【アキバこぼれ話】インテル製のサーバー向けNICにマイナーチェンジモデルが登場

アキバ総研 | 2014年11月29日 20:16
【アキバこぼれ話】インテル製のサーバー向けNICにマイナーチェンジモデルが登場

【アキバこぼれ話】は、取材時にアキバ総研スタッフが見つけた、ちょっと気になるPCパーツやデジタルガジェットなどをご紹介する不定期連載コーナーです。

Intel製の1000BASE-T対応サーバー向けNIC「I350」シリーズのマイナーチェンジモデルが、オリオスペックにて販売中です。

今回登場したのは、PCI Express x4接続の2ポート版「Ethernet Server Adapter I350-T2V2」と4ポート版「Ethernet Server Adapter I350-T4V2」。

前モデルから「AUX電源コンポーネントが変更されている」(同店)のが主な違いだそうです。

なお、前モデルに比べて価格は2,000円~4,000円程上昇していますが、これは「円安の影響」とのこと。 

価格は、「I350-T2V2」が19,800円(税抜)、「I350-T4V2」が44,800円(税抜)。

画像一覧

  • 【アキバこぼれ話】インテル製のサーバー向けNICにマイナーチェンジモデルが登場

  • 【アキバこぼれ話】インテル製のサーバー向けNICにマイナーチェンジモデルが登場

関連ニュース