手のひらサイズの高耐久のNASサーバ! Synology「EDS14」発売

アキバ総研 | 2014年06月20日 21:11
手のひらサイズの高耐久のNASサーバ! Synology「EDS14」発売

Synologyから、手のひらサイズNAS「Embedded DataStation EDS14」が発売された。



「EDS14」は、125mm四方のコンパクトボディを採用したNAS。本体にはUSB 3.0ポートとSDカードリーダーを搭載しており、外付けHDDやSDカードをつなげて使用するモデルとなっている。この価格帯のNAS製品では珍しい、ギガビットLANポートを2基備えているのもポイントだ。

代理店のアスクによると、「動作温度は-20~50℃までに対応。耐久性と携帯性を兼ね備え、様々な環境に導入できるように最適化されたNASサーバです」とのこと。

機能面では、最大5台の監視カメラを一括管理可能で、ネットワークカメラサーバーとしても利用できる。そのほか、ファイル共有、リモートアクセスできるクイックコネクト機能、独自の管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」などに対応している。

対応ドライブは、USB 3.0接続ドライブ、SDXCカード(UHS-I対応)。最大転送速度は、USB 3.0接続時がリード111.94MB/sec・ライト50.58MB/sec。SDカード接続時がリード時77.81MB/sec、ライト時45.4MB/sec。

主な仕様は、CPUがMarvell Armada 370(1.2GHz)、メモリーがDDR3 512MB。インターフェイスがUSB 3.0×1、USB 2.0×1、SDカードリーダー×1、ギガビットLAN×2。冷却ファンは非搭載。

価格は、下記のとおり。

「EDS14」
32,000円(税抜):オリオスペック

画像一覧

  • 手のひらサイズの高耐久のNASサーバ! Synology「EDS14」発売

  • 手のひらサイズの高耐久のNASサーバ! Synology「EDS14」発売

  • 手のひらサイズの高耐久のNASサーバ! Synology「EDS14」発売