12cmファンを内蔵した“SFX-L”電源がSilverStoneから! 500Wモデル「SST-SX500-LG」発売

アキバ総研 | 2014年12月19日 18:27
12cmファンを内蔵した“SFX-L”電源がSilverStoneから! 500Wモデル「SST-SX500-LG」発売

SilverStoneから、標準的なSFX電源より奥行を長くした、「SFX-L」と呼ばれる独自のフォームファクタを採用した電源ユニット「SX500-LG」が発売された。


「SX500-LG」は、SFX電源の奥行を130mmへと拡張した小型電源。標準サイズでは難しい口径の大きい120mmファンを内蔵できるようにしたのが特徴だ。低回転時でも風量を確保しやすく、また動作音も静かであるため、静音性と冷却性を両立させることができる。

さらに、ファンには、本体の発熱に応じて回転数を自動で調整できる機能を備えるほか、温度が41度になってから動作するセミファンレス仕様となるのも特徴だ。

電源容量は500Wで、80PLUS GOLD認証を取得。コネクタ数は、ATXメイン 20+4ピン×1、ATX 12V 4+4ピン×1、PCI-E 6+2ピン×1、SATA×3、ペリフェラル 4ピン×2、FDD×1。本体サイズは、125(幅)×63.5(高さ)×130(奥行)mm、重量は約1.4kg。

価格は、下記のとおり。

「SX500-LG」
14,000円(税抜):ツクモeX.パソコン館
15,120円(税込):パソコンハウス東映

画像一覧

  • 12cmファンを内蔵した“SFX-L”電源がSilverStoneから! 500Wモデル「SST-SX500-LG」発売

  • 12cmファンを内蔵した“SFX-L”電源がSilverStoneから! 500Wモデル「SST-SX500-LG」発売

  • 12cmファンを内蔵した“SFX-L”電源がSilverStoneから! 500Wモデル「SST-SX500-LG」発売

関連リンク