宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

アキバ総研 | 2014年09月03日 13:30
宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

9月2日(火)、NHK放送センターにて新作TVアニメ『山賊の娘ローニャ』の完成披露試写会が行われた。

記者会見には宮崎吾朗監督をはじめ、川上量生プロデューサー、ローニャ役の白石晴香さん、ビルク役の宇山玲加さん、NHKの有吉伸人エグゼクティブプロデューサーが登壇し、作品に賭ける意気込みを語った。


  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定



山賊の娘ローニャ』は世界的に著名なアストリッド・リンドグレーンの名作児童文学を元に、『ゲド戦記』『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督が挑む初のTVシリーズである。デビュー以来スタジオジブリを拠点としてきた吾朗監督が、3DCGアニメスタジオのポリゴン・ピクチュアズで制作する点でも注目を集めている本作。会見にはアニメ媒体以外のマスコミも多数詰めかけ立ち見が出るほどで、関心の高さを早くも証明するかたちとなった。


まず吾朗監督は制作にいたるまでの経緯として、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーに「ジブリにいる限り宮崎駿の影響下からは逃れられないのだから1回外でやってこい」と"武者修行"に出されたことを語った。その際「どうせやるのだったらCGにしなよ」と提案され、「この後に及んで新しいものを取り組むのが嫌だという人間でもないだろう」と自身の経歴(建設コンサルタントからの転身)を振り返り、CGでの制作を決断した。

原作の魅力については、さまざまな年齢の登場人物が現れ、3世代くらいの視点が入り混じってストーリーが進む点をあげた。少女を通して家族を描く物語をアニメにどう落とし込んでいくのかが見どころになるだろう。実は本作は『コクリコ坂から』の前に劇場アニメ化が検討されたものの、ストーリーを二時間枠に収めることができず映画化を断念している。今回は全26話のTVシリーズということで、原作の内容に沿った映像化を目指していく方針だ。

続いて記者から「武者修行後にジブリへ何を持って帰るのか?」と問われると、吾朗監督は「本当に帰れるのかなあ。僕もジブリについて現状を認識していなくて、1年ぐらい行ってませんので」と返して笑いを誘った。そして『ゲド戦記』制作時にも、鈴木プロデューサーから「映画が終わったらジブリ美術館の館長に戻ればよいんだから」と言われたが、結局は戻れなかったというエピソードを披露し、会場は爆笑に包まれた。

いっぽう、ドワンゴ代表取締役会長である川上プロデューサーも、鈴木さんから声がかかりプロデューサーを担当したとのこと。自身の役割について「アニメの制作において僕が寄与できる部分はない。今回は吾朗監督が制作に集中できる環境をどう構築するか」と答えた。さらに「アニメ業界と関係ないジャンルの僕がプロデューサーをしてもいいのか悩みがあった」が、それは異業種からアニメ監督に起用された吾朗監督も同じであると考えたそうだ。「その点においてシンパシーを感じることができるのではないか」と監督を精神面でも支えていくと宣言した。

なお、ドワンゴとしての取り組みについては「アニメ業界に寄与できるようなかたちで、インターネットなどのビジネスに絡めていければと」と語るに留まった。本作は世界各国でのオンエアも視野に入れている。ネット配信なども含め、どのような展開を見せるのだろうか。

主人公・ローニャ役の白石さんは『コクリコ坂から』や『思い出のマーニー』などジブリ作品にも出演した経験を持つ。今回の起用について「私自身もローニャと一緒に成長していければいいなと思います」と自らの想いを伝えた。

ビルク役の宇山さんは男の子を演じるのは本作が初めて。原作を尊重した古い言い回しのセリフもあり、どうやったら男の子のキャラクターを上手く表現できるか日々取り組んでいることを話した。

会見後に行われた吾朗監督の合同インタビューでは、東京国際映画祭の記者会見で鈴木プロデューサーが「宮崎駿の次は庵野秀明しかいない」と跡継ぎ指名をしたことについて質問が飛びだした。吾朗監督は「僕は自分のことを作家だとは思えないし、思ってもいない。作家性を持ったアニメーションを作るという意味では、後継者は庵野さんだと思います」と見解を述べた。続けて「僕は与えられた主題や場があって初めて仕事ができる。彼らのように自らのスタジオを持ち、みずからの原作や原案でアニメを作っていく真似はできない」とポスト宮崎駿になることを否定した。

NHKのTVアニメシリーズは1978年に放送された宮崎駿監督の『未来少年コナン』から始まっている。それから30年以上の月日が経ちオンエアされる宮崎吾朗監督の最新作に期待しよう。


『山賊の娘ローニャ』はNHK BSプレミアムにて10月11日(土)19:00より放送がスタートする予定だ。

 

(取材・文・写真/高橋克則)

 

『山賊の娘ローニャ』公式サイト

http://www9.nhk.or.jp/anime/ronja/

画像一覧

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

  • 宮崎吾朗「山賊の娘ローニャ」は”武者修行”。 ポスト宮崎駿は否定

関連作品

山賊の娘ローニャ

山賊の娘ローニャ

放送日: 2014年10月11日~2015年3月28日   制作会社: ポリゴン・ピクチュアズ
キャスト: 白石晴香、宇山玲加、関貴昭、野沢由香里、佐々木梅治、赤星昇一郎、西凜太朗、小川剛生、杉村憲司、島田岳洋、手塚祐介、姫野惠二、谷昌樹、土井美加、加藤沙織、遠藤ふき子
(C) NHK・NEP・Dwango, licensed by Saltkrakan AB, The Astrid Lindgren Company

コクリコ坂から

コクリコ坂から

上映開始日: 2011年7月16日   制作会社: スタジオジブリ
キャスト: 長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之
(C) 2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT

ゲド戦記

ゲド戦記

上映開始日: 2006年7月29日   制作会社: スタジオジブリ
キャスト: 岡田准一、手嶌葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太
(C) 2006 二馬力・GNDHDDT

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)