【製品ミニレポート】AVerMediaの低価格ゲームキャプチャー「AVT-C281L」を使ってみた!

アキバ総研 | 2014年06月01日 23:44
【製品ミニレポート】AVerMediaの低価格ゲームキャプチャー「AVT-C281L」を使ってみた!

ゲームのプレイ動画作成に特化したビデオキャプチャーことゲームキャプチャーをリリースしているAVerMediaから、PC不要での録画をウリにした低価格ゲームキャプチャーが登場した。

テレビとゲーム機の間に設置するだけで、プレイ動画の録画から再生までをリモコンひとつで行えるゲームレコーダー「AVT-C281L」だ。秋葉原での店頭価格は9,980円(税込・最安)。ゲームキャプチャー(またはゲームレコーダー)というジャンルの中では、実売1万円を切るリーズナブルな製品となっている。今回、実機を試すことができたので、「AVT-C281L」のレビューをお届けしたい。

外観・インターフェイスは上位モデルと同じ。最大の違いは解像度


AVT-C281Lは、以前レビューをお届けした「AVT-C281J」(現在はAVT-C281J KAMI)の廉価版だ。“PC不要で単体動作”“リモコン操作で手軽に扱える”ことに変わりはなく、ボディも全くと言っていいほど変更されていない。特に、本体前面にあるスイッチやLED、背面にある映像・音声の入出力端子構成も共通だ。また、2.5インチストレージが底面に内蔵できる構造も同様である。外観とインターフェイスは、上位モデルと同一といっていいくらいだ。そのまま流用したともいえるが、廉価版だからといって、付属のリモコンがなくなったり、HDD/SSDが搭載できなくなったりなど、操作性や拡張性が大きく損なわれていないのはポイントだ。

また、本体の初期設定作業も「AVT-C281J」と変わらず。初期設定の流れは、本稿では割愛するが、以前のレビューを参照してほしい。

AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
AVerMedia「AVT-C281L」 前面には、左側から順に、USBメモリーやUSB HDDを接続できるUBSポート、録画ボタン、電源スイッチが配置されている
AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
背面には、コンポーネント映像端子と、RCAステレオ端子が装備されている。端子は上下段に分かれており、上段がTV側、下段がゲーム機側となっている 本体底面に用意された2.5インチベイ。厚さ9.5mm/7mmの2.5インチHDD/SSDが内蔵できる。HDDの対応インターフェイスはSATA
AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
付属の映像ケーブルと音声ケーブル 付属のリモコン

では、最大の違いは何か。解像度の上限が1080p(入力@60fps、録画@30fps)から720p(ともに60fps)へ制限されたこと。この点には注意が必要だ。フルHDでプレイ動画を録画したい人は、上位モデルかそれ以上のスペックを持ったゲームキャプチャーを選ぶ必要がある。

そのほか、長時間の録画が可能なH.264ハードウェアエンコード、表示遅延ゼロのリアルタイムモード、ゲーム画面の静止画保存なども同様に対応している。以下の表に2モデルの仕様と違いをまとめた。

  AVT-C281J AVT-C218L
設置方法 外付け(据え置き)
インターフェイス 単体動作
映像 入力端子 コンポーネント
出力端子 コンポーネント
パススルー リアルタイムモード
エンコード形式 ハードウェア
コーデック MP4(H.264+AAC)
最大入力解像度 1080p(60fps) 720p(60fps)
最大録画解像度 1080p(30fps) 720p(60fps)
音声 入力端子 RCAステレオ
出力端子 RCAステレオ
録画保存先 2.5インチ(HDD/SSD)、USBメモリー
付属ソフト なし
ライブ配信 ×
電源供給 ACアダプター
本体サイズ 164(幅)×57(高さ)×124(奥行)mm
重量 約335g
付属品 ゲーム機接続用ケーブル×1
テレビ接続用D端子ケーブル×1
RCAオーディオケーブル×1
USBメモリー(16GB)×1
リモコン×1
ACアダプター
ゲーム機接続用ケーブル×1
テレビ接続用D端子ケーブル×1
RCAオーディオケーブル×1
リモコン×1
ACアダプター
対応プラットフォーム PS3、Xbox 360、Wii U、Wii、PSP


PSP画面もキャプチャー可能
720p以下のゲームタイトルであれば十分な性能


今回は、PSP(PSP-3000シリーズを使用)画面の録画に挑戦した。結論からいえば、プレイ動画は作成可能だが、別売の専用ケーブルが必要で、付属のケーブルがほとんど使用できなかった。パッケージ同梱の映像ケーブルがPS3/Xbox 360/Wii専用コネクタ→コンポーネント出力するケーブルだからだ。また、TV側がコンポーネント入力の場合は、さらにコンポーネントケーブルも別途用意しなくてはならない(付属のケーブルがコンポーネント→D端子ケーブルであるため)。なお、外部モニター出力時はPSP本体の画面がオフになる。ミラーリングされるわけではないので、外部モニターを見てのプレイとなる。

ちなみに、国内版のPSPで外部モニター出力に対応した機種は、PSP-2000シリーズ以上となり、PSP-1000シリーズは非対応となるので要注意。

AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
左のケーブルがPSP用外部モニター(TV)出力ケーブル 手持ちの外部モニター出力ケーブルがD端子タイプだったので、急きょD端子→コンポーネント変換ケーブルを用いてAVT-C281Lと接続した

AVerMedia「AVT-C281L」 接続は、PSP→AVT-C281L→モニターという順。表示遅延ゼロというリアルタイムモードが搭載されているため映像遅延も少ない。配線も少なく、本体サイズもスマートであるため、机の上においても邪魔にならなかった


それでは、実際に静止画サンプルを見ていこう。静止画は、録画した映像ソースを「TMPGEnc Video Mastering Works 5」で読み込み、BMP形式で出力したあと、リサイズしてPNG形式で保存したものとなっている。

AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
「初音ミク -Project DIVA-」
(C)SEGA (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.ne
「初音ミク -Project DIVA-」
(C)SEGA (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
AVerMedia「AVT-C281L」 AVerMedia「AVT-C281L」
「初音ミク -Project DIVA-」
(C)SEGA (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
ゲーム画面より録画解像度が大きいため、四隅に黒帯がでてしまう

AVerMedia「AVT-C281L」 黒帯をクロップした等倍の静止画。品質もそこそこで十分なクオリティーだ
「初音ミク -Project DIVA-」
(C)SEGA (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net


■まとめ
以上、「AVT-C281L」を駆け足でチェックしてきた。PSPと合わせて使うシーンは少ないかもしれないが、アナログコンポーネント出力を備えたビデオキャプチャーで、手軽な操作性とお手ごろ価格を両立させた希少なゲームキャプチャーだと感じた。上位モデルとの価格差を比べればわずかだが、選択肢のひとつとして十分ありだろう。実況やライブ配信は行えないが、そのぶん、シンプルで使い勝手のよいリーズナブルな製品となっている。

画像一覧

  • 【製品ミニレポート】AVerMediaの低価格ゲームキャプチャー「AVT-C281L」を使ってみた!