【週間ランキング】2014年3月第2週のアキバ総研PCパーツ注目製品トップ10

アキバ総研 | 2014年03月17日 10:45
【週間ランキング】2014年3月第2週のアキバ総研PCパーツ注目製品トップ10

アキバ総研PCパーツデータベースの2014年3月第2週(2014年3月9日-2014年3月15日)の注目製品ランキング(総合)をご紹介!



1位(↑4) Intel「D34010WYKH」
Core iシリーズ搭載NUCキットとしては初となる、2.5インチシャドウベイを装備した、超小型サイズのベアボーンキット。搭載CPUはCore i3-4010U(2コア/1.7GHz/3MB)

2位(↑3) AMD「A10-7850K」
CPUコアに「Steamroller」、GPUコアには「GCN」(Graphics Core Next)アーキテクチャのRadeon R7を採用することで、同一クロックの前世代APUより最大50%性能が向上したAMDの新世代APU

3位(↓2) Antec「P100」

前面や側面、天面パネルに3mm厚のスポンジが貼りつけられた、静音性重視のPCケース

4位(↓3) センチュリー「裸族のスカイタワー 10Bay SATA6G」
SATA 3.0(6Gbps)対応3.5インチHDDを、最大10台搭載できるタワー型の外付けHDDケース

5位(新) CFD「CSSD-S6T128NHG6Q」
東芝の最新となる第2世代19nmプロセスのMLC NANDフラッシュを採用した、SATA 6Gbps対応のクライアント向けSSD。容量は128GB。最大転送速度は、リード534MB/s、ライト482MB/s

6位(↓5) パイオニア「BDR-S09J-BK」
ディスクへの書込と記録状態のチェックを交互に行う「ライト&ベリファイモード」のアルゴリズムを最適化することにより、従来モデルよりも記録時間を10分以上短縮させたBDXLドライブ

7位(↓5) GIGABYTE「GB-BXI7-4770R」
デュアルディスプレイや4K超高解像度出力をサポートする「Iris Pro グラフィックス」搭載のGIGABYTE製超小型ベアボーンキット

8位(↓6) GIGABYTE「GA-J1900N-D3V」
低発熱・低消費電力のBay Trail-Dこと「Celeron J1900」(動作クロック:2.0GHz(最大:2.42GHz)、4コア/4スレッド、キャッシュ容量2MB、TDP10W)を搭載した、ファンレスMini-ITXマザーボード

9位(新) CFD「CSSD-S6T256NHG6Q」

東芝の最新となる第2世代19nmプロセスのMLC NANDフラッシュを採用した、SATA 6Gbps対応のクライアント向けSSD。容量は256GB。最大転送速度は、リード534MB/s、ライト482MB/s

10位(↓8) 玄人志向「KURO-N4B2ND4」

LG製ギガビットLAN対応NASキット「N4B2」をベースに、1TB HDDを4台内蔵したBDドライブ搭載のミニタワー型NAS

画像一覧

  • 【週間ランキング】2014年3月第2週のアキバ総研PCパーツ注目製品トップ10