最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

アキバ総研 | 2015年06月04日 22:28
最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

最大1,734Mbpsの高速データ転送に対応した無線LAN子機「EA-AC87」が、ASUSから発売となった。




「EA-AC87」は、IEEE 802.11ac準拠の無線LAN子機。4基のアンテナを搭載することで、最大1,734Mbpsの高速データ転送に対応しているのが特徴だ。

本体にはギガビットLANポートを5ポート搭載しており、最大5台の有線LAN搭載デバイスを無線化することができる。また、IEEE802.11n/a/g/b対応の無線LANルーターのLANポートに「EA-AC87」を接続することで、新たにIEEE802.11acに対応した無線LAN環境にすることも可能だ。

主な仕様は、本体サイズが160(幅)×160(奥行き)×40(高さ)mmで、重量は480g。インターフェースがギガビットLANポート×5。対応無線LAN規格はIEEE802.11acで、対応周波数が5GHz。最大転送速度は1,734Mbps。

価格は、下記のとおり。

ASUS「EA-AC87」
16,980円(税込):BUY MORE秋葉原本店

画像一覧

  • 最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

  • 最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

  • 最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

  • 最大1,734Mbpsの高速転送に対応した無線LAN子機 ASUS「EA-AC87」が登場!

関連リンク