歩いていて、「この風景、いいかもしれない」と思ったんです。秋から冬にかけての時期ですね。

──秋冬は、たしかに木枯らし舞うという雰囲気です。

早見 ガランとしていて、落葉があって。思いついたら、すぐに歌詞が書けました。

──6曲目も新曲です。「あるゆらぐひ」。すべてひらがなだと逆に意味がスッと入ってこなくて、気を惹くタイトルですよね。

早見 はい、あえて漢字にはしませんでした。

──作詞は早見さん、作曲は早見さんと川崎里実さんの連名です。

早見 アルバムでは最後にレコーディングした楽曲です。私が作ったメロディを川崎さんに肉付けしていただき、最終的にピアノバラードになりました。私が作ったデモが、ピアノに合わせて歌ったものだったので、多少コードは変わりましたが、デモの空気感のまま完成に至ったという感じです。

──演奏はピアノだけです。

早見 レコーディングでは、ピアニストの方と同時に録りました。私の向かいでピアノを弾いていらっしゃるので、呼吸を合わせながら歌えたのがよかったです。レコーディング時にクリック(リズムを合わせるメトロノームの音)を入れてないので、テイクごとにリズムがわずかに違っていて。その揺らぎをあえて良しとしたので、よりナマの雰囲気のある歌と演奏になっていると思います。

──歌詞は寂しげで、「ふがいなくてまけそうな日」という言葉が何度も出てきます。

早見 1人で、自分の気持ちを見つめ直す内容です。最初に書いた歌詞では、主人公の相手がいて、風景描写も入っていたんですけど、ディレクターさんから「ピアノバラードなので、1人の世界で完結するような内容にしてみては」という提案があって。アルバムにはそういうタイプの歌詞の曲がなかったので、バランスがいいかもと思って、直しました。

──「浴槽」に浸かっていたり、「毛布」にくるまっていたりと、部屋の中でも特にパーソナルな空間にいる時の心情が歌われています。

早見 たしかにそうですね。書いている時は特に意識しなかったんですけど、女子感が出てますね(笑)。でも、女性だけじゃなく、男性でも、日常の中でふと自分を振り返る瞬間があるのかなと。そういう一瞬を切り取った内容にできたらいいなと思いました。

──最後に希望があって、7曲目の「LET ' S TRY AGAIN」に繋がっているというのがいいですね。

早見 「LET ' S TRY AGAIN」に繋げてという意図は、特にありませんでした。最初の歌詞に直しが入った後、まったく違うストーリーの歌詞を3つ書いて提出したんです。採用されたのは最後に書いたもので、どうしたらいいかわからない時の動揺した感覚を出すのか、孤独ではあるんですけど、少し希望の光が感じられるようにするのか考えて、結局、その中間になりました。

画像一覧

  • 早見沙織、1stアルバム「Live Love Laugh」。全曲解説していただきました!

関連作品

赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫

放送日: 2015年7月6日~2015年9月21日   制作会社: ボンズ
キャスト: 早見沙織、逢坂良太、梅原裕一郎、名塚佳織、岡本信彦、三瓶由布子、甲斐田裕子、福山潤、豊永利行、石田彰
(C) あきづき空太・白泉社/「赤髪の白雪姫」製作委員会

赤髪の白雪姫(第2クール)

赤髪の白雪姫(第2クール)

放送日: 2016年1月11日~2016年3月28日   制作会社: ボンズ
キャスト: 早見沙織、逢坂良太、梅原裕一郎、名塚佳織、岡本信彦、三瓶由布子、甲斐田裕子、福山潤、小西克幸、豊永利行、國立幸、浅沼晋太郎、水瀬いのり、小松未可子、石田彰
(C) あきづき空太・白泉社/「赤髪の白雪姫」製作委員会

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

2017 春アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 「BLAME!」プレゼントキャンペーン 「月がきれい」プレゼントキャンペーン
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「月がきれい」プレゼントキャンペーン
  • 「BLAME!」プレゼントキャンペーン
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2017 冬アニメ