スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

アキバ総研 | 2016年05月23日 14:49
スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

スマホやPCからリアルタイムにPCの状態がチェックできる、80PLUS PLATINUM電源「Smart Power Management」シリーズが、Thermaltakeから発売中だ。

ラインアップは、容量850Wモデル「PS-TPG-0850DPCP-P」、1050Wモデル「PS-TPG-1050DPCP-P」、1200Wモデル「PS-TPG-1200DPCP-P」の3モデル。




「Smart Power Management」シリーズは、80PLUS Platinum認証を取得したATX電源。ケーブルは必要に応じて着脱できるプラグイン方式、ケーブルには配線しやすいフラットタイプが採用されているほか、低負荷時にファンの回転を停止させる「Smart Zeroファンモード」も搭載する。

さらに、本体に搭載したUSBポートをPCと接続することで、
専用アプリをインストールしたスマートフォン(Android/iOS)やPCから、インターネットを介して電源やCPU、ビデオカードなどの状態をリアルタイムで監視することが可能だ。


「PS-TPG-0850DPCP-P」の主な仕様は、本体サイズが150(幅)×180(奥行き)×86(高さ)mmで、重量が約3.65kg。電源コネクタはメイン24ピン×1、ATX 8ピン(4+4ピン)×1、EPS 8ピン×1、PCIe 8ピン(6+2ピン)×6、SATA×12、ペリフェラル×4。FDD×1

「PS-TPG-1050DPCP-P」の主な仕様は、本体サイズが150(幅)×180(奥行き)×86(高さ)mmで、重量が約3.65kg。電源コネクタはメイン24ピン×1、ATX 8ピン(4+4ピン)×1、EPS 8ピン×1、PCIe 8ピン(6+2ピン)×8、SATA×12、ペリフェラル×8。FDD×2。

「PS-TPG-1050DPCP-P」の主な仕様は、本体サイズが150(幅)×180(奥行き)×86(高さ)mmで、重量が約3.65kg。電源コネクタはメイン24ピン×1、ATX 8ピン(4+4ピン)×1、EPS 8ピン×1、PCIe 8ピン(6+2ピン)×8、SATA×12、ペリフェラル×8。FDD×2。

価格は、下記のとおり。

Thermaltake「PS-TPG-0850DPCP-P」(容量:850W)
34,344円(税込):パソコンショップ アーク

Thermaltake「PS-TPG-1050DPCP-P」(容量:1050W)
30,024円(税込):パソコンショップ アーク

Thermaltake「PS-TPG-1200DPCP-P」(容量:1200W)
24,624円(税込):パソコンショップ アーク

画像一覧

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!

  • スマホでPCの状態がチェックできる電源ユニット「Toughpower DPS G Platinum」シリーズがThermaltakeから!