バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中

アキバ総研 | 2014年10月01日 14:38
バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中

バックリングスプリング機構を採用した、Unicomp社製日本語キーボード「Unicomp Ultra Classic 106日本語 White Buckling Spring USB」(型番:UN4KPHA)が、パソコンハウス 東映にて販売中だ。




「Unicomp Ultra Classic 106日本語 White Buckling Spring USB」は、タイプライターのような打鍵感と、カシャンカシャンという硬質な打鍵音が魅力のバックリングスプリング機構を採用した、USB接続の日本語キーボード。

なお、販売元のダイヤテックによると、「古い金型で製造しているため、キーキャップにバリやヒケ、傾きがある場合がある」ほか、「キーキャップのベース部分にはランナーなどを再利用しているため、色がバラバラ」とのこと。

主な仕様は、本体サイズが455(幅)×180(奥行き)×43(高さ)mmで、重量は1.6kg。接続インターフェイスはUSB。ケーブル長が約1.9mとなっている。

価格は、下記のとおり。

Unicomp「Unicomp Ultra Classic 106日本語 White Buckling Spring USB」(型番:UN4KPHA)
12,800円(税込):パソコンハウス東映

画像一覧

  • バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中

  • バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中

  • バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中

  • バックリングスプリング機構採用のUnicomp社製日本語キーボードが発売中