名作アニメ「スラムダンク」、極秘プロジェクトの全貌が判明! 湘北バスケ部・安西先生が全国制覇へ向けて始動

アキバ総研 | 2014年08月20日 17:14
名作アニメ「スラムダンク」、極秘プロジェクトの全貌が判明!  湘北バスケ部・安西先生が全国制覇へ向けて始動

名作アニメ「スラムダンク」より、極秘プロジェクトとして安西先生の全国巡回が発表された。

 



これは、アニメ化20周年を記念して7月11日からTVシリーズのBD-BOX全5巻を順次リリースしていることに関連した企画。8月13日に開催した作品初のファンミーティングで公開され、ゲストの草尾毅さん(桜木花道役)も絶賛した「安西先生タプタプカウンター」が全国のアニメイトを巡回する。


「安西先生タプタプカウンター」は、その名のとおり、主人公・桜木花道が劇中で"タプタプ"している安西先生を再現したもの。企画発起から約3ヶ月をかけて製作された力作で、顔はシリコンで再現。そして、要のアゴ部分は、担当者と製作者の綿密な話し合いの末、作品への想いと職人の技術を融合させ、絶妙な「タプタプ感」が実現したという。また、アゴをタプタプすると像の下にあるカウンターが動作し、「現在のタプタプ数」をカウント。ランダムで、「あきらめたら、そこで試合終了だよ」「君たちは強い」「君は日本一の高校生になりなさい」「ホッホッホッ」の名セリフ(新規録音)4パターンが飛び出す仕掛けもある。なお、全国巡回中は、累計タプタプ数を公式HPとツイッターで発表していく。

 



◆「安西先生タプタプカウンター」アニメイト巡回
①横浜店:8/22(金)~8/24(日)②名古屋店:8/29(金)~8/31(日)③大阪日本橋店:9/5(金)~9/7(日)④広島店:9/13(土)~9/15(祝・月)⑤熊本店:9/19(金)~9/21(日)⑥福岡天神店:9/26(金)~9/28(日)⑦小倉店:10/3(金)~10/9(木)⑧札幌店:10/17(木)~10/19(日)⑨仙台店:10/24(金)~10/26(日)⑩渋谷店:11/1(土)~11/3(祝・月)
http://www.toei-video.co.jp/BD/slamdunk.html
※「安西先生タプタプカウンター」は1体しかございません。破損・故障の場合は、その時点で各店舗への巡回は中止になります。何卒ご了承ください。

 

・製作秘話
「SLAM DUNK」を読んだ、あるいはアニメを観たことのある者なら誰しもが憧れる、安西先生への“タプタプ”。SLAM DUNKファンの夢とも言える“タプタプ”を実現するために始まったのが“安西先生タプタプカウンター計画”でした。
「安西先生タプタプカウンター」の制作において、何よりも難しかった点。それは、2次元から3次元への“立体化”です。この「タプタプカウンター」は、舞台装置や遊園地の立像などを手がける造形工房の職人の方に制作をお願いしました。しかし、造形のプロでさえ、今回の制作には頭を抱えていました。
さらに安西先生の“タプタプ”感の再現も非常に難しかったです。安西先生の顔は主にシリコンで制作されているのですが、あまりに“タプタプ”感を意識するあまり、安西先生の輪郭が崩れてしまうこともありました。

「どうすればアニメのイメージを壊さず、リアリティのあるものを造れるのか。どうすればアニメから出てきたような安西先生を造れるのか。」ということを常に考えながら試行錯誤を重ね、満足のいく造形にたどり着いたときには、制作開始から3ヶ月が経っていました。ここまでこだわり抜いたのは「SLAM DUNKファン長年の夢である“タプタプ”を現実に!!」という気持ちからです。ぜひ安西先生の“タプタプ”を体感してみて下さい。

画像一覧

  • 名作アニメ「スラムダンク」、極秘プロジェクトの全貌が判明!  湘北バスケ部・安西先生が全国制覇へ向けて始動

  • 名作アニメ「スラムダンク」、極秘プロジェクトの全貌が判明!  湘北バスケ部・安西先生が全国制覇へ向けて始動

関連作品

SLAM DUNK(スラムダンク)

SLAM DUNK(スラムダンク)

放送日: 1993年10月16日~1996年3月23日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 草尾毅、平松晶子、梁田清之、緑川光、置鮎龍太郎、塩屋翼、原えり子、西村知道、森川智之、幹本雄之、塩屋浩三、神奈延年、田中秀幸
(C) 井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)