Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

アキバ総研 | 2015年05月13日 15:34
Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

CPUに「Atom x」シリーズ(開発コード名:Cherry Trail)を搭載した、Microsoft製Windows 8.1タブレット「Surface 3」が、Jan-gle 秋葉原本店にて販売中だ。




「Surface 3」は、「Atom x7-Z8700」(動作クロック:1.6GHz(ターボブースト時:2.4GHz)/クアッドコア)や、10.8インチディスプレイ(1,920×1,280ドット)を搭載した、日本未発売のWindows 8.1タブレット。

搭載するCPU「Atom x7-Z8700」は、開発コード名:Cherry Trailこと「Atom x」シリーズの最上位モデル。GPU性能が向上しているのが特徴で、Bay Trailの約1.5倍ほど向上しているとのこと。

主な仕様は、搭載OSがWindows 8.1。CPUはIntel「Atom x7-Z8700」(動作クロック:1.6GHz(ターボブースト時:2.4GHz)/クアッドコア)。ディスプレイが10点マルチタッチ10.8インチ液晶(1,920×1,080ドット)。メモリは4GBで、内部ストレージが128GB。そのほか、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、microSDカードスロット(最大64GB)、フロント(350万画素)/リア(800万画素)カメラ、Bluetooh 4.0、Mini DisplayPort、USB 3.0、ステレオスピーカー、デュアルマイクなどを搭載する

本体サイズは約267(幅)×187(奥行き)×8.7(高さ)mmで、重量が622g

価格は、下記のとおり。

Microsoft 「Surface 3」
100,000円(税抜):Jan-gle 秋葉原本店

画像一覧

  • Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

  • Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

  • Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

  • Cherry Trail搭載のWindows 8.1タブレット「Surface 3」が販売中

関連リンク