Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

アキバ総研 | 2015年04月24日 19:09
Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

1日の活動量や睡眠状態を測定してスマホ用アプリと連動して管理できる、Microsoft製多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が、Jan-gle 秋葉原本店にて販売中だ。




「Microsoft Band」は、ユーザーの心拍数や歩数、カロリー消費量などの活動量や、歩行データによるマップ作成や紫外線量、睡眠データなどをの測定できるリストバンド型の活動量計。

記録したデータは、クラウドベースの健康管理アプリ/サービス「Microsoft Health」のほか、Android/iOS用のランニングアプリ「RunKeeper」とダイエットアプリ「MapMyFitness」で閲覧可能だ。

また、スマートフォンとBluetooth 接続して、着信/メール/予定の通知やSNS連携などにも対応。さらにWindows Phone 8.1端末と連携すると、デジタルアシスタントCortanaを「Microsoft Band」から音声操作できるとのこと。

主な仕様は、本体サイズが11×33mmで、重量は60g。搭載CPUがARM Cortex-M4。ディスプレイは1.4インチ(320×106ドット)プロセッサ、ストレージ容量が64MB。接続インターフェイスはBluetooth 4.0(LE)。そのほか、マイク、GPS、センサー(心拍数、加速度、ジャイロメーター、照度、皮膚温度測定センサ・UVセンサ・ガルバニック皮膚反応)、防塵防滴性能を搭載。電源は内蔵バッテリーで、連続動作時間は48時間。対応OSはWindows Phone 8.1 update、iOS 8.1.2以上、Android 4.3~5.0となっている。入荷モデルのサイズは、SサイズとMサイズの2モデル。

価格は、下記のとおり。

Microsoft「Microsoft Band」
29,800円(税抜):Jan-gle 秋葉原本店

画像一覧

  • Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

  • Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

  • Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

  • Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

  • Microsoftの多機能フィットネスバンド「Microsoft Band」が登場!

関連リンク