実売3千円の小型シングルボードコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が販売中!

アキバ総研 | 2015年01月22日 12:54
実売3千円の小型シングルボードコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が販売中!

LinuxベースのOSが動作するシングルボードのコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が、オリオスペックにて販売中だ。



「Raspberry Pi A+ 256MB」は、「Raspberry Pi B+」をさらに小型化した廉価モデル。「Raspberry Pi B+」に比べて、ネットワークインターフェイスやUSBポートを削り、基板サイズを66×56mm(B+は86×56mm)へ小さくした。

また、小型化された一方で、「Raspberry Pi B+」と同様に、40ピンのGPIOヘッダーとMicroSDカードスロットを備えている。このほか、基板サイズの縮小、コンポーネント数の減少により消費電力も下がっているという。


搭載CPUは「BCM2835」。そのほか各種インターフェイスとして、USB 2.0×1、HDMI、コンポジットなど。電源はmicroUSB。

価格は、下記のとおり。

「Raspberry Pi A+ 256MB」
2,790円(税抜):オリオスペック

画像一覧

  • 実売3千円の小型シングルボードコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が販売中!

  • 実売3千円の小型シングルボードコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が販売中!

  • 実売3千円の小型シングルボードコンピューター「Raspberry Pi A+ 256MB」が販売中!