4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

アキバ総研 | 2014年05月27日 20:00
4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

声優として、また歌手として活躍する原由実さんが、6月25日に自身4枚目となるシングル「Rose on the breast」を発売する。この曲はPS3用ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』のエンディングテーマにもなっており、原さんは声優としてゲームにも出演。「東江・アルル」を演じている。

 

今回はシングル発売前の原さんに直撃し、楽曲に込めた想いを語っていただいた。原さん独特のふんわりした雰囲気になごみつつ取材は進行。さらに、先日開催発表となった1stソロライブについての意気込みもうかがった。


  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定


■紆余曲折を経て最高のものに仕上がった「Rose on the breast」

──4thシングル「Rose on the breast」リリース決定おめでとうございます! 喜びのお気持ちをお願いします。

今回は声優としても出演しているゲーム作品『神様の運命覚醒のクロステーデ』(以下、神クロ)のエンディングテーマなので、シングル発売と合わせてダブルの喜びがありました。声優としてもアーティストとしてもよい表現ができるように、頑張ろうと思いました!

──『神クロ』のエンディングテーマということで、いつものシングルとは違った心境でしたか?

そうですね。『神クロ』の中ではアルルちゃんという天才の研究者を演じていまして、「Rose on the breast」の歌詞は作品やアルルともリンクしているので、作品への思いを込めつつ歌いました。ただ、これはアルルのキャラクターソングというわけではないので、アルルのことは考えつつも、原由実の歌として表現できるように、という点には気をつけました。

──レコーディングはいかがでしたか?

この曲はすごくキーが高かったので、家でも小声でしか練習していませんでした。実際にスタジオで歌ってみたら本当にキーが高すぎて、表現する域までいかずにすごく苦しそうな歌になってしまったんです。フルサイズを1回練習で歌ったときも、最後には喉が尽きてしまって、声も出きっていない状態でした。「あ、これ歌えないかも……」って思うレベルだったんです。

エンジニアさんやプロデューサーさんもその歌声を聴いて、ちょっと難しいのかなって思われたと思うんです。「ちょっとキーを下げてみますか?」って提案していただいて、実際キーを半音下げて歌ったところ、だいぶ楽になってちゃんと表現もできるようになりました。

ただ、これってどうなのかなって。私の歌としては絶対に半音下げたほうがいろいろな表現ができるから、個人的にはそのほうがいいって思う気持ちがあったんですが、いっぽうで曲のことを考えると、半音下げることでシリアスだけど勢いのある曲の“勢い”の部分がなくなってしまう感じがして、暗い曲になってしまう印象を受けました。

やっぱり、せっかくすごく素敵な曲を作曲の橋本由香利さんに書いていただいたのに、それじゃあちょっと悔しいなと思ったんです。だから結局、元のキーのまま歌うことにしました。

でも、歌い過ぎると喉がカスカスになりますし、この曲はハモりや追っかけの部分など録る部分がすごく多かったので、喉の調子を見ながらの収録になりました。苦しいって感じではない表現、「これなら大丈夫」って思う表現が出るまで、録るのを待っていただきました。レコーディング時間としては今までの3倍くらいかかりましたが、結果、悔いのない仕上がりになりました。

──ハモりも、ご自分で?

そうなんですよ。本当に量が多かったです。収録後に作曲の橋本さんにお会いしたときに、「え! これ全部自分で録ったんですね!」って驚かれるくらい、本当にたくさんハモる場所がありました。追っかけ部分にも上下あったりして。でも、やっぱり自分の声で録ったほうが本線の音になじむ気がしたので、自分で録らせていただいたんです。

──曲の中で特に原さんが気に入っている部分はありますか?

追っかけで、「ハレルヤ」とか「ホサナ」とか言っているところは、それが入ることによって曲が幻想的に感じるので、気に入っています。少し宗教音楽のような感じで、この曲の大切な持ち味だと思います。あとはDメロの「正解のない世界で」という部分は、演じているアルルちゃんに通じるところがあるので、ニュアンスを込めるように気をつけて歌いました。ぜひじっくりと聴いてください!

──演じているアルルはどういったキャラクターなのか、詳しく教えてください。

アルルは天界に捕虜として捕まっている天才研究者の悪魔です。悪魔なんですが、神様を作る研究をしています。すごくカッコいい女の子で、セリフにも難しい言葉がたくさん出てきました。でも、実はカップラーメンが好きなんですよ、アルルちゃん。そこが私とそっくりなんです! 私もすっごくカップラーメンが大好きで、許されるなら毎日食べたいっていうくらいなんですよ。アルルは毎日、3食カップラーメンだったりするので、うらやましいなって思います(笑)。


■「In the rain」は緊張しつつも担々麺パワーで収録!

──では、『コープスパーティー BLOOD DRIVE』のオープニングにもなっているカップリング曲「In the rain」はどのような曲になりましたか?

こちらは私の曲をよく書いてくださっているJohnny.kさんに書いていただきました。Johnnyさんっぽいロックな雰囲気と、コープスっぽいホラーな雰囲気が合わさって、切なくもかっこいい曲に仕上がっています。Johnnyさんはこの曲を書くにあたって8曲か9曲くらい候補となる曲を提出してくださいました。すごく熱意を持って今回の楽曲制作に取り組んでくださったんです。そんなたくさんの曲の中からご自身が自信を持って出してくださった曲だけあって、すごく素敵な曲なんですよね。私もすごく気に入っています。

──レコーディングで印象に残っていることはありますか?

レコーディングのときは作曲のJohnnyさんがいらっしゃって、すごく緊張した覚えがあります。あまりレコーディング現場に作曲の方がいらっしゃることってないので。でも、ちょうど「In the rain」を録ったスタジオは私が大好きなスタジオだったんです。近くに本当においしい中華料理屋さんがあって、私、そこの担々麺が大好きなんですよ。親が東京に来たら、絶対に食べさせてあげたいって思うくらいおいしい担々麺で。そこのスタジオに行ったらたいてい収録終わりにスタッフさんがその担々麺を注文してくださるので、「今回も担々麺をきっと食べられる」って思いながらレコーディングにのぞんで、すごく幸せでした(笑)。

──『コープスパーティ- BLOOD DRIVE』の魅力についても教えてください。

最初のシリーズをプレイしました。もう何年も前に、今井麻美さんが家でプレイしていて面白そうだなと思って「面白そうですね」って言ったら、「貸してあげるよ」って貸してくださったんです。最後までプレイしてクリアしたんですけど、確かにすっごく怖いんですよ! 効果音とかイラストとか……とても怖いんですけれども、ただ怖いだけじゃなくて、やりこみたくなってしまう、引き込まれる何かがあります。ゲームの途中で何度も殺されちゃったりするんですけど、ついつい最後までプレイしてしまいました。

今回の『コープスパーティー BLOOD DRIVE』では、私が演じている水原さつきちゃんの過去も描かれています。普段は明るくて、ポテチとか食べていて、いつでも元気な女の子なんですけど、さつきちゃんもすごく悲惨な過去を持っていて……。そういうところを知ると、やっぱりコープスってすごい作品だなって思います。1人1人のキャラクターが立っていて、それがすごく作品の魅力につながっていると思います。


■1stソロライブで企画実現なるか!?

──PVとジャケットの撮影もされたそうですね。今回はどんなPVやジャケットになりましたか?

「Rose on the breast」を意識して、光と影をテーマに撮影しました。ひとつは白い背景に白い衣装で、少しマリア様チックな空気感。もうひとつの赤い衣装は、背景もちょっと黒い感じで、画面自体が暗い雰囲気になっています。今回2パターンのまったく違った雰囲気の衣装を用意していただいたので、どちらかがジャケットに採用されると思います。PVは光の当て方を変えて、シルエットで見せるようなカットが結構たくさん入っています。今まで挑戦したことがなかった、すごく幻想的な雰囲気のPVになっています。

──DVD付き版には、バースデーライブのダイジェスト映像も入るそうですね!

はい。映像を見たら、当日緊張していた気持ちがよみがえってきました(笑)。少し失敗したところもあえて撮り直さず、そのまま入っているので、当日来られた方はその日のことを思い出せると思いますし、参加できなかった方も当日の雰囲気を感じていただける映像になっています。

──そして、1stソロライブ開催も発表されましたね! 7月27日(日)の開催とのことですが、意気込みを教えてください。

バースデーイベントの時は12曲くらい歌わせていただきましたが、今回のソロライブではその時より曲数もドドンっと増えます! 私のアルバムに入っている曲や、今回発売するシングルの3曲、全部歌わせていただく予定です。なおかつ、プラスアルファで別の曲も……なんて思っています。バースデーイベントが好評だったので、それに負けないように、来てくださった方に満足していただけるようなライブにしたいです。今、いろいろ「あれやろうかな」、「これやろうかな」ってアイデアを出している段階です。いつもお風呂の中に紙とペンを持ち込んで、アイデアを書き出したりしています(笑)。

──具体的にはどんなことをやりたいと考えていますか?

やりたいなと考えていることはあるんですけど、実現しない可能性も高くて、実現しなかったときのために、まだスタッフさんにも言っていないんです(笑)。あ、あとはカバー曲を歌いたいなと思っています!

──4thシングル発売にあたっての発売記念イベントの意気込みもお願いします。

今回、イベントは5回開催します。今回も恒例のお手製プレゼントをお渡ししたいと思っています! ちなみに、今までお渡ししたのは、私が布を切った“名札”と呼ばれるもの(?)、ティッシュをコヨリ状にした線香花火(?)、1月のバースディイベントでは「Place of my love」ってタイトルだったので、ハートを紙にいっぱい書いて、ジャキジャキ切ってハートをお渡ししました。ぜひ今回も楽しみにしていてくださいね!

(取材・文・写真/福島槙子)


■原 由実プロフィール
声優として、TVアニメ「ログ・ホライズン」マリエール役、TVアニメ「ロウきゅーぶ!SS」都大路 綾役、TVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」メインヒロイン庚 夕子役、ゲームPSP&PS3「アクセル・ワールド -加速の頂点-」 四埜宮 謡役、「THE IDOLM@STER」シリーズの四条 貴音役、等数多くの作品に出演。


原 由実5pb.公式WEB http://5pb.jp/records/sp/yumi/
原 由実公式blog http://yaplog.jp/heavenly_cafe/
5pb. Records 公式WEB http://5pb.jp/records/
アーツビジョン公式WEB http://www.artsvision.co.jp/

《商品データ》
タイトル:Rose on the breast
発売日 :2014 年6 月25 日
発売元 :5pb.
販売元 :株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
【DVD 付盤】CD+DVD
品番:FVCG-1304
価格:¥2,300(本体)+税
【通常盤】
品番:FVCG-1305
価格:¥1,700(本体)+税

次ページで、イベント情報告知

画像一覧

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

  • 4thシングルを発売する声優・原由実に直撃! 1stソロライブも開催決定

関連リンク

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)