アニメ映画「ピクミン ショートムービー」、東京国際映画祭で無料3D上映! マリオの生みの親・宮本茂の初映像作品

アキバ総研 | 2014年09月11日 20:10
アニメ映画「ピクミン ショートムービー」、東京国際映画祭で無料3D上映! マリオの生みの親・宮本茂の初映像作品

アニメ映画「ピクミン ショートムービー」が第27回東京国際映画祭で3D上映される。

 



これは、2001年に第1作目が発売された任天堂のゲーム「ピクミン」のアニメ化タイトル。任天堂の専務取締役であり、「スーパーマリオ」「ドンキーコング」「ゼルダの伝説」など歴史的名作ゲームの生みの親であるゲームプロデューサー・宮本茂さんの初の映像作品で、宮本さんがゲームで描ききれないキャラクター表現の研究として始めたプロジェクトの成果となっている。


本編は、ショートムービー3本で構成。第27回東京国際映画祭の会期中(10月23日~10月31日)にTOHOシネマズ日本橋で上映される。いずれも無料上映で、チケットは事前抽選。申し込み方法など詳細は公式サイト(http://2014.tiff-jp.net/ja/)にて。


なお、10月25日には、ドワンゴ代表取締役会長でスタジオジブリのプロデューサー見習いである川上量生さんと宮本さんの対談イベントも開催される。

 


<概要>
ピクミンは、頭に葉っぱや花を生やした、動物のような、植物のような、不思議な生きもの。彼らの住む惑星にやってきた宇宙飛行士のキャプテン・オリマーといっしょに、星にあるさまざまな宝物を集めて暮らしています。普段はゲームの中で活躍しているピクミンたちですが、このたび、ゲームの世界を飛び出して、CG アニメーションになりました。キャプテン・オリマーが大好物のジュースを作る「真夜中のジュース」、ピクミンが不思議な宝物と出会う「ビンの中のお宝」、工事現場で繰り広げられる大スペクタクル「たいへんな一日」の、3本のショートムービーを上映いたします。

画像一覧

  • アニメ映画「ピクミン ショートムービー」、東京国際映画祭で無料3D上映! マリオの生みの親・宮本茂の初映像作品

  • アニメ映画「ピクミン ショートムービー」、東京国際映画祭で無料3D上映! マリオの生みの親・宮本茂の初映像作品

関連リンク

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)