ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

アキバ総研 | 2014年06月17日 12:25
ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

DSDなどのハイレゾ音源に対応した、zionoteのUSB DAC&ヘッドホンアンプ「HiSonus UFO-DSD」のサンプルがオリオスペックにて入荷した。



縦横6cm高さ3cmの据え置き型USB DAC。ディスクリート構成のアナログ回路や、0.2ppm精度で選別した温度補償水晶発振器(TCXO)採用のクロック回路を搭載し、小型ながらノイズとジッターによる音質劣化を防ぐ高音質設計が特徴だ。PCM再生は24bit/192kHzまで対応。DSD 64/128(2.8MHz/5.6MHz)もサポートしている。

オーディオ出力は、3.5mmのステレオヘッドホンジャック×1(最大600オーム)、ライン×1(最大 1.3Vrms)。ALPS製の大型ボリュームを本体天面に搭載している。簡易プリとしても使用できるため、アクティブスピーカーにつなげられるのもポイントだ。そのほか、再生する曲の周波数によってLEDが7色に変化する(Red、Yellow、Green、Cyan、Blue、Magenta、White)ギミックを搭載する。

PCとの接続インターフェイスはマイクロUSB(USB Audio Class 2.0対応)。Mac OSではドライバーレスで動作可能。Windowsでは別途USB Audio Class 2.0ドライバーのインストールが必要となっている。ちなみに、サポート対象外であるが、USB Audio Class 2.0環境であれば、Linux/Android/iOSなどでも動作可能とされている。

本体サイズは60(幅)×30(高さ)×60(奥行)mm、重量94g。カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、ブルー、レッドの全5色。ただしブラック以外は同社直販限定となっている。主な付属品は、USBケーブル、特製レザーケース。

なお、店頭販売は近日開始予定。オフィシャル通販はすでに開始されている。

予価は、下記のとおり。

「UFO-DSD」
37,000円(税抜):オリオスペック



ちなみに、簡単に試聴してみたが、3万円台のDACとしては、想像していたものより良い音だった。特にDSDの再生ではボーカルの生々しさがひときわ強く感じられた。S/Nがずば抜けて高いというわけではないが、アナログテイストを感じられる、あたたかみのある音色という印象。3万円前後のDACには、対応フォーマットの豊富さや低価格で人気のiFi-Audio「nano iDSD」や、小型・高S/N感が特徴のResonessence Labs「HERUS」など、強力なライバルがラインアップされているが、それらに勝るとも劣らない存在といえるだろう。

画像一覧

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!

  • ライン出力付きzionoteのDSD対応小型USB DAC「HiSonus UFO-DSD」登場!