webアニメ「ロボットガールズZ+プラス」、総勢13名の声優コメントが到着! 「殴り合い蹴り合いをして、みんなズタボロ」

アキバ総研 | 2015年07月13日 18:45
webアニメ「ロボットガールズZ+プラス」、総勢13名の声優コメントが到着! 「殴り合い蹴り合いをして、みんなズタボロ」

TVアニメ「ロボットガールズZ」より、新作webアニメ「ロボットガールズZ+プラス」の声優コメントが発表された。



「ロボットガールズZ」は、「大空魔竜ガイキング」「マグネロボ ガ・キーン」「超人戦隊バラタック」「惑星ロボ ダンガードA」といったロボットアニメのロボを擬人化した販促キャラとして2009年に登場した萌えキャラ「東映ロボットガールズ」から派生したもの。40周年を迎えた「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「UFOロボ グレンダイザー」を美少女キャラ化したオリジナルアニメ「ロボットガールズZ」として制作され、ヒロイン3人だけでなく、敵である機械獣も着ぐるみを着た美少女(小学生やギャルなど)として描かれた。2015年5月20日からは、新作ショートムービー「ロボットガールズZ+プラス」(1話8分×全6話)が毎月1本ずつ公開される。

 

今回、新作「ロボットガールズZ+プラス」のアフレコ現場から声優コメントが到着。本多真梨子さん(Zちゃん役)、水瀬いのりさん(グレちゃん役)、荒浪和沙さん(グレンダさん役)、内田真礼さん(ゲッちゃん役)、矢作紗友里さん(ライガ様役)、久野美咲さん(ポンちゃん役)、小池菜摘さん(パーンさん役)、高岡香さん(トリプルガイちゃん役)、大空直美さん(バルちゃん役)、三上枝織さん(號ちゃん役)、平山笑美さん(翔ちゃん役)、小澤亜李さん(剴の嬢役)、國府田マリ子さん(ガン子役)といった総勢13名の声優陣が自身が演じたキャラクターについて語っている。

 

――アフレコの感想
本多真梨子/Zちゃん(マジンガーZ):今回の収録(「ロボットガールズZ プラス」第3~6 話)は今までで一番疲れました…。喜怒哀楽の感情の切り替えが激しくて、次の瞬間には違う顔をしていて、ギャグが今まで以上にテンポアップしています!
水瀬いのり/グレちゃん(グレートマジンガー):今回はセリフが少なかったので、ひとつひとつでキャラを出せるように頑張りました。登場キャラが増え今まで以上にわちゃわちゃしていて面白いですし、キャラクターの個性が被っていないので、見ていて楽しめると思います。
荒浪和沙/グレンダさん(グレンダイザー):今回、キャラが増えたこともあってセリフカットもありましたが…テンポも早く、久しぶりに戦闘シーンがあって楽しかったです!それと、ラスボスのガン子を演じた國府田さんの、ご自身のほんわかとした感じと、ガン子を演じる時の迫力ある演技のギャップが素敵でした!
内田真礼/ゲッちゃん(ゲッタードラゴン):ゲッちゃんは「プラス」になってからちょっとだけ主人公格が増したなと思います。登場キャラが多いとお嬢様っぽさが際立ち、華やかな感じがして、楽しく収録できました。
矢作紗友里/ライガ様(ゲッターライガー):新生チームG が全員揃っての収録は初めてだったのですが、新しい掛け声もしっかり揃えてばっちりできて、改めて主人公格なんだなと思いました。
久野美咲/ポンちゃん(ゲッターポセイドン):ポンちゃんはカープ女子なのですが、最初は広島弁が難しくて苦戦していました。ですがだんだんと広島弁に慣れてきて、今日の収録では今までで一番自然に言えて、収録を楽しめました。
小池菜摘/パーンさん(パーンサロイド):新生チームG の中で今後パーンさんはどうなっちゃうんだろうと思っていますが、今回初めてアニメに登場して、表情が豊かでたくさん動いているなと思いました。これからもパーンさんには頑張って欲しいです
三上枝織/號ちゃん(ゲッター號):チーム號自体が最近ドラマCD で登場して、まさかアニメに初参戦できると思っていなかったので嬉しいです。配信が楽しみです!
平山笑美/翔ちゃん(ゲッター翔):初めて動く翔ちゃん達を見て感激しました!チーム號として合わせる部分ももっと増えていくといいなと期待しつつ…。可愛いキャラや面白いキャラがたくさんいて本当に笑ってしまいました。
小澤亜李/剴の嬢(ゲッター剴):アニメに出れて嬉しいです。本編ではボロボロにやられている部分が多くて、活躍は出来なかったのですが…。
高岡香/トリプルガイちゃん(トリプルガイキング):チームLOD で今回も登場できるということで(元々所属していた)チームT には申し訳ない気持ちがあったのですが、ちゃんとチームT も出番があってよかったです。それと、チームZ もG も決めポーズが格好よくて、LOD の決めポーズも楽しみにしていたのですが、立て膝をして手でLOD の文字を作っているだけで…。やっぱりチームZ やG との差があるんだなと思いました(笑)。
大空直美/バルちゃん(バルキング):“中国拳法の達人”という設定で、どう戦うのかなと思っていたのですが、「ガイちゃんのパワーアップのために犠牲になる」という別の意味で良い見せ場を作ってもらい、役目を果たせました(笑)。
國府田マリ子/ガン子(ギルギルガン):ガン子は表情が豊かで、どこまで演じたらいいのか分からなかったのですが、「こんなに楽しくて仕事で良いの?」と思うほど楽しかったです!でも、可愛いキャラ達がボロボロになっていて衝撃を受けました(笑)。


――本作の見どころについて
本多:見どころとしてはやっぱり“いがみ合う女子”ですね(笑)。これだけ可愛い子達がいっぱい出てきて、殴り合い蹴り合いをして、みんなズタボロになるアニメにないと思うので、ぜひ楽しんでいただきたいです!
水瀬:タイトルが「プラス」となって、登場キャラも増えたのですが、やってることや軸にあることは初期から全く変わっていなくて、ハチャメチャなところが好きでみなさん観てくれているんだなと思っています。スタッフの方々にも遊び心があって、“攻め”の部分もこの作品ならではなので、いつまでも“攻める”作品でありたいと思います。
荒浪:「プラス」になっても相変わらずボコボコのズタズタですが、登場キャラが増えたり、元々いたキャラクターもパワーアップしたりで派手さが増しています。放送が楽しみです。この作品はこのまま好感度を無視して突っ走って欲しいです!

画像一覧

  • webアニメ「ロボットガールズZ+プラス」、総勢13名の声優コメントが到着! 「殴り合い蹴り合いをして、みんなズタボロ」

  • webアニメ「ロボットガールズZ+プラス」、総勢13名の声優コメントが到着! 「殴り合い蹴り合いをして、みんなズタボロ」

関連作品

ロボットガールズZ+プラス

ロボットガールズZ+プラス

配信日: 2015年5月20日~   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、内田真礼、矢作紗友里、久野美咲、津田美波、小池菜摘、高岡香、大空直美、新田恵海、三上枝織、平山笑美、小澤亜李、竹達彩奈
(C) ダイナミック企画・東映アニメーション (C) 松本零士・東映アニメーション © ロボットガールズ研究所

ロボットガールズZ

ロボットガールズZ

放送日: 2014年1月4日~2014年3月2日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、久川綾、東山奈央、森下由樹子、高岡香、佐藤聡美、辻あゆみ、喜多丘千陽、松井桃子、後藤沙緒里、畑中彩希、洲崎綾、山村響
(C) ダイナミック企画・東映アニメーション (C) ロボットガールズ研究所

関連ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)