57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!

アキバ総研 | 2014年06月03日 21:17
57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!

ビリヤードの玉と同サイズの大径ボールを搭載した、Clearly Superior Technologies製レーザートラックボール「CST2545W」が発売となった。




「CST2545W」は、ビリヤードの玉と同じサイズ(直径57mm)の高密度フェノール樹脂製ボールを搭載しているのが特徴のホイール付きレーザートラックボール。ボタン数は3で、付属ソフト「Superior-X(英語版)」を使用することにより、ボタンのカスタマイズが可能だ。


主な仕様は、本体サイズは、95(幅)×171(奥行き)×50(高さ)mmで、重量が約500g。ケーブル長は1.8m。接続インタフェースがUSB。分解能は400/800/1,600dpiの3段階から選択可能。トラッキングスピードは30ips。スイッチの耐久性は500万回。ボールサスペンションには、デュポンデルリンベアリングステンレスローラーを搭載する。

価格は、下記のとおり。

Clearly Superior Technologies「CST2545W」
14,800円:パソコンハウス東映

画像一覧

  • 57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!

  • 57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!

  • 57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!

  • 57mmの大径ボール搭載レーザートラックボール「CST2545W」が登場!