相坂優歌、ソロデビュー! やさしさあふれる「透明な夜空」で、ハイクオリティなボーカルを披露

アキバ総研 | 2016年01月25日 11:00
相坂優歌、ソロデビュー! やさしさあふれる「透明な夜空」で、ハイクオリティなボーカルを披露

ファンには「相坂くん」の愛称で親しまれ、かねてから歌唱力の高さが評判になっていた声優・相坂優歌。そんな彼女が、いよいよソロ・アーティストとしてデビューする。記念すべきデビュー曲は、みずからも山吹陽役で出演しているTVアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」のエンディングテーマ「透明な夜空」。爽やかでやさしいポップスだ。また、カップリング曲の「Impulse」では、作詞にも挑戦したという。ジャケット撮影の裏話や、声優になるまでの葛藤など、いろいろお話をうかがってきました!


実は切ない表現が好きなんだと、「透明な夜空」を歌って気付きました


──「透明な夜空」は、とても爽やかな曲ですね。

相坂 ありがとうございます。第1話では本編のラストに流れていたんですが、視聴者の方からは、曲の入り方がシーンにマッチしていたというご感想をいくつもいただけて、うれしかったです。

──「アクティヴレイド」はSFであると同時に、仕事を通しての青春アニメの要素もあって、「透明な夜空」は、そちらにフォーカスした曲になっていますね。

相坂 事件を解決した後の爽快感に、ぴったりの曲だと思います。がんばっている人に向けて、「君が笑っててくれたらいいな」という内容の曲で、それは第八のメンバーたちに向けた気持ちでもあるし、アニメから離れて、私がみなさんに届けたい気持ちでもあって。笑顔で歌うことができました。

──音域が2オクターブもあって、難しい曲だとうかがっていますが?

相坂 音の高低が激しくて大変だなあと思いました。特にサビは難しかったのですが、負けず嫌いな性格なので、かえって、がんばりたいなと思って。何度も録り直して、いいものに仕上げていきました。レコーディングはチャレンジの連続でしたが、今となっては、楽しかったという思い出しかないですね。

──歌詞を大事にして、1つひとつの言葉にそれぞれの感情をこめて歌われているように感じました。

相坂 ホントですか? そう言っていただけると、涙が出るほどうれしいです。私がアーティストとして、リスナーのみなさんに何を伝えたいか、作詞の山本メーコさんと話し合って、ステキな歌詞を書いていただけたので、すべての言葉を心をこめて歌いました。

──本番のレコーディング前には、練習を積まれたのでしょうか?

相坂 意気込んで練習した、ということはありませんでしたが、いかに楽しんで歌えるかというのは、何度も試して、本番までに作り上げていきました。まずキー合わせで歌って、バンドのレコーディングのために歌って、最後に本番のボーカル録りと、何度もスタジオで歌うことができたのがよかったと思います。完成した後で、一番最初のキー合わせで歌ったテイクを聴くと、自分が何も考えずに歌っていたことがわかって(笑)。どの過程もムダじゃなかったんだと思いました。

──特に好きな部分はどこですか?

相坂 明るさの中に切なさも混じった曲で、それが一番よく出ている2番のAメロが気に入っています。オンエアでは流れてない部分なんですけど。

──「溢れる涙 世界を沈めてゆく」という詞があるパートですね。歌声も、より切なくなっているように感じました。

相坂 ここは、胸がぎゅっと締めつけられるようなイメージで歌いました。私は普段、元気で明るい曲をよく歌うんですけど、実は切ない表現が好きだったんだと、「透明な夜空」を通して、初めて気付きました。こういう表現こそが、自分が伝えたいことに一番近いのかなって。


人として、やさしくありたいと思います


──相坂さんは、今まで出演された「桜Trick」や「甘城ブリリアントパーク」などで、キャラクター名義の曲をいくつも歌ってきて、その歌唱力の高さには定評がありました。でも、今回はアーティストデビュー作ということで、今までの曲とは取り組む気持ちが違っていたのではないでしょうか?

相坂 そうですね。キャラソンは、そのキャラクターについてもっともっと知ることができるコンテンツで、本編では語られていないキャラクターの本音を歌で表せたらいいなと思って歌ってきました。今回は、相坂優歌の名前で出す曲ということで、自分の本音というか、自分が何を伝えたいかというのを大事にして、レコーディングに臨みました。せっかく相坂優歌名義でやらせていただけるのなら、相坂優歌にしかできない表現を、相坂優歌の言葉で、相坂優歌の歌い方で、伝えられたらいいなと。

──相坂優歌の本音とは、なんでしょう?

相坂 みんな生きている中で、時にはつらいことや悲しいこともあるじゃないですか。それに対して、「元気を出して」という歌は私には向いてないなと思って。「がんばって」というよりも「大丈夫だよ」って、一緒に寄り添ってあげるほうが、自分の気持ちに合っていると思うんです。やさしい表現がしたいんです、ということを、今回の制作の中で、スタッフのみなさんと何度も話しました。

──そもそも相坂さんが、今のお仕事を目指したきっかけは何だったんですか?

相坂 アニメやマンガは小さい頃から好きだったんですけど、本気で声優を志したのは、自分の好きなマンガがアニメ化されて、声優さんたちのライブのDVDを見たときです。演技はもちろん歌でもキャラクターを表現しているのを知って、自分もこの世界を目指してみようと思いました。歌はもともと好きでしたし、声優はいろいろな表現で世界を作り出せる、すごい職業だなって。

──本気で活動を始めたのは?

相坂 高校2年生から3年生の頃ですね。

──そこからデビューまで、どんな道のりだったのでしょう。

相坂 葛藤がたくさんありすぎて、何をお話ししていいのかわからないくらいです。最初の頃は、人の目を気にしすぎていた部分があって。人に、「お前はニワカだ。アニメのことを本当は好きじゃないんだろう」なんて言われて、落ち込んだこともあったんです。でも、好きの程度なんて人それぞれだし、自分は自分の中にある好きという気持ちを大切にしようと思いました。それに声優は人前で演技したり歌ったりする仕事なので、人の目を気にしていたら、何もできないじゃないですか。

──まずは自分を貫こうと。

相坂 専門学校に通い始めた頃は、人前で表現することになれていなくて。どうしたらいいんだと閉じこもっていた自分の殻を壊すのが大変でした。でも、徐々に、みんなの前で演じることができるようになっていきましたし、それが仕事になったときには、恥ずかしいなんて気持ちは最初からなくて。いかにいい表現をするかという、みなさんが目指していることを、私もできるようになったのかなと思います。

──「アクティヴレイド」の現場では、どのようなことを感じていますか?

相坂 今までの作品は若い役者さんが中心だったんですけど、「アクティヴレイド」は幅広い年齢層の方がいらっしゃって、穏やかな空気が流れています。ベテランの方々は演技だけではなく、常日頃からいい雰囲気を発していらっしゃるんだなと気付かされて、学ばせていただくことが多いんです。私も常にやさしくありたいですし、人と接する時にちょっとビクビクするクセを直したいなって(笑)。

──歌に関しては、すごくいい空気を発してますし、やさしいですし、堂々とされてると思います。

画像一覧

  • 相坂優歌、ソロデビュー! やさしさあふれる「透明な夜空」で、ハイクオリティなボーカルを披露

  • 相坂優歌、ソロデビュー! やさしさあふれる「透明な夜空」で、ハイクオリティなボーカルを披露

  • 相坂優歌、ソロデビュー! やさしさあふれる「透明な夜空」で、ハイクオリティなボーカルを披露

関連作品

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

放送日: 2016年1月7日~2016年3月24日   制作会社: プロダクションアイムズ
キャスト: 島﨑信長、櫻井孝宏、小澤亜李、石上静香、倉田雅世、村田太志、相坂優歌、花江夏樹、大川透、大西沙織、鳥海浩輔、緑川光、大原さやか、山下大輝、黒沢ともよ
(C) 創通・フィールズ・フライングドッグ/ACTIVERAID PARTNERS

落第騎士の英雄譚

落第騎士の英雄譚

放送日: 2015年10月3日~2015年12月19日   制作会社: Nexus/SILVER LINK.
キャスト: 逢坂良太、石上静香、東山奈央、浅沼晋太郎、小林ゆう、金元寿子、東内マリ子、相坂優歌、井口裕香、橘田いずみ、M・A・O、潘めぐみ、松岡禎丞、細谷佳正、有本欽隆
(C) 海空りく・SBクリエイティブ/落第騎士の英雄譚製作委員会

城下町のダンデライオン

城下町のダンデライオン

放送日: 2015年7月2日~2015年9月17日   制作会社: プロダクションアイムズ
キャスト: 花澤香菜、茅野愛衣、木村良平、石原夏織、村瀬歩、松井恵理子、小倉唯、勝田詩織、鈴木愛奈、松本大、ゆきのさつき、相坂優歌
(C) 春日歩・芳文社/城下町のダンデライオン製作委員会

甘城ブリリアントパーク

甘城ブリリアントパーク

放送日: 2014年10月6日~2014年12月25日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 内山昂輝、加隈亜衣、藤井ゆきよ、川澄綾子、野中藍、白石涼子、相坂優歌、黒沢ともよ、三上枝織、津田美波
(C) 賀東招二・なかじまゆか/甘ブリ再生委員会

桜Trick

桜Trick

放送日: 2014年1月9日~2014年3月27日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 戸松遥、井口裕香、相坂優歌、五十嵐裕美、渕上舞、戸田めぐみ、藤田咲、麻倉もも、遠藤ゆりか
(C) タチ・芳文社/桜Trick製作委員会

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)