耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

アキバ総研 | 2015年02月07日 17:52
耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

耐久性を大幅に向上させたCrucialの新型SSD「MX200」が登場。2.5インチ版(7mm厚)とmSATA版が発売となった。

登場した製品は、2.5インチ版が250GB/500GB/1TBモデル、mSATA版が250GB/500GBモデルの計5製品。


「MX200」は、SATA 6Gbps対応のSSDで、同社製上位モデル「M550」の後継品。シーケンシャル転送速度やランダム性能は共通で、公称転送速度は、リード555MB/sec、ライト500MB/sec。4kランダム性能は、リード10万IOPS、ライト8万7千IOPSとなっている。

また、大幅に強化した耐久性も特徴。総書き込みバイト数(TBW)は前モデルの1TBが72TBWだったのに対し、新モデルの同容量品では320TBWへと約4.5倍に向上している。ちなみに、下位容量の耐久性は上位モデルのちょうど半分になっており、500GBモデルが160TBW、250GBモデルが80TBWになっている。

搭載コントローラーはMarvell製で、NANDフラッシュは16nm製造プロセスのMicron製MLC。ちなみに、先日お伝えした「BX100」はSilicon Motion製コントローラーと16nm製造プロセスの同社製MLCを採用した価格重視の下位モデルとなっている。

そのほか、同シリーズにはM.2版もラインアップされている。

価格は、下記のとおり。

「CT250MX200SSD1」
16,800円(税抜):ツクモeX.パソコン館
16,805円(税抜):ドスパラパーツ館
18,140円(税込):パソコンハウス東映
18,140円(税込):テクノハウス東映
18,140円(税込):東映ランド
「CT500MX200SSD1」
30,000円(税抜):ツクモeX.パソコン館
30,000円(税抜):ドスパラパーツ館
32,400円(税込):パソコンハウス東映
32,400円(税込):テクノハウス東映
「CT1000MX200SSD1」
56,398円(税抜):ドスパラパーツ館
56,400円(税抜):ツクモeX.パソコン館
60,910円(税込):パソコンハウス東映
60,910円(税込):テクノハウス東映
「CT250MX200SSD3」
16,805円(税抜):ドスパラパーツ館
「CT500MX200SSD3」
30,000円(税抜):ドスパラパーツ館

※2/10修正
初掲時、テクノハウス東映の販売価格に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

画像一覧

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

  • 耐久性を強化したCrucialの新型SSD「MX200」が発売! 「M550」の後継品、mSATA版も登場

関連リンク