アニメ映画「アングリーバード」、坂上忍が主人公の吹き替えを担当! 「僕もよく怒っています」「怒るパワーを持つことは大切」

アキバ総研 | 2016年02月25日 16:45
アニメ映画「アングリーバード」、坂上忍が主人公の吹き替えを担当! 「僕もよく怒っています」「怒るパワーを持つことは大切」

10月1日に公開となるアニメ映画「アングリーバード」日本語版より、坂上忍さんが主人公の吹き替えを担当することが発表された。

 

これは、全世界で30億回もダウンロードされた世界的人気ゲーム「アングリーバード」を原作としたアニメ映画。「アングリーバード」としては初の映画化で、世界中で愛されたキャラクターたちが3Dで劇場の大スクリーンに登場する。内容は、太いまゆ毛がトレードマークの怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、体はデカいが小心者のボムの3匹が、いじわるなピッグたちに盗まれた大切な“たまご”を取り返すための冒険物語。ミニオンズでおなじみの「怪盗グルーの月泥棒3D」のプロデューサーであるジョン・コーエンさんが製作を手掛けている。監督はファーガル・ライリーさんとクレイ・ケイティスさん。

 

今回、怒りキャラでブレイク中のタレント・坂上忍さんが、主人公である怒りんぼうのレッドの日本語版吹き替えを務めることが判明。坂上さんがハリウッド映画のアニメ作品で声優を務めるのは今回が初。映画配給会社が「怒りんぼうの鳥を演じられるのは、日本一の怒りんぼう=坂上忍さんしかいない!」と考えてオファーしたところ、快諾したという。

坂上さんは、「子役の頃に「大草原の小さな家」でアフレコをやっていたので、凄く懐かしい感じがします。声のお仕事は大好きなので、楽しみながら頑張らせて頂きます!」と意気込んでいる。また、主人公レッドの第一印象については、「怒りっぽいのに、どこか憎めない。三頭身で歩く姿と、あのまゆ毛が、一度見たら忘れられない!」「僕もよく怒っています。まゆ毛もしっかりしている。っていうか、なにげに顔も似ているかも!」「普通に疑問を持ち、自分の意見を言い、結果的に怒っているように映るのかも…。でも、なかなか本音が言いづらい今だからこそ、逆に怒るパワーを持つことは大切だと思います。」とコメントしている。

画像一覧

  • アニメ映画「アングリーバード」、坂上忍が主人公の吹き替えを担当! 「僕もよく怒っています」「怒るパワーを持つことは大切」

  • アニメ映画「アングリーバード」、坂上忍が主人公の吹き替えを担当! 「僕もよく怒っています」「怒るパワーを持つことは大切」

関連作品

アングリーバード

アングリーバード

上映開始日: 2016年10月1日
(C) Rovio Mobile Ltd

関連リンク

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)