2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2015年11月30日 12:21
2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介。




Intel「NUC5PGYH」
36,980円(税込):テクノハウス東映
37,584円(税込):パソコンショップ アーク
38,221円(税込):ドスパラパーツ館


Windows 10をプリインストールした小型PC。

Pentium N3700(4コア/4スレッド、動作クロック:1.6GHz(TB時:2.4GHz)、キャッシュ容量:2MB、TDP:6W)や、DDR3L 1600 SO-DIMM 2GBと32GB eMMCが標準で搭載されており、購入してすぐにPCとして使用することが可能。

主な仕様は、本体サイズが115×111×51.6mm。ストレージインターフェイスが2.5インチHDD/SSD×1(最大9.5mm厚まで)。対応メモリはDDR3L SO-DIMM×1(最大8GB/2GB搭載済み)。モニタ出力端子は、HDMI 1.4b×1、D-Sub×1。そのほか、ギガビットLAN、無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、USB 3.0、SDカードスロット、AUDIO IN/OUTなどを搭載する。付属品として、ACアダプタ、VESAマウントブラケットが同梱される。

【関連記事】
Win10&Pentium N3700搭載のIntel NUC「NUC5PGYH」が登場!

画像一覧

  • 2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2015年11月23日から11月29日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ