サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

アキバ総研 | 2016年04月01日 22:02
サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

開発コード名:Broadwell-EPこと、サーバー・ワークステーション向け新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが、Intelから発売となった。




「Xeon E5 v4」シリーズは、Broadwellマイクロアーキテクチャを採用した、サーバー&ワークステーション向けCPU。内蔵CPUコア数が最大22コア、キャッシュ容量は最大55MBとなっているのが特徴で、メモリはDDR4 2400MHzまで対応する。製造プロセスは14nm。


なお、対応ソケットや対応チップセットは前世代の「Xeon E5 v3」シリーズと同じLGA2011 v3が利用できるが、BIOSのアップデートが必要とのこと。

価格は、下記のとおり。

Intel「E5-2620 v4」
53,780円(税込):BUY MORE秋葉原本店

Intel「E5-2630 v4」
85,580円(税込):BUY MORE秋葉原本店

Intel「E5-2690 v4」
266,880円(税込):BUY MORE秋葉原本店

Intel「E5-2697 v4」
344,880円(税込):BUY MORE秋葉原本店

画像一覧

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!

  • サーバー向けの新型CPU「Xeon E5 v4」シリーズが登場!