日本アニメーション×白組、アニメ映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」を7月に公開! 「今の時代にあった形で映像化」

アキバ総研 | 2015年01月23日 13:00
日本アニメーション×白組、アニメ映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」を7月に公開! 「今の時代にあった形で映像化」

日本アニメーション40周年記念作品として、アニメ映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」が発表された。公開は7月。

 

これは、数々の児童文学を原作とした名作TVアニメ「世界名作劇場」シリーズを手がけてきた日本アニメーションと3DCG版ドラえもん「STAND BY ME ドラえもん」が大ヒットとなった白組がタッグでプロデュースするアニメ映画。昔から多くの映画やアニメの題材となってきた「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」より、もっとも有名な物語といえる「シンドバッド」を現代風にアニメ化するようで、船乗りになって未知の世界へ旅することを夢見る少年・シンドバッドと空かける木馬に乗る少女・サナの物語が描かれる。

 

監督は「ドラえもん のび太の恐竜2006」を演出した宮下新平さん、シリーズ構成は「山賊の娘ローニャ」の川崎ヒロユキさん、作画監督は「となりのトトロ」「魔女の宅急便」などジブリ作品を手がけた佐藤好春さん、アニメーション制作は日本アニメーション、配給はイオンエンターテイメント。なお、小池賢太郎さん(白組プロデューサー)と井上孝史さん(日本アニメーション プロデューサー)は、"この企画の製作のテーマは、「継承」、親から子へ、時代を超えて受け継がれるべき大切なことを不朽の名作にのせて,今の時代にあった形で映像化したいと考えています"とコメントしている。

画像一覧

  • 日本アニメーション×白組、アニメ映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」を7月に公開! 「今の時代にあった形で映像化」

関連リンク

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)