ニューアルバム「FOLLOW ME UP」に感じる20年の歩み。坂本真綾の「今」がここに

2015年09月27日 11:000
ニューアルバム「FOLLOW ME UP」に感じる20年の歩み。坂本真綾の「今」がここに

デビュー当時の映像を見たら、ちゃんと子供でした


──「これから」は、4月のさいたまスーパーアリーナのライブでも披露されました。歌っている間、スクリーンに、デビュー当初の坂本さんの映像が映し出されていて、時の流れを感じましたし、「たまゆら~卒業写真~」のテーマともリンクしていると思いました。

坂本 恥ずかしいのを通り越して、なんとも言えない気持ちでした。自分のような、妹のような(笑)。あの頃は、大人に混じって仕事をしているという意識だったんですけど、今見ると、ちゃんと子供でした。こんなにあどけない頃に、菅野さんと出会って音楽を作るようになったんだなって。

──「これから」も、坂本さんの作詞・作曲です。詞の中に「10年後 20年後 振り返って〉という一節がありますね。

坂本 「たまゆら~卒業写真~」の曲であるのと同時に、4月から始まった20周年記念イヤーの最初に発表する曲であり(4月1日に配信でリリース)、ライブで歌いたいという気持ちもあったので、自分とリンクさせるワードを入れました。私も10代で卒業と別れを経験して、あの時は途方に暮れるような気持ちだったけど、10年後20年後に振り返ると、あのさよならがあったから今があるんだということがわかって。「たまゆら~卒業写真~」の主題歌を作る時、佐藤順一監督から「さよならは大丈夫」というキーワードが提示されたのですが、まさにその通りだなと思いました。

──「たまゆら」シリーズの曲は、アルバムにもう1曲収録されていますね。8曲目の「はじまりの海」が、TV「たまゆら~もあぐれっしぶ~」のOPです。作詞作曲は大貫妙子さん。

坂本 「たまゆら」シリーズでは、松任谷由実さんや大貫妙子さんといったレジェンドの方々とご一緒させていただくことができました。大貫さんは、言葉を聞かせたいという思いが強い方なんだなあと、「はじまりの海」を歌いながら感じました。コーラスにも参加してくださって、歌っている姿を目の前で見ることができたのも感慨深かったです。当初は私が全部コーラスをやる予定だったんですけど、大貫さんにも参加してもらったらどうだろうと、みんなでスタジオで相談して。その場で勇気を出してお願いしたら、快く引き受けてくださいました。

──5曲目の「東京寒い」は、坂本真綾 コーネリアス名義の曲です。「攻殻機動隊ARISE」の主題歌シングルに収録されていたカップリング曲で、この曲だけは「攻殻」の世界観ではないんですよね。

坂本 「東京寒い」はとても好きな曲です。浮遊感があって、いい具合に力が抜けていて。ひらすらオシャレですよね、コーネリアスさんの仕事って。「攻殻機動隊ARISE」で出会って、彼の世界に入れていただいて、本当に楽しかったです。

──作詞は「攻殻機動隊ARISE」の主題歌をずっと手がけてきた坂本慎太郎さん。「攻殻」の曲は抽象的な詞でしたが、「東京寒い」は、朝方の東京の街という具体的な情景が描かれています。これ、パーティーから朝帰りする歌なんですよね。

坂本 そうなんです、朝のアンニュイな感じで。慎太郎さんの歌詞は、女性的なかわいらしさや色気がありますよね。言葉使いはシンプルなんですが、ドキッとさせられるフレーズが入っていて、本当に大好きな作詞家さんです。今回のアルバムでは、「かすかなメロディ」という新曲の作詞もしていただきました。

──「かすかなメロディ」は、ノスタルジックなムードに包まれた優しい曲でした。

坂本 慎太郎さんの歌詞はメロディに忠実で、歌い手にとってなじみやすいんです。それなのに、あれだけの深みがあって、しかもできあがりが早くて。うらやましいくらいの、才能のかたまりです。


岩里祐穂さんの大人っぽい詞を、自然に歌える年齢に


──6曲目の「アルコ」は、作詞が岩里祐穂さん、作曲・編曲は菅野よう子さん。デビュー曲「約束はいらない」からのチームですね。

坂本 「コードギアス 亡国のアキト」の新主題歌です。作品の世界観に合わせて作られた曲ですが、ちょっと前の菅野さんの雰囲気があって、私には懐かしく感じました。この曲のレコーディングをしたのは、まだ冬だった時期で、終わった後に菅野さん、岩里さんと3人でご飯を食べに行きました。

──お2人とは20年のお付き合いということですよね。

坂本 直接会うことは少なくなりましたが、今でも普段からやり取りをしています。菅野さんには15周年の日本武道館ライブの時もゲストとして出演していただいているんですけど、さいたまスーパーアリーナでは、その時とはまた違う感じで出演していただいて、15周年の時にはできなかったことが、20周年ではできるようになっているのかなと思えました。ライブが終わった後も、いろいろとほめてくださって(笑)、あの場に菅野さんがいてくださってよかったなと。

──岩里さんは、「幸せについて私が知っている5つの方法」と、アルバムのための新曲「ロードムービー」の作詞も手がけられています。

坂本 「ロードムービー」はかの香織さんの作曲ですが、岩里さんもかのさんも、フェロモンが出まくっている大人の女性で、その2人が組んだこの曲からは、女の香りが立ち上っています。私にはちょっと出せない、いい匂いがしますね。

──「ロードムービー」は、車に乗って旅する2人を歌った曲です。2人の間には、深い結びつきがあって。

坂本 ロマンチックな歌詞ですし、岩里さんらしい世界だなと思いました。今回のアルバムでは3曲も岩里さんの詞があって、こんなに私のアルバムに参加してくださったのは久しぶりなんです。デビュー当時の私には、10代の目線になって、「僕」という主語で中性的な歌詞を書いてくださいましたが、もともと岩里さんは大人の女性のリアルな気持ちを書くのが得意な方なんですよね。私も大人の年齢になってきて、岩里さんの女性らしい詞を、自然に歌えるようになってきたのかなと思いました。

──20年間の出会いが、今回のアルバムには凝縮されていると思います。

坂本 デビューから10年くらいは菅野さんのプロデュースでやってきて、今回のアルバムでも「That is To Say」を作曲・編曲してくだったh-wonderさんにシングルの「ループ」で出会ったことを最初に、その後の10年は、いろいろな方と積極的に出会いを重ねてきました。20年といったら生まれた子供が成人しちゃうくらいの長さなので、だいぶ歌ってきたなと思うんですけど、普通のアーティストさんに比べると、ずいぶんのんびりやらせていただけたなという印象があるんです。自分の歩幅で、自分のスピードでやってこられて、本当によかったなと。その中で、いろいろな方との出会いによって、育てられてきたものがあるなと、今回改めて感じました。

──最初は周囲のほとんどが大人でしたが、今では「Be mine!」のthe band apartや、「レプリカ」の内澤崇仁さん(androp)のような若いアーティストと組むケースも増えてきましたね。

坂本 10代、20代の若い頃に、周りの大人たちが私のやりたいことを尊重して、我慢強く育ててくださったから、今があるなと思うし、今回のアルバムでも、作家だけでなくミュージシャンも、思い出深い方々がたくさん参加してくださいました。そのいっぽうで、さかいゆうさんという初めての方に作曲をお願いしたり(「かすかなメロディ」)、祥子さんにアレンジだけお願いしてみたり、新しいことにも積極的にチャレンジできたと思っています。



<坂本真綾プロフィール>


1980年3月31日生まれ。東京都出身。8歳より子役として活躍。1996年にシングル「約束はいらない」でCDデビュー。2010年に、自身初の日本武道館ライブを開催。2011年、アルバム「You can’t catch me」でオリコン1位を獲得。2013年、全曲の作詞作曲を手がけたアルバム「シンガーソングライター」をリリース。舞台女優として、第38回菊田一夫演劇賞を受賞。声優としても、「攻殻機動隊ARISE」の草薙素子役ほか、多数の作品で活躍。


■20周年記念アルバム 「FOLLOW ME UP」

レーベル:FlyingDog/2015年9月30日発売

初回限定盤 3900円+税

※初回限定盤特典

・Music Video 4曲入りDVD(はじまりの海/レプリカ/Be mine!/幸せについて私が知っている5つの方法)

・「坂本真綾20人のたけの1曲だけのプレミアムライブ」ご招待&キーホルダープレゼント応募ハガキ

・全国ツアーLIVE会場でもれなくもらえるスペシャルプレゼント(特製ピンズ)引換券

・CD購入者対象LIVEチケット先行予約情報



通常盤 2900円+税


〈収録曲〉

01. FOLLOW ME

02. Be mine!

03. さなぎ

04. SAVED.

05. 東京寒い

06. アルコ

07. 幸せについて私が知っている5つの方法

08. はじまりの海

09. これから

10. Waiting for the rain

11. ロードムービー

12. That is To Say

13. レプリカ

14. かすかなメロディ

15. アイリス




(取材・文/鈴木隆詩)

画像一覧

  • ニューアルバム「FOLLOW ME UP」に感じる20年の歩み。坂本真綾の「今」がここに

  • ニューアルバム「FOLLOW ME UP」に感じる20年の歩み。坂本真綾の「今」がここに

関連作品

世界征服~謀略のズヴィズダー~

世界征服~謀略のズヴィズダー~

放送日: 2014年1月11日~2014年3月29日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 久野美咲、花江夏樹、M・A・O、伊瀬茉莉也、花澤香菜、寿美菜子、鳥海浩輔、広田みのる、山崎エリイ
(C) hunting cap brothers/Aniplex・征服実行委員会

いなり、こんこん、恋いろは。

いなり、こんこん、恋いろは。

放送日: 2014年1月15日~2014年3月19日   制作会社: プロダクションアイムズ
キャスト: 大空直美、桑島法子、岡本寛志、上田燿司、池辺久美子、佐土原かおり、野水伊織、原紗友里、子安武人、三上枝織、磯辺万沙子、日野聡、花江夏樹
(C) 2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会

コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」

コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」

上映開始日: 2015年7月4日   制作会社: サンライズ
キャスト: 入野自由、坂本真綾、日野聡、松岡禎丞、日笠陽子、藤原啓治、甲斐田裕子、川田紳司、茅野愛衣、石塚運昇、森久保祥太郎、小松未可子、瀬戸麻沙美、東山奈央、早見沙織、高森奈津美、松風雅也、伊瀬茉莉也、寺島拓篤、島﨑信長、花江夏樹、井口祐一、小野友樹、石川界人、逢坂良太、室元気、菅生隆之、子安武人、武虎、宮田光、立木文彦、石原夏織、能登麻美子、櫻井孝宏、福山潤
(C) SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design (C) 2006-2011 CLAMP・ST

幸腹グラフィティ

幸腹グラフィティ

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: シャフト
キャスト: 佐藤利奈、大亀あすか、小松未可子、井口裕香、小林ゆう、野中藍
(C) 川井マコト・芳文社/幸腹グラフィティ製作委員会

たまゆら ~もあぐれっしぶ~

たまゆら ~もあぐれっしぶ~

放送日: 2013年7月3日~2013年9月18日   制作会社: TYOアニメーションズ
キャスト: 竹達彩奈、阿澄佳奈、儀武ゆう子、井口裕香、茅野愛衣、福井裕佳梨、寿美菜子、葉月絵理乃、宮本佳那子、大原さやか、広橋涼、松来未祐、中田譲治
(C) 2013佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会

たまゆら~卒業写真~ 第1部 芽-きざし-

たまゆら~卒業写真~ 第1部 芽-きざし-

上映開始日: 2015年4月4日   制作会社: TYOアニメーションズ
キャスト: 竹達彩奈、阿澄佳奈、井口裕香、儀武ゆう子、茅野愛衣、寿美菜子、東山奈央、内田彩、飯塚麻結、葉月絵理乃、大原さやか、福井裕佳梨、広橋涼、間島淳司、西村ちなみ、緒方恵美、松尾佳子、中田譲治
(C) 2015佐藤順一・TYA / たまゆら~卒業写真~製作委員会

M3 ~ソノ黑キ鋼~

M3 ~ソノ黑キ鋼~

放送日: 2014年4月21日~2014年9月29日   制作会社: サテライト
キャスト: 松岡禎丞、日笠陽子、小岩井ことり、前野智昭、矢作紗友里、柿原徹也、福圓美里、村瀬歩
(C) 佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。