東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

アキバ総研 | 2014年11月13日 21:44
東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

東プレ製静電容量無接点方式のキースイッチを採用した、韓国・LEOPOLDの小型キーボード「FC660C」シリーズが発売された。


「FC660C」は、英語配列のUSB接続テンキーレスキーボード。フルサイズと同じキーピッチを保ちつつ、通常のテンキーレスモデルに比べ約30%省スペース化させたのが特徴だ。本体サイズは328(幅)×25~40(高さ)×111(奥行)mm、重量700g。

省かれたキーのほとんどは、「Fn」キーとの組み合わせで入力可能。また、本体底面にあるDIPスイッチのオン/オフで、修飾キーの入れ替えやWindowsキーの無効化も設定できる。

キー数は66、キー荷重は45±15g、キー印字は昇華印刷、キーキャップ材質はPBT。主な付属品は、USBケーブル(専用ケーブルバンド付属)、Ctrl/CapsLock交換用キーキャップなど。

カラーラインアップは、 黒モデル/グレーキーキャップの「FC660C/EG」、白モデル/白・グレーキーキャップの「FC660C/EW」。

価格は、下記のとおり。

「FC660C/EG」
21,296円(税抜):ツクモeX.パソコン館
24,840円(税込):パソコンショップアーク

「FC660C/EW」
21,296円(税抜):ツクモeX.パソコン館
24,840円(税込):パソコンショップアーク
25,500円(税込):東映ランド

画像一覧

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!

  • 東プレ製キースイッチ採用のコンパクトキーボードが発売に!